goo

安閑無事

『比べず、とらわれず、生きる』の中で「安閑無事」という禅語が紹介されていた。

「昨日と同じ一日しか来ないと考えるのではなく、今日もまた昨日と同じ安らかな日が来てくれたことに感謝する。そんな気持ちをもちながら、今日という一日を懸命に生きていく。幸せとは何かと問われれば、まさに変わらぬ日々こそが幸せだという答えにたどり着くものです」(p.154)

あたりまえ」に思ってしまうことの中に「ありがたさ」がある。それに気づかされた。

出所:枡野俊明『比べず、とらわれず、生きる』PHP文庫

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 『比べず、と... 折りが良くて... »