マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

9回目の展示は新聞にみる子供の行事

2010年12月31日 08時38分32秒 | しゃしん(カメラのキタムラ展示編)
今回で9回目となったカメラのキタムラ奈良南店の展示。

毎回どういうテーマにしようかと悩まされる。

一昨年から解説文を寄せてほしいと願われてそうした。

昨年は実験的に動画も添えた。

その手法は12月11日から始まった県立民俗博物館の「大和郡山の祭りと行事」企画展に活かした。

さて、今回は・・・。

今年一年間は産経記事で「やまと彩祭」を連載してきた。

これを使ってみようということでここから8作品を選びだした。

テーマは“新聞によむ子供の行事”だ。

奈良県では多彩な行事が各地で行われている。

なかでも子供が主役をつとめる行事のケースも多々みられる。

さまざまな理由で存続できない事例も増えつつある。

少子化等で今年が最後になった行事もあった。

そのような状況においても先輩から教わってきた行事を代々引き継いできた地域がある。



絶やすことなく続けてきた子供の行事。

大役をやり遂げた感動は今でも忘れられないという先輩もいる。

大きな自身に繋がるのであろう。

親たちはそれを見守り健やかな子供の成長を願ってきた。

周りに支えられ、伝えてきた子供の行事にはふるさとを受け継ぐ願いが込められているのだろう。



平成22年1月から毎週掲載してきた「やまと彩祭」は年末をもって終了する。

そのなかから子供が主役となる行事を写真と記事で紹介することにした。

(H22.12.11 SB932SH撮影)
(H22.12.23 SB932SH撮影)

『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 石川町にもあったイノコの日 | トップ | 祝いのクルミモチ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご報告 (室野義隆)
2010-12-17 13:14:30
田中眞人のブログを、
12月17日付けで、NPO法人 やまと新発見の会 のホームページにリンクさせていただきました。
奈良県内の伝統行事の紹介に、長年携さわられ、貴重なブログと考えています。
民俗行事の写真アーカイブとして多くの人が閲覧してほしいですね。
田中様のメールアドレスを教えて下さい。

リンクページを確認 (田中眞人)
2010-12-21 09:35:50
室野義隆さま

リンクページを確認しました。
ありがとうございます。
メールアドレスは別途の方法でご連絡しました。
よろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

しゃしん(カメラのキタムラ展示編)」カテゴリの最新記事