武蔵野の森を育てる会

『境山野緑地』(東京都武蔵野市)を自然豊かな森に育てる、ボランティア団体のスタッフブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シンポジウムのお知らせ(6/17)

2018-06-05 22:41:12 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

当会も主催団体の一員となるシンポジウム
「玉川上水の自然を守り育てる~分水網と周辺の緑の保全・活用を含めて~」を開催します。

これは、武蔵野市の緑の保全・活用を考えるシンポジウムの第2回にあたります。
(第1回は、2月12日に開催したシンポジウム「武蔵野の雑木林を未来へつなぐ」)

玉川上水を含む緑と水のネットワークの一環として、より広い見地で雑木林をとらえる
きっかけになると思います。

ご都合がよろしければ、ぜひご参加ください。


・テーマ:玉川上水の自然を守り育てる~分水網と周辺の緑の保全・活用を含めて~
・趣旨:
玉川上水、千川上水、仙川、周辺の緑(雑木林、農地など)による水と緑のネットワークは、
貴重な自然環境です。そこに生息する生き物の現状、市民による先進的な保全活動と
環境教育を講師から学び、今後の展望を皆で考えませんか?

・日時:6月17日(日)午後1時30分~4時

・場所:武蔵野芸能劇場 小ホール

・講師:
柴俊男氏(玉川上水の自然保護を考える会)
成瀬翼氏(特定非営利活動法人NPObirth事務局、まるごと玉川上水かんさつ会・会長)

・コメンテーター
中里崇亮(玉川上水を守り育てる武蔵野市民の会・会長)

・定員:80名(申込順、事前申込が必要)

・参加費:無料

・お申し込み・お問い合わせ:
武蔵野の森を育てる会
メール:info.mnomori@gmail.com(お名前・住所・電話番号を明記)

皆さまのご参加をお待ちしています。

1806シンポジウム案内

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 定例作業を行いました:4月8... | トップ | 定例作業を行いました:7月8... »