mo-diary

酔生夢死ってわけでもないけれど、、、日々雑感

生肉提供の新基準

2011年09月29日 | ニュース

満月」の大将が嘆いていた、10月1日から施行される生肉提供の新基準、正確にはこういうことのようですね。

 

Photo

 

大将の嘆きをちょっと間違って記憶していたようです。

訂正いたします。

(記事はネットから拝借しました。)

コメント (2)

「満月」

2011年09月29日 | お酒と美味しいもの

いろんな「運」がありますが、世の中には「食運」を持った人がいます。ちゃんもその一人。「食運」とはうまい店に当たる=発見する運のことです。

そして今日は「ちゃん会」。

ブログを始めてついにこの店を紹介する日が来ました。関西圏で五指に入るうまい焼肉店「満月」です。

R0018588

「満月」は花隈にひっそりとたたずむ小ぢんまりとしたお店です。目印は、この洋風の建物。実はこれ本願寺の神戸別院=寺です。

R0018586

 

今回の予約は1ヶ月以上前。かなりの人気店です。

「満月」では、おおよそ、生肉→塩焼き→タレ焼き、の順でオーダーします。

まずは「ちゃん会」開催に乾杯!

R0018592

 

さっそく「生肉」からです。寿司各種。炙りから。

R0018594

とにかくうまい。

次は、初めてのミノの握り。想像しているミノの食感と全然違います。チリ風の薬味のトッピングでいただきます。

R0018597

そしてこれ。ミスジ肉のネギトロ。

R0018598

「満月」には今回で確か4回目ですが、毎回注文している逸品です。ぶっちゃけ、この巻き物だけお腹いっぱい食べて帰ってもいいぐらいの絶品です。最高にうまい!

 

まだまだ生肉シリーズで、生レバー。新鮮そのものでこれまたうまい!

R0018599

とどめはユッケ。もうたまりません。お酒は月曜日に引き続きマッコリをガバガバいってます。

R0018600

 

生肉をたっぷり堪能した次は、塩焼きです。

名物と書いてあった「塩テツ」(てっちゃんですね)、上ロース、塩タン(厚切り)、上ミノなどを注文。

R0018601

七輪で焼きます。

R0018602

「満月」では生肉の鮮度を損なわないため、生シリーズを全部食べ終わらない限り、七輪は運ばれてきません。

そして運ばれてきた七輪を見て気付くのは、炭が既に最高潮に燃えていることです。NHKの「アインシュタインの眼」で焼肉を美味しくいただくための理論にかなっているということでしょう。

 

塩焼きシリーズの次はいよいよタレ焼きです。上ハラミ、カルビ、ハチノスなどを注文。

R0018604

 

もう満腹。言うことなしです。

焼肉好きの方なら絶対行くべきです、「満月」。

 

ただ、今日、大将から残念なお知らせが、、、

富山の焼肉店で発生した食中毒事件のあおりで法令が厳しくなり、これまで「自粛」だった生肉の提供が10月1日から「禁止」になるとか。

「満月」では上質な肉に加え厳格な衛生管理で、食の安全には絶対の自信を持っていたからこそ、生肉を提供していたのに、来月からは問答無用で提供禁止だとか。理不尽な話です。

このミスジ肉の巻き物をもう食べられないのか、、、残念すぎます。

大将曰く、生肉を提供禁止にすると、生にこそ適している部位の使い道が無くなり、焼肉のコストが上がる=値上げが起こるのではないかと懸念している、とのことです。これから知恵を絞って対処していくという趣旨のことをおっしゃっていました。

 

さて、焼肉の常で早い時間で終了。

酔い覚ましと腹ごなしに三ノ宮までぶらぶら歩いて軽く二次会に。ベルギービールのお店です。

R0018606

ベルギービールだけではなくかなりの種類のビールやドリンクがあります。私はチェコのビールを注文。

R0018605

美味しい食べ物のことなどなど、話が弾んで10時半にお開き。

 

ごちそうさまでした! またうまいものを食べに行きましょう!

コメント

今秋の散策計画

2011年09月28日 | 旅行記

先週の台風15号一過からようやく涼しくなってきました。

三連休で帰った時の「秋」です。うちの庭にもトンボが。

R0018536(トマトの支柱にとまって逃げる様子もありません。)

最近ちょっと体重が増え気味ですので、散策を再開しようと思っています。

今秋の候補はこんなところかな。(写真は全てネットから拝借させていただきました。)

 

石山から瀬田川(宇治川)沿い、天ケ瀬ダムを経て宇治へ

 ・・・琵琶湖から川沿いを進む爽快さ。石山まで行かず、宇治周回(宇治⇔天ケ瀬ダム)もいいかも。

Photo

 

京都鞍馬から貴船神社奥宮へ鞍馬山を横断し貴船口へ

 ・・・義経修行の地で「木の根道」を歩く静寂のコース。鞍馬の火祭の日は避けないと。

Photo_2

 

丹波口から桂を経て亀岡へ

 ・・・明智光秀が本能寺に向かった老ノ坂峠越えの街道を遡る。寂しさ満点。

Photo_3

 

関ヶ原から寝物語の里を経て醒ヶ井へ

 ・・・中山道の近江の宿場町を巡る。かなりメジャーなコースか。ひとひねり欲しい。

Photo_4

 

滋賀朽木から鯖街道を熊川宿へ

 ・・・往時の鯖街道の面影を訪ねて。もちろん鯖の棒寿司を食べねば。

Photo_5

 

葛城古道(近鉄御所から風の森へ)

 ・・・古代豪族の盛衰と田園風景。山の辺の道に似てるかな。奈良の銘酒蔵も楽しみ。

Photo_6

 

暗峠越え(枚岡から南生駒を経て追分へ)

 ・・・芭蕉も歩いた奈良と大阪の国境の道を歩く。南生駒までなら足馴らしにいいか。

Photo_7

 

大体15km前後のコース。道中の楽しみもじっくり研究して絞り込むことにします。

コメント

~語らいの夕べ~

2011年09月27日 | お酒と美味しいもの

今週の(夜の)スタートは、いろいろな趣旨の飲み会からです。

バウワーさんの送別会、tksmさんの(帰国)歓迎会&送別会、ファミリーデーの打ち上げ、だんじりファイターさんのお疲れ様会、諸々仕事の区切り、トミーのワイハー話、、、

題して「語らいの夕べ」。場所は、「播鳥 南森町北店」です。うまい焼き鳥をお腹いっぱいになるまでいただきました。

〆は定番のこれ。

R0018585

今日は海苔がいつもよりも立っているような気がします。

飲み物は、今日はこれをシコタマいただきました。グンソクさんも宣伝している、JINROのマッコリ。

Photo

最近のマッコリは質がいいです。全く悪酔いしません。

 

本日のハイポイント。バウワーさんとtksmさんに送別のブーケの贈呈です。

R0018582

いい具合に手ぶれしていますが、このブーケ、かなりかわいい。ちゃんとご家族に渡すんですよ。

 

さて、「語らいの夕べ」にふさわしく話が盛り上がりました。

とある方からいただいた、今でも私の心に残る送別の言葉ですが、「別れてからがお付き合い。これからもよろしく」。

バウワーさん、tksmさん、新しい職場でのご活躍を。そして、これからもよろしくお願いします。

コメント

そろそろですよぉ~

2011年09月26日 | ガーデニング・庭いじり

1ヶ月ほど早いかもしれませんが、東京はかなり涼しくなってきたので、チューリップの植え付けをしました。

妻の友人から八重咲き?のチューリップの球根をいただいて、植えて→咲かせて→球根を掘り出して→乾燥させて→また植えて、と繰り返すこと4シーズン目。

ついつい花を長く咲かせ過ぎてしまうので、球根はあまり大きく太りませんが、何とか今年も咲きましたので、4シーズン目も期待です。

(花は数日楽しんだら切って(生け花にして)、早めに球根の負担を無くすのが、何シーズンも繰り返せるポイントだそうです。)

葉が枯れるまで放っておいてから掘り出した球根を、玉ねぎか何かを買った時のネットに入れて乾燥させていました。掘り出したのは6月だったかと。

R0018528

今年は、リビングからも見える円形花壇に植え付けることにしました。

かなり密集していますが、このチューリップはあまり大きくならないので、このぐらいで。

R0018529

4シーズン目ともなると、大きな球根は2、3個になってしまいました。

エース級をセンターに配します。

R0018530

やや浅植えにしてしまったような気もしますが、土をかぶせて終わり。来春も赤い八重の花を咲かせてくれることを祈るばかりです。

大阪だとまだ暑いかもしれませんので、この連休にでもホームセンターで球根を買って10月に入ったら植えてみてはいかがですか。うまくやれば鉢植えでも毎年楽しめますよ。

ということで、チューリップを植えるなら、そろそろですよぉ~

コメント

MONOPOLY

2011年09月25日 | アニメ・コミック・ゲーム

Wii版の「MONOPOLY」(モノポリー)。

R0018581

甥っ子が持って来てくれたらしいこのゲームをやってみました。

5戦やって初めて勝利。なかなか痛快です。

ただ、アクションは皆無なので、Wiiのゲームである必要はないですが。

面白かったので、帰るまでにもう1戦やってみるかな。

 

エネループ&自動充電器(置くだけ)にしてから、Wiiを存分に楽しめるようになりました。

R0016601(右隣は単三→単一のアダプター。非常時の懐中電灯用です。)

 

 

1時間後の追記・・・連勝でした。(そのかわり、雑草取りはサボり。)

コメント

(東京の)コメダ珈琲

2011年09月25日 | 食・レシピ

「コメダ珈琲」。

名古屋の方なら当たり前の珈琲店ですが、東京ではまだ珍しいかもしれません。

ということで、車で少し走りますが、日曜日のブランチに最寄りのコメダ珈琲へ。

R0018571

三連休、快晴、涼しい、とくれば、わざわざ車で来ないといけないような喫茶店に来ている人も少ないだろうと思ったら、まさかの「待ち」。

別に例の「モーニング」目当てじゃないのに、、、

15分ぐらい待ったでしょうか、ジョイマンそっくりの店員さんが案内してくれました。

Photo

ブランチですので、注文はガッツリ。

飲み物は「たっぷり」シリーズ。

R0018575

 

サンドイッチを2種。こちらはミックスサンド。

R0018576

玉子の量が半端じゃないので、「ミックス」というよりは「玉子」サンド。でもうまい。

 

やっぱり注文してしまいました。味噌カツサンド。

R0018578

デカイ。味は想像通りの味噌カツです。間違いなく美味しいのですが、一人では食べ切れない量です。

 

で、デザートには、「コメダ」名物のシロノワール。

R0018579

実はこれが目当てだったのですが。

パンがアツアツ、ソフトクリームが冷た~い。この組み合わせが想像以上の美味しさです。パンなのですが、別腹でいけます。

 

モーニング狙いではなかったのでコスパフォはイマイチでしたが、満足度は高いですな。

 

それにしても、何年か前に名古屋の地下街で食べたモーニングは、厚切りのパンが1枚ドンと出ていたような記憶があるのですが、モーニングの写真は縦半分の厚切り食パンになっていました。

私の記憶違いか、半分になったのか、、、気になるところです。誰かご存知?

コメント (2)

「レ・ミレジム」 (LES MILLESIMES)

2011年09月24日 | お酒と美味しいもの

まだ咲きますか、ホテイソウ。しかもダブル咲き。

R0018538

夏の間庭の水撒きのために敷設してた散水ホースを片付けて、庭も秋モードです。シクラメンも夏越しを終えて葉が出始めましたので、日向へ。

R0018537_2

やたらと葉が大きいですが、まっ、元気ということなのでしょう。10月中旬の花に期待です。

 

さて、この三連休、特に出かける予定はありませんが、近所のレストランにランチに行って来ました。

「レ・ミレジム」。フレンチのお店です。

あまりにもさりげない入口なので、気付かず通り過ぎる人も多いかもしれません。

R0018562(この階段を3階まで上がります。)

入口以上にさりげない扉。看板も表札もありません。初めてだと「ここっ?」と思うかも。

R0018546

でも、お店の中は別世界で本格フレンチのテーブルコーディネートです。

R0018547(サボテン柄の絵皿が素晴らしかった。どこのか見ときゃ良かった、、、)

 

コースの始まりです。前菜から。

妻の前菜はサーモンとイクラに有機野菜、愛媛産ハーブが合わされています。

R0018549(直径40cmはあろうかという大皿にびっくり。)

とにかく、これから出てくる料理全て、お皿と盛り付けが本当にきれいで感動ものです。

こちらは私の前菜。海鮮のゼリー寄せ。ほんと、きれい。カニ、エビ、、ホタテ、マグロなどが薄味のコンソメゼリーで寄せられています。味も最高です。

R0018551

 

スープへ。

妻はトマトのガスパチョ。マンゴーのソルベが浮かべられていて、一緒にいただくと味の深みというか複雑さが全然違います。

R0018552

私は、トウモロコシのボタージュにサマートリュフが浮かべられたもの。中にはカニなどの具も入っています。

R0018553

このスープが無茶苦茶うまい。思わず「たまりまへんなぁ」と言ってしまい妻の失笑をかってしまうほど。できればカップに満々といただきたいぐらい。

ところで、「サマートリュフって?」と思って後で調べたら、旬の秋だと値段が高騰するので、旬よりちょっと早めに出回る、街のレストランでも手が届く素材だそうです。香りは弱いですが、こうやって大きなトリュフをいただけるのですから、ありがたいですね。

 

魚料理です。今日は鯛のようです。どこの鯛って言ってたかなぁ、、、忘れました。

私の鯛はこんな感じ。上に乗っているアワはリンゴの何とかを泡立てたものだそうです。鯛の皮はパリパリ、締まった身がしっとりといい感じに焼かれています。土台は五穀米と野菜。ソースはあっさりですが、一番外側がバルサミコということ以外は素人には分かりません。

R0018554

妻の鯛。かなりの立体盛り付け。クリームソースとのことです。食べ応え十分の大きさでした。

R0018556

 

私は肉料理もあるコースにしましたので、ここでメイン。

合鴨です。左側の緑色が柚子胡椒、その上がピーナッツソース。これをつけていただきます。合鴨の焼き具合が抜群! 周りをしっかり焼いて肉の旨みを逃がさないようにミディアムレアで仕上げられています。

R0018557

柚子胡椒なら和風、ピーナッツソースなら洋風、、、と気の利かないコメントですが、どちらも合鴨に合います。美味しい!

ご覧のとおり、このお皿もきれい。どこのシリーズかなぁ、、、ナイフ・フォークなどは妻曰く全てクリストフルの銀食器だそうです。

 

デザート。

私は木イチゴなどの何とかかんとか。ちょっと酸味がありますが、アイスクリームといただくとちょうどいい感じになりますね。透明のガラス食器が涼しげな演出です。

R0018559

妻はピーチ・メルバなるもの。ハートがいっぱい。

R0018561

 

この後、紅茶でまったり。私はワインですっかりほろ酔いです。昼のお酒は最高。大満足のランチでした。

 

お店を出て日常に戻り、日用品なんぞを買って帰宅。

途中でこれまた人気のレストラン(イタリアン)「ミディーカ」がニチニチソウから別の植え込みにガーデニング中でした。いつもここを通りますが、ここのニチニチソウは元気いっぱいだったのでうちに欲しいぐらいです。うちのニチニチソウは10株中4株が枯れてしまった、、、

R0018564

 

我が家の三連休のイベントでした。明日は雑草取りをしなきゃ。

コメント

さよならコニファー・・・(の片方)

2011年09月23日 | ガーデニング・庭いじり

昨晩、現場を目の当たりにしてちょっとショックだった、我が家の台風被害。

一夜明けて詳細に確認してみました。こういうことです、、、

Photo

黄色の線がコニファーの幹。全体が大きく傾くとともに、片方が真ん中あたりで折れています。

折れた所をじっくり見てみると、、、

R0018518_2

元々傾きやすいコニファーの幹を支柱にしっかりと結んでいた所が支点となって、その先が強風に耐えきれず折れてしまったということのようです。支柱がアダになったように思えますが、支柱を立てていないと渋谷の街路樹のように根元から折れていたでしょうから、難しところです。

 

さて、どうするか。折れた所から下を残すか、二股に分かれた幹元から切るか。

最近、「双子」ゆえの弊害で、中が蒸れ気味で緑の鮮やかさがなくなってきたこと、フェンス沿いに生垣にしているシルバープリペットをコニファーが押し気味で成長を妨げていること、、、などを考えて、幹元からバッサリ切ることにしました。

 

切ってみると、、、

R0018521

西日がよく当たって、ふさふさと成長の良かった方だったことが分かりました。支柱も風に負けてグニャリと曲がっています。

枝をはらって、幹をごみ収集のルール通り切ってまとめて、作業終了。

R0018525

 

残った方の幹を支柱で再度補強して終わりです。

R0018527

きれいだった樹形がかなりガタガタになりましたが、またシャープできれいな三角錐形に整っていってくれるでしょう。

1時間半の庭仕事。汗はかきますが、台風一過、すっかり涼しくなったので、作業が楽です。

 

このコニファー、以前はどんな感じだったかと思って、写真を探してみると、2年前はこんなでした。

R0010446

こんなに緑が鮮やかでした。背丈は今の半分ぐらいです。2年間の成長ぶりにびっくりです、、、が、、、

 

さよなら、コニファー(の片方)、、、お疲れ様でした。

コメント

我が家の台風被害(速報)

2011年09月22日 | ガーデニング・庭いじり

三連休ですので、帰郷。先程東京に帰ってきました。小雨が降っていて肌寒いくらいですが、昨日大混乱していた交通網はちゃんと機能しているようです。

自宅に到着。今朝ほど妻からメールが来た我が家の台風被害をさっそくチェックです。

R0018515

庭ですくすくと育っていたコニファーが中ほどから折れています。

一本の幹から二股に分かれていい感じになっていたのですが、その片方が折れてしまいました。残念。

さすがに復活は無理のようですので、明日は、折れた方を切って、残った片方を支柱で補強という作業からスタートです。

 

ちなみに、コニファーのような洋風の針葉樹は根の張り方が浅く弱いそうです。庭には、マキ、マツ、ツゲといった日本の樹も植わっているのですが、そちらは平気でした。

日本の樹は粘り強いなぁ、、、と感心します。

コメント