goo

YWT分析

先日、ある方から「YWT」という振り返りの手法を教えてもらった。YWTとは、

Y(やったこと
W(わかったこと
T(次にやること

の略である。(ネットで調べていたら、日本能率協会コンサルティングで開発された手法らしい。)

「これは面白い」と思ったのだが、この手法は、コルブ(Kolb)の経験学習モデルに対応している点に気がついた。コルブによれば、人は「具体的な経験を→内省して→教訓を引き出し→新しい状況へ応用」することで学ぶという。

つまり、YWT分析は

「何を実施したのか(具体的経験)」(Y)
「何がわかったのか(内省&教訓)」(W)
「次に何をすべきか(新しい状況への応用」(T)

を考えることで、職場の経験学習を促進すことができる。

特に、難しい言葉を使っていないところがよい。職場で応用してみてはどうだろうか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« わたしが与え... 「理」と「気」 »