mo-diary

酔生夢死ってわけでもないけれど、、、日々雑感

祝、東京オリンピック&秋野菜決定!

2013年09月08日 | ガーデニング・庭いじり

 

妻はライブで観たようですが、私は朝のニュースで知りました。

 

2020年東京オリンピック決定!

P1020299(太田さんのがんばりが印象的でした。)

 

東京で56年ぶりにオリンピックが開催されること、再開発で東京がどうなるのか、アベノミクスに加えて五輪が社会・経済にどんな功罪をもたらすのか、そんなことをつらつら考えつつも、一番関心があるのは、、、

2020年、自分はどこで何をしているのだろうか。

 

冷め過ぎですかね。

 

 

 

さて、この日曜日、私にとってはオリンピック決定と同じぐらい重要なことは、「何にしようか」と迷っていた秋野菜の決定。

 

第一候補は芽キャベツだったのですが(大阪で食べた芽キャベツの串、美味しかったなぁ)、ホームセンターに苗の姿は無し。

 

キャベツ、白菜、、、など葉物野菜の苗がいっぱい。

結局、育てやすそうなブロッコリーとカリフラワー、この2種類に決定!

 

 

ブロッコリー。

P1020289

 

品種の選択の余地はなし。「緑嶺」。

『爽やかな名前だ』と井之頭五郎ふうに思う。

P1020293

 

カリフラワー。

P1020290

 

品種はオレンジがかったものもありましたが、初めてなので純白を。「スノークラウン」。

『ブロッコリーが男性ならカリフラワーは女性だ』などと井之頭五郎ふうに思う。

P1020294

 

 

植える所。

実は、出足順調だったホウレン草、真夏には不向きらしく、発芽しても結局枯れてしまいました。強過ぎる日差しに耐えられなかったのだと思います。

 

なので、ホウレン草畑転じてブロッコリー&カリフラワー畑に。

 

配列はこんな感じか。

P1020292(葉が大きく広がるらしいので、それなりに間隔を取って。)

 

ちゃちゃっと植えて完了。

 

ブロッコリー。

P1020295

 

カリフラワー。苗ポットから出すと、区別がつかないぐらいそっくり。

P1020296

 

期待の秋野菜たちです。

P1020297

 

植え付け直後のこのショット、どんな野菜の苗でもワクワクしてきます。

祝、秋野菜決定!

 

 

 

ところで、予定外の野菜にしましたので、育て方・収穫イメージは事後勉強。

 

ブロッコリーもカリフラワーも同じキャベツの仲間。よって、蝶や蛾の幼虫をはじめ、食害に要注意らしい。

「寒冷紗」でビニールハウス風に覆うのが一番だが、それができない時は、毎日葉の裏をチェックして卵の段階で駆除すべし、とのこと。

なるほど、がんばります。

 

 

収穫イメージが面白い。

まずはてっぺんにできた“実”を収穫。

1(ネットより拝借。)

これは想像通り。

でも、これ、“実”じゃなくて、蕾(つぼみ)。「頂花蕾」と言うそうです。蕾こそがブロッコリー。

 

そして、頂花蕾を収穫すると、次に脇芽にどんどん“蕾”がつくらしい。

2(ネットより拝借。)

 

こちらは「側花蕾」と言うそうです。

さすが芽キャベツと親戚だけあって似た感じ。

 

頂花蕾ができるまでに約2ヶ月、その後、側花蕾の収穫は来春まで楽しめるそうです。

 

 

カリフラワーも同じかと思いきや、おっと、カリフラワーは、頂花蕾だけで側花蕾はできないそうです。

妻に聞くと、スーパーでは、カリフラワーの方がブロッコリーよりもずっと値段が高いらしいですが、この収穫量の差によるんでしょうね。

勉強になりました。

 

 

さて、最後に、“白黒猫”など、うちを縄張りにしている猫の踏み込み対策で、気休めにレンガを置いて終わり。

P1020298

 

虫に食われず、猫に踏み荒らされず、無事育ってねぇ~。

 

 

祝、東京オリンピック決定!

祝、秋野菜決定!

 

 

コメント