【わんちゃんの独り言】

毎日の生活の中で見たこと、聞いたこと、感じたこと、思いついたこと等々書き留めています
(コメント大歓迎デス・・・・・)

危ない!! 家の中には危険がいっぱい!

2018-09-13 | 日記
意外と多いリビングでの事故に注意
事故の中でも多いのが「転倒」や「転落」事故。事故というと階段を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、住まいの中でも圧倒的に事故が多いのが、実はリビングなどの居室スペース。一見事故が多そうな階段と比べて、なんと12倍もの事故が居室スペースで発生しているのです。板張りの床はとても滑りやすくなっているために、急いでいるときなどにちょっとしたはずみで靴下やタイツが滑り、腰をぶつけたり、手をついて骨折したりするケースがあるようです。
ここではリビングでの転倒の事故例とその対策をご紹介します。

1、履物:靴下・スリッパは滑りやすいものになっていませんか?
転倒事故を引き起こす原因⇒靴下・スリッパ
実際の暮らしの中で急いでいるときに、靴下やスリッパがずれてしまったことで姿勢をくずし、転倒したケースや、靴下を履いたまま運動して、転倒したケースがあります。
対策としては
★部屋の中で運動をする場合は靴下を脱いで素足で行いましょう。
★靴下を履く場合は、サイズの合った、滑り止め付きの靴下を選びましょう。
★スリッパにおいても、かかとがあるものはフィット感が増し、ずれにくくなります。
★靴下やスリッパの裏に滑り止めが付いたものもおすすめです。
★スリッパは内側がビニール製より布製の方が脱げにくいです。

2、服装:すその長いズボンを穿いていませんか?
腰ひもがゆるんだことでズボンがずれてしまい、すそを踏んで転倒したケースがあります。
対策としては
★腰ひもをしっかり締めて穿きましょう。
★ズボンのすそが適切な長さのモノを選ぶことで、踏んで転ぶ危険性は低くなります。

3、段差:部屋の中に段差はありませんか?
洗濯物を取り込むときや段ボールのような大きい荷物を抱える時に、自分の足元が見えなくなってしまいますよね。そうすると小さな段差に気づかずウッカリつまずいてしまうケースがあります。
対策としては
★つま先の上がっているルームシューズはつまずき防止になります。
★段差をなくすようにスロープを設ける方法もあります。

4、姿勢:バランスの悪い姿勢を取っていませんか?
ヨガやストレッチの際に見られる股開きのような姿勢は足裏の接地面が少なくなることで滑りやすくなります。
他にもペッととじゃれ合っているときに足が絡まって転倒するケースがあります。
対策としては
★ヨガなどの股開きの姿勢は徐々に秒数を長くするなどして、体を慣らしていきましょう。
★ヨガマットを敷いたり、靴下を脱いで素足で行いましょう。

5、物の配置:床に物が置きっぱなしになっていませんか?
リビングは物も多く、足を引っかけて転ぶ可能性が高い危険な場所です。
新聞や雑誌、取り込んだ衣類などを床、じゅうたんに置いたままにしておくと、踏みつけて転倒するケースがあります。また、じゅうたんの端がめくれ、足を取られて転倒してしまうケースもあります。
対策としては
★「衣類」床に広げず、洗濯かごにまとめましょう。
★「新聞・雑誌」常に机に置くか、ラックに片付けましょう。
★「電源コード」壁際に這わせてコードはしっかりまとめましょう。
★「じゅうたん」めくれにくいものを選び、壁際まで敷き詰めましょう。

6、床の汚れ:床は滑りやすくなっていませんか?
調理中にはねた油や整髪料などのスプレー液、皮脂油などの油成分が、想像している以上に床に落ちています。
スリッパの裏に付いた整髪料が知らず知らずのうちに他の部屋に広がり、床が滑りやすくなったケースもあります。
対策としては
★床の掃除にはフローリング用ワイパー(エタノール、界面活性剤含有を含む)が使用できます。ただし、油成分(シリコン油など)が入ったものはより滑りやすくなる場合があるため使用は避けましょう。
★汚れがひどい時は、中性洗剤を使って雑巾がけをしましょう。

わんちゃんと家族がこの地に家を建て、住み始めてかれこれ、45年になります。
子供たちの成長と共に部屋や水回り、外壁などニーズに応じて何回かリフォームを繰り返してきました。
住宅メーカーさんと長く良好なお付き合いの賜物と思ってます。
季刊誌が送られてきます、快適に過ごすための住まいの手入れ、庭のガーデニングなど、お役立ち情報満載です。
秋号に
『危ない!! 家の中には危険がいっぱい!意外と多いリビングでの事故に注意!』
チラシが付録に付いてましたので、紹介しました。

毎日の散歩道で見かけるお花たちです
ツルボ




田んぼの中を覗くと水田雑草と呼ばれる花たちが咲いてます、可愛いお花たちですよ。
ヒレタゴボウ(アメリカミズキンバイ)
   

オモダカ


クサネム
 
葉は夜、寝ますこちら
田んぼの畦道にタカサブロウ


堤防を歩いてると
メドハギ




コマツナギ


オオニシキソウ


エノコログサ


アキノエノコログサ


アカメガシワの花外蜜腺に集まるアミメアリ


可愛いお花たちが隠れてしまうほどに生い茂ってるセイバンモロコシ


ふと気が付いたら西の方に夕陽が・・・











ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 植物観察会:金剛山山頂付近... | トップ | 絵手紙:タカサゴユリ・ミョウガ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昔々あるところに… (CHIKAちゃん)
2018-09-17 20:00:21
あるところは、ヤンマーディーゼルだったかな? 日本ではJリーグがプロサッカーチームの始まりですが、それ以前に釜本選手が有名でした。一説によると彼の引退の原因が家の中のやかんに蹴躓いたのが原因と言われています。すごいでしょ。
家の中では風呂場が一番危険です。お年寄り(他人事ではなく、自分もお年寄り)の事故も風呂場が多いですね。神経系統や心臓病の方も、特にこれからの冬場はこわいですよ。
わたしは、テーブルの角や出っ張った椅子によくぶち当たります。
お互い気を付けましょう。
CHIKAちゃん こんばんわ~~ (わんちゃん)
2018-09-17 21:11:57
我が家では、わんちゃんが一番風呂ゲット
ゆっくり湯船に浸かってると
ピポピポピポと鳴って「オカン生きてるか?」
「ダイジョウブ生きてるでぇ」

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事