マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

小泉神社の砂モチ

2015年09月22日 09時04分30秒 | 大和郡山市へ
この日の朝に奉納された「砂モチ」である。

23日に注連縄を架けた大和郡山市の小泉神社に見られる景観・・・ではなく、「砂モチ」と呼ばれる在り方だ。

参拝者が訪れる神社境内。

知らず知らずのうちに境内の砂を履き物が持ち帰ってしまう。

境内の砂は雨が降って流れることもある。

境内の砂は一年も経てば少なくなる。

それを埋め合わせるのが「砂モチ」。

かつては多くの村人が川で掬った奇麗な砂を持ちこんだ盛り砂。

地域の風習でもあったが、今ではたった1軒のお家が持ちこんで砂盛りをしている。

左右一列に並べた「砂モチ」はだいたいが八盛りずつ。

作業時間は2時間もかかったと宮司が話していた。

3年間も通ったが未だに奉納された方とはお会いできていない。

一度は会ってみたいがどうしても仕事日と重なってしまう。

砂モチに影がでるのは午後のある時間。



僅かな時間にしか出現しない影が伸びる状況をじっと待っていた。

ちなみにこの「砂モチ」は2月に行われる小泉神社のお田植祭が始まる前に砂盛りを崩して境内に広げると聞いている。

その砂は牛耕所作の際に参拝者が境内の砂を拾って「牛」にめがけて砂をかけるのだ。

それまではこの形が残っているのかどうか・・・。

(H26.12.26 EOS40D撮影)
『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 疋田町三輪神社正月迎えの御... | トップ | 横田町柳生垣内ドウガイ注連... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大和郡山市へ」カテゴリの最新記事