【わんちゃんの独り言】

毎日の生活の中で見たこと、聞いたこと、感じたこと、思いついたこと等々書き留めています
(コメント大歓迎デス・・・・・)

カニカニツアー②~出石蕎麦~

2011-02-03 | デジカメ紀行
枕が替わろうが、お布団が替わろうがどこででもグッスリ眠る特技のわんちゃんです。
6時半ごろ起床でまずは朝風呂へ・・・・・

朝食は「うわぁ~~っ」とビックリしながら完食

幹事さんのオススメは地元でとれとれの、かれいやイカの一夜干し
昨夜、注文したかれいの一夜干しが宿に到着してました。
宿の女将さんから「お土産に」と、甘エビ一箱の大サービス「えぇ~~!!」
気持ちよくお宿を後にしてお昼は出石蕎麦。
幹事さんオススメの蕎麦処「官兵衛」

出石蕎麦のウンチクを・・・

出石町内には50軒余りもの出石蕎麦屋が並んでいます。

出石そば・出石の皿そばは白い薄手の磁器、出石焼きに盛られています。

この出石焼きに盛られたそばは、小皿5枚で1人前になります。
そばの打ち方、ゆがき方、つゆなど店によって昔からの秘伝があり、そばつゆにも卵や山芋を加えるなど・・・・・


出石皿そばは1706年(宝永3年)に信州上田の仙石政明がお国替えの際、伴ってきた職人の技によって磨かれたと言われています。
伝統ある3たて(挽きたて・打ちたて・茹がきたて)製法の素朴な風味です。

出石蕎麦”通”の食べ方
1.まず、つゆをお猪口に注ぎつゆの旨味を味わう
2.そばが出てきたら、そばとつゆだけで味わう
3.そばのおいしさを味わった後でお好みの薬味を入れ違った味を楽しむ。
4.最後はそば湯でしめて、ごちそうさま!!



食後に出石の町をちょっとだけウロウロ



↑辰鼓楼
辰鼓楼は出石城跡大手門の旧内堀の一角にあり、元々は見張り櫓として作られたもので、毎朝辰の刻(午前8時)に藩士に登城を告げる太鼓を打っていた事から辰鼓楼と名付けられました。
現在はオランダ製の大時計が太鼓の代わりにはめ込まれ時計台として使われています。

城下町だったんですねぇ・・・

さて京都までバスはひた走り~と思いきや
豊岡で鞄屋さん(豊岡は鞄の町)、また途中でお土産物屋さんへ2軒立ち寄りまして


雪景色の中を京都へ京都へ

バスの中は静かに・・・うとうとうとうと
ハッと目が覚めたら、いつの間にか雪景色は消えておりました。

「楽しかったねぇ、また行きましょうねぇ」って。
幹事さんはこのコースに以前、毎年ほど利用しはったみたいで、なかなかココというツボを押さえてはりました。
初参加のメンバーたちは大満足「良かったねぇ、毎年の恒例行事にしようか?」とノリノリ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カニカニツアー~夕日が浦~ | トップ | Happy Birthday  Dear H00ch... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
出石そば (キッカワ)
2011-02-03 17:13:37
仲間と毎年、浜坂辺りに蟹を楽しみに行ってるが、帰りは必ず出石蕎麦コースになりますね。
京都に帰る途中でちょうど昼時に具合がいいので。
出石の地酒、地ビールも見逃せません。
大満足の蟹旅行! (道草)
2011-02-04 07:16:20
雪の中で豪華な蟹を満喫されて、最高の旅行だったことと思います。その上、出石蕎麦も堪能されて、さぞ贅沢な気分に浸られたことでしょう。
今年は雪が多くて、やはり日本海への旅行はそれだけでも価値があると思います。
久美浜で同級生が民宿を開いていましたので、以前は同級生が集まって毎年蟹を食べに行っていましたが・・・。

今日は立春。実際の季候も急に春めいてきました。まだ紆余曲折はあるでしょうけど、季節は確実に春へ向かっております。節分の夜は、トシの数だけ豆を食べて、それだけで満腹しました・・・。

「節分の夜」  坂村真民

鬼やらいで追い出された
鬼の親子たちが
タンポポ堂に集まってくる
悉皆有仏性と
おっしゃったんだから
鬼にも仏性がある筈
よしよしといって
おこしやせんべいを出してやる
夜が明ければ
また行く処もあろう
お祭りだから
我慢するんだと
言いきかせ
鬼たちと
念仏をとなえる

キッカワさん こんばんわ~ (わんちゃん)
2011-02-04 21:27:08
ご覧いただきアリガトウです。

出石蕎麦処では多くのお皿を積んでいく競技があるようですね。
http://www.hanamizuki.co.jp/sight/event/event4.html
お皿の数の多さにビックリです。

地方に旅行すると地酒・地ビール楽しみですよね。
道草さん こんばんわ~ (わんちゃん)
2011-02-04 21:33:25
いつも温かいコメントをアリガトウです。

バスの窓から見る移りゆく雪景色、
白一色の世界、キレイでした
通り過ぎる雪景色をキレイと眺めてるのも
そこに観光に行った間のことですよね
「一度、雪国で一冬だけでも暮らしてごらんなさい、美しい雪が恐ろしい雪に思えるから」って・・・・・
雪にうかれてばかりもいられません。
と思った次第です。

でも、雪国でいただく蟹は格別のものでした。
すごいな~~ぁ! (ショット)
2011-02-04 23:08:43
わんちゃんさん、全く楽しい充実したツアー・・旅行。
わんちゃんさんの幾つもの画像がこれまた素晴らしい・・上手だわ~~ぁ。
雪景色に憧れてますショットです(*^_^*)

美味しいもの頂き、温泉に入って良い景色見て・・ルンルン気分でしたね♪
画像からも伝わります。
みごとな雪景色 (エフ)
2011-02-05 22:38:35
こんばんは♪
蟹も蕎麦も美味しそう
積雪は何センチ?
北国のようですね
ロマンチックに見えますが地元の人は迷惑?
お風呂にはそう何回も入れません(目が回る~)
美味しくて美しい冬の旅満喫ですね
ショットさん こんばんわ~ (わんちゃん)
2011-02-06 00:32:23
いくつものトンネルを抜けると
いきなりの雪景色に思わず「わぁ~~キレイ」

実際に雪道を歩くのはタイヘンでした、慣れないから・・・

雪景色、バスの中からコンデジで、だったんでちょっと残念でした。
でも、雰囲気だけは・・・・・

ショットさん
コメントありがとうです。
Unknown (わんちゃん)
2011-02-06 00:39:18
北越雪譜の歌詞の中に

風に舞う雪を 花にたとえ
雪見酒などと 洒落てはいられません
雪のロマンを 歌う前に 
一年ここで暮らしてください
人のくらしにのしかかる、
雪の重みを ひしひし感じるでしょう
美しい雪が 雪が 雪が 恐ろしいのです

牧村三枝子さんが歌ってはります。

キレイな雪景色を見ながら
こんな歌を思い出していました。

屋根の上には30㎝以上積もっていたでしょうか。

コメントを投稿

デジカメ紀行」カテゴリの最新記事