たそがれおじさんのガッチャク人生(TOGZ) 

北海道「とかち」をこよなく愛するおじさんが自転車で巡る十勝野風景を発信(帯広市;以平)

ケアンズ紀行 11月12日の4 キュランダ鉄道から

2017-11-29 20:50:11 | 旅行

この日の

キュランダ発の最終便

駅構内や

機関車(1720型ディーゼル)など

見る時間はなかったけど

 

走るコースは

渓谷あり

滝あり...

予備知識に寄れば

ワクワクするコースです!

車内は

4人向き合い席 

2人向き合い席

窓は

鉄棒2本(開け閉め自由のようです)

 

おじさんたちの席は

こんなシールをもらいました

(ゴールド クラス)

 

ナッツや

チーズ

スナック

ワイン...

お代わり自由

アルコールに弱いおじさん

だけど

白ワインをオーダー

風景を堪能しようとしているのに

飲んでる場合じゃありませんが....

(見逃したところもいっぱいあると思う)

 

熱帯雨林を抜ける列車

ゆっくり走ってくれます

 

出発して間もなく

列車が停車

 

スカイレールから見た

バロン滝の近く

バロンホールズ駅

水量も少なく

見る位置も少し後方過ぎたようです

 

おじさんたちの車両は

前から8両目

(機関車を入れたら9両目)

後ろから7両目

 

機関車を入れたら

15両編成の列車でした

 

前方部

 

後方部

カーブがいくつもあるので

高原列車を見るだけでも

いい景観をつくっています!

 

谷の方で

ささやく花

なんという花だろう

清楚な

雰囲気を醸して見えます

 

列車進行左側は

渓谷

列車は高原を進む

 

進行方向左前方

渓谷の向こうに広がる平地

海も見えます

絶景

絶景!

見逃さなくて

ホッ

 

ジグザグを繰り返す

列車

窓の先には

これから通る

ストーニ―クリーク滝

線路の橋脚も見所

 

後ろを見れば

4億年前の地層が....

 

ストーニークリーク滝に近づくと

列車は

歩くほどの速さに

(写真右上部に滝がチラッと)

橋脚3本

見えます

こんなに細くていいんだ

 

おじさん

素早く

右側に移動

 

天空から流れ落ちる

ストーニークリーク滝

糸を引くように...

 

滝のホームを行く

列車後方

この目と

映像写し

大忙し

大感激!

 

列車は

高原を下り始めたようです

窓から見える風景

ずいぶん低い位置に...

 

間もなくやってくる

この列車が

ほぼ180°のヘアピンカーブする地点

先頭が

そのような雰囲気に...

 

来ました

来ました!

おじさん期待の

ヘアピンカーブ

 

 

 

 

 

何か聞くところによると

この辺りが

テレビ朝日系で放映していた

「世界の車窓から」の短番組に紹介されたあたりとか

 

スカイブルーの

ディーゼル機関車も

かっこいい!

 

機関車に描かれた絵について

パンフレットの説明によれば

「地元のアボリジニアーティスト、ジョージ―・ライリー氏が

バロン渓谷を創ったと言われる

ニシキヘビ

ブダ・ジ(アボジニの人々の伝説に出てくるニシキヘビ)の

伝説を描いたものです」と

 

キュランダ高原列車

クライマックスを終え

スピードも上がって

ケアンズ市街へと...

 

並行する道を

サイクリスト

(ヘルメット着用)

 

キュランダ駅からは

出迎えのバスでホテルへ

一休みして

 

この日の最後は

 

アボジニの部族

ジャプカイの人たちのショーを

観賞しながらの

ディナーへ

 

 

コメント

天候が変わらないうちに

2017-11-29 17:43:09 | 自転車

天気予報は

午後を過ぎたあたりから

低気圧が接近し

十勝も

気温が下がり始め

天気も下り坂とか

 

暖かいうちに散歩と

MTBを駆って

MTB散歩

 

天気が急変しなければ

十勝が丘展望台までと

自宅を出て

堤防道へ...

 

タンチョウは来ていませんが

ハクチョウが来ていたので

撮りました

写りはどうかと....

 

メモリー(SDカード)が入ってないと表示

 

やれ

一度自宅に戻り

仕切り直し

 

堤防道を行くだけでは...

堤防斜面の林を走ることに

見通しもよく

いい負荷がかかります

 

一度下って

斜面伝いに上ろうと

ハンドルを切り

ダンシングをした途端

転倒!

 

現場検証

何でこんなことに?

 

力を入れた途端

タイヤが滑りました

 

よく見ると

枯草の下は

土になっていて

土がしばれていたので

しばれてコチコチになっていました

 

スリップの原因判明!

 

原因がわかれば

対応ができます

 

林の中を

ジグザクと...

 

目に留まれば止まって

 

おや

羽根だらけ

何かが原因で

キツネの餌食になったのか....

手前には

キツネの糞があります

 

ここのドングリ

まわり一面

ゴロゴロ

この木になったドングリ

豊作?

 

いっぱいあるということは

この辺りには

エゾリスなどは来ないのかな?

 

堤防道に戻って

 

舗装に残った雪の上に

タイヤ痕

左のタイヤ痕

おじさん

 

右のタイヤ痕

どなたの...?

今朝か昨日か

この方も

十勝が丘展望台かな...

 

堤防斜面を走って

MTBも泥だらけ

途中

メン川によって

洗車

 

あのマメ科の

あれ

こんなふうになって

種を拡散するのか

殻から飛び出なかったのか

手で引っ張ったら

みるみる傘を開いて

風に舞って行きました!

自然の生き方に

おせっかい?

 

十勝川温泉に入って

目に入ったのは

青で表示の小屋

十勝川温泉観光協会

サイクルステーションを運営!

メンテナンスもできるようです

 

サイクリストにとっては

いい環境をつくっていただきました

こんな施設が生きて

サイクリストであふれる夢を見てしまいそう

 

展望台に続く道

北方面から

低気圧の影響の雲?

 

展望台へ上る前に

ハナック花時計に寄ってみました

花キャベツの紫で

アクセント

 

展望台から

日高山脈は

雲の中

 

展望台では

台湾から訪れたカップルさん

向こうから

ハロー!

おじさん

何やらインチキ英語を駆使して...

 

レンタカーで

昨日は富良野泊とか

スキーができ

転んで

あっちこっちが痛かったと

身振り手振り

本当に

富良野はスキーができたのかな?

おじさんの理解が間違ってはいないか

 

おじさん

2014年

台湾でサイクリングしたことを話したら

ご夫婦も

大そう喜んでくれて

握手をしてお別れ

今日は札幌に向かうと...

 

英語は

習うより慣れろだな!

この前の別研修で

外国人とのコミュニケーションは

言語3割

非言語7割の話

本当だな!

 

あとは

語彙を増やすことが...

 

台湾のご夫婦を見送ったら

入れ替わりに

トレッキングスタイルの

おじさん世代(と思われる)女性二人

 

挨拶を交わし

おしゃべり

 

雲行きが怪しくなったので

サヨナラ

 

パラパラと雨粒

 

たいした降らなかったけど

風も少し出てきて

気温も下がってきました

 

堤防道を戻り

ガーデン温泉近く

林越しにタンチョウ

 

MTBを置いて

堤防下からウォッチング

足環なしのつがいでした

 

相変わらず

歩くなら

ペダルを踏む

おじさん

 

いつまで堤防は開いているかな?

 

 

コメント

ケアンズ紀行 11月12日の3 キュランダ村

2017-11-28 11:53:51 | 旅行

スカイレールから

大パノラマ自然を堪能し

キュランダ村に到着

 

午後2時25分発の

列車までは自由行動

道々の草花

どれもが新鮮

 

まだまだいっぱいありましたが...

 

ストリートも何本かありましたが

時間内にうわべだけではもったいない

マーケットを

ターゲットに探索

 

コアラは見逃せません

そのコーナーへ入場

目に入った来たのは

ワニ

 

ケアンズ辺りの川や湿地

自然の中にもいるので

この後の探索でも

何回も注意してと...

 

合えた!

コアラ

何ともユーモラスなことか

バチバチ撮りました

記念に

コアラをだっこした写真も撮りました

(じじいがいい格好で撮りましたよ

人生で二度とないと思ったので...)

 

コアラについての説明

コアラはどこにでもいるようではありません

黄色い部分に分布しているようです

(この表示、英語の勉強にもなります

興味のあるものは知りたくなりますからね)

生息域・生息環境・食べ物.....

 

カンガルーも自由に触らせてくれました

 

小型のカンガルー?

ワラビ―

 

オリーブ・ニシキヘビ

とぐろを巻いて微動だにせず

こんな表示が...

オーストラリア最大のヘビのようです

大きいのは30kgもあるようです

おじさんの見たニシキヘビ

せいぜい10kgもあるかないか...

 

旅行中

あちらこちらで見た

白い鳥

ソデグロバト

後尾の裏が美しいらしいです

 

連れにお付き合い

ショッピング

日本人観光客が多いのでしょう

日本語には不自由しませんでした

 

おじさんは

ショッピングには関心がありません

見るだけで十分です

 

アイスクリームに行列

どこにでもある光景ですが

ここはオーストラリア

 

あっという間の

自由行動

 

時間が押し迫ったので

駅に向かいました

 

今となっては遅いけど...

自由時間の活用

もっと自由にすればよかったかな?

 

キュランダ駅構内を取材したかったけど...

 

いよいよ

キュランダ高原列車に乗車

 

コメント

十勝晴れの中で見える山々

2017-11-27 20:47:27 | 日記

午後からの会議のあと

外に出たら

空には雲一つなく

晴れ渡った空は見通しもいい

 

今日は十勝晴れ!

山々もよく見えるだろうと

車で

周辺を一回り

 

中央大橋手前の堤防から

十勝岳連峰

左の

前富良野から

右の

オプタテシケまで

雲一つなく観えました

見事!

 

十勝が丘展望台から

シルエットになって見えるのは

雲ではありません

(いつもは雲がかかっていることが多いです)

日高山脈全貌

 

芽室岳

 

十勝幌尻岳

 

十勝幌尻岳から

太平洋に向かう

日高山脈

どこまでも澄み切った

十勝晴れ!

 

夕陽を浴びて

輝く

東部方面

 

こんな十勝晴れなら

十勝が丘展望台だけではもったいない

 

丘のゴルフ場(十勝CC)なら....

 

十勝が丘展望台から移動

 

東大雪が絶景だった!

丘陵の向こうに

ヌプカの山

白雲山

くちびる山

 

右奥には

ウペペサンケ

 

うっと~り......

 

午後3時50分というのに

お日様は

日高の山に落ちていきました

 

会議の帰り道

山ウォッチング

 

帰り道

ガーデン温泉脇

タンチョウ

足環193♀

釧路管内鶴居2013生まれ

オーホツク枝幸町辺りまで移動する

話題のタンチョウ

 

 

 

ケアンズ紀行

滞っています

 

でも

今が大事と思う

おじさん心

 

 

コメント

ケアンズ紀行 スカイレール 12日の2

2017-11-23 21:20:39 | 旅行

午後からは

クイーンズランド州

世界遺産登録

(世界最古の森~熱帯雨林)

バロン渓谷国立公園内を

スカイレール(ゴンドラ)で

キュランダまで行きました

 

ホテルからの道々も興味深い

12時10分出発

初夏の青空

程よい暖かさ

 

ケアンズ市街にあった

ハイスクール

ここの学制は

日本でいえば

中学校・高校をひっくるめて

ハイスクールというとか....

つまり

ハイスクールは6年間

 

早速出合いました

自転車活用者

(ふら付いているのではありません内側に入るところです)

どうやらMTBのようです

 

ガイドさんに聞きました

オーストラリアは

自転車に乗る人は

ヘルメットは義務化されています!

 

安全安心を考えると

当然の制度

 

日本では

自転車は軽車両と謳って

ヘルメットは?

制度がちぐはぐ

言ってるだけじゃ

野次馬

おじさんだけでも...?

 

ここは国道1号線

自転車発見

やっぱりヘルメット...

 

日本でも同じような表示

グリーンライン

 

国道沿線は

サトウキビ畑が

延々と続きます

 

郊外を走るサイクリスト

自転車の表示も見えます

車からもよく見えます

大きさと高さが程よいようです

 

日本では基準はあるのかな?

北海道・十勝はこれからだから

参考になります

 

カーブには

わかりますか?

車が路側帯内に入り込まないように

路肩ができています

しまなみ辺りは

そうなっているかもしれませんが....

こんな安全配慮も

参考になります

 

自転車表示は

幾種類かありました

 

 

畑の様子を見たり

自転車環境を見たりしながら

 

スカイレール出発口

スミスフィールド到着

 

ゴンドラは

レッドピーク駅を目指し上って行きます

 

眼下には

内陸部には

人工池(レジャー施設らしい)

 

世界遺産の熱帯雨林

高原に向かって

国道1号線が

チラリ

木々の高さは

どれも数十メートル

 

先へ進んで

レッドピーク駅に到着

 

ここで乗り換えのために

降車

周りの熱帯雨林を観賞

樹齢400年の

パイン

圧倒されました!

 

乗り換えて

キュランダ村を目指します

 

途中に見えた

バロン滝

 

バロン川の上を通り

(数日前の雨で少し濁って見えますが

水量が増えた分、いい景観をつくっていました)

 

やがて

キュランダに到着

 

キュランダ村や

キュランダ列車は

後日の記録で...

 

 

 

コメント