無の遠隔サイキックヒーラー・松本宏一 氣療30年 

お客様の体験談と松本宏一からの発信

初めて個別遠隔を受けられた方の体験談 東京都・女性 2020年2月

2020-02-29 19:19:30 | 遠隔ヒーリング
○○ さま
本日、遠隔を送らせて頂きました。
脳や目、気管や肺に疲れなどの邪気が溜まっていましたので、浄化させて頂きました。(松本)

こんにちは

先日は遠隔、ありがとうございました。
新しく仕事を始め、思うように上手に働けず、悩んでしまったのですが、自分のできることをきちんとコツコツするよう、切り替えつつあります。
遠隔中は頭や気管に確かにエネルギーが届くのを感じました。
遠隔後は、深い眠りにつき、すっきりと目覚めました。
今度は直接 施術を受けてみたいなと思いました。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分の邪気にも鈍感になっていた事がわかって反省 千葉県・女性 2020年2月

2020-02-27 16:47:14 | 施術

こんばんは。
先日は大変お世話になりました。
自分の邪気にも鈍感になっていた事がわかって反省です。本当に気持ちが悪かったです。
家と人形の浄化、父への遠隔もありがとうございました。
今日人形を処分します。

今晩遠隔をお願いします。
昨日から体調が少し怪しいです。花粉のアレルギーと血流も悪い感じです。左側の腰も痛めてしまいました。整膚をしていますが、痛めた場所まであと少し…と言う感じです。
昨日は急に左肩がギューっと痛みましたが、手当てをすると治りました…
よろしくお願いします。

 
 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

股関節痛の方の体験談 千葉県・女性 2020年2月

2020-02-27 09:00:00 | 遠隔ヒーリング

松本様

先日は2日間の遠隔治療をありがとうございました。
お陰さまで金曜日の初出勤は滞りなく過ごすことが出来ました。
長くのんびりとした休みを過ごしていたので寝坊しないか心配でしたが、前夜は心地よく眠りに入り、初日の研修中も眠くなることもありませんでした。

また出勤の時、小走りすることが出来たことに驚きました!
普段は股関節の痛みがでないように歩行するときも気を付けていたので、急いで電車に乗ろうとしたときに小走りしていたことに自分でもびっくりしました。

まだ階段の昇降には痛みも出るので、焦らず無理をせずリハビリしていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

松本先生の施術や遠隔によって今までになく絶好調 千葉県・女性 2020年2月

2020-02-23 10:00:00 | 施術

私の魂の学びに関係しているのか、私はガンの人をサポートするといった事に余程ご縁があるようで、家では父母の闘病生活を支える役割を私は担っているし、私の職場でも同僚がガンになって先月から闘病と仕事を両立させるうえで私はサポートする立場にいて、今私は同時進行で爆弾3つを爆破させないように抱え込んでいて、どうゆう訳だかガンになる人は身勝手で頑固で我が強く自身の考えを正しいと申すばかりで人の話を聞をまず聞かないし、大病を抱え込むことで急激に体が後退して切れやすかったり頭もいつも通りには回らなくもなっているから私にはまったくもって厄介で手には負えないのだけど、私自身はこういった方々に世話になって助けられて生かされているからこそご縁があるのだと思えるので受け入れて最善を尽くそうと思います。

  さて、私の取り巻く環境はこれから職場では繁忙期を迎える事になり一見にして不利ではありますが、お陰様で私自身は松本先生の施術や遠隔にによって体は今までになく絶好調であるし、見えないもの(間とか、人とのつながり)も絶好調なので、私は不利な状況であるのに快適に難無く過ごす事ができるし、窮地に立たされても直ぐに切り返して反転させることも今の私にはさほど難しい事ではないのだと思えるので恐れることなくこの繁忙期を過ごしたいと思います。

 先生と奥様には感謝します。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

喘息の体験談 千葉県・女性 2020年2月

2020-02-18 09:28:35 | 施術

こんばんは
3日間の遠隔治療(本も)ありがとうございました。
駅まで15分歩いて通勤しているのですが、金曜日は途中小走りしている自分に驚きました。
駅の階段も駆け上がる事が出来、またまたびっくりです。
喘息で体調が悪いと息苦しく歩く速度も遅くなり、後ろから来た人に抜かれることも続いていたので、松本さんの治療のお陰と感謝しています。
まだ完全ではないし吸入薬も続けないとゼイゼイすることもあるのですが、、、

いつか吸入薬も卒業出来るように本で復習しながら整膚を続けていきたいと思います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

個人遠隔の体験談 千葉県・女性 2020年2月

2020-02-17 15:00:00 | 遠隔ヒーリング
個人遠隔を受けて頂き、ありがとうございます。
脳と三半規管、心臓と胃に邪気が溜まっていましたので、浄化させて頂きました。
松本
 
ありがとうございました。頭の中のもやもやがスッキリしました。胃の痛みも良くなリました。お世話になりました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

血小板が安定して、歯の治療ができた 愛知県・女性 2020年2月

2020-02-15 14:18:46 | 遠隔ヒーリング

こんにちは。

なかなか報告ができなくて申し訳ありませんでした。
母は昨年の11月頃に血小板が安定してているので歯の治療骨粗鬆症の治療の点滴をするのに必要)と入歯を作りました。やっと以前の母の顔に戻り、食欲もでてきました。
先日、寝たきりの父親が95歳で亡くなりました。
徐々に食事も水も取れなくなり、話すことも無く寝てばかりでした。
自宅にいても最後まで痛がったり、苦しむことも無かったので娘としては感謝しています遠隔のお陰かと)
 
引き続き母を宜しくお願いします。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

〈続〉2月2日記事「腎臓の機能が一月前の数値に戻った(肺腺癌)」について

2020-02-12 12:53:26 | 遠隔ヒーリング

松本先生
奥様

私が1月29日に送信しその後ブログに掲載した文章に腎臓値はCRP値(Ⅽ反応性蛋白、炎症や組織細胞が起こると増加する蛋白質)ではなくCre値(クレアチニン腎臓機能が低下すると値が高くなる)のことではないかとのブログを読んだ方よりご連絡をいただいた件ですが、
私が掲載用の文章を書く際に主治医の説明を思い出しながら後から検査詳細を見て書いたつもりであったのですが、再度母の1月21日に採取した検査詳細を確認したところ、CRP値は6.49、Cre値は6.68でしたので主治医の説明では腎臓の値が6と説明を受けていたので、その後ブログの文章を書く際に検査詳細を見て6の数値を探しましたのでその時に(正)Cre値の値を記載するところを(誤)CRP値の値を記載をしてしまったようです。
私の不注意により誤解を招く文章を送りご迷惑おかけしたことをお詫び申し上げると共に、私の間違いに気づきご連絡を下さいました事に深く感謝します。

 1月21日の主治医の説明では1月の14日検査の腎臓の値は4でその一週間後の21日の検査では6になってわずか1週間で値が2も上昇し上昇率も高く、値が8になれば意識がなくなる状態になるので意識があるにうちに(21日から一週間以内)会わせたい人にあわせるようにと主治医から説明を受けていたのでその期間中に遠方で暮らす孫を呼び、○○○にいる母の姉夫妻を母に会わせる為に私の兄と弟が会社を一日休んで千葉と○○○の二往復をおこない、その際に母には母の病状の事を伏せていたから急に親戚があつまったり簡単に会う事ができない母の姉夫妻に会う事によって母が自身の死が近い事に気付くのではないかと心配をしておりましたが心配をよそに、先に主治医が母にもう少ししたら自宅に帰れるといった事を母に話してくれていて、母は家に帰れる事を純粋に喜び、母の姉夫妻に会えた事を喜び、母のために子供達が必死で動く姿をみて喜び、28日の検査では腎臓の値が1になり、どうゆうわけだか腎臓の値が問題が起きる前の数値に戻りました。

 1月の8日に母は心筋梗塞をおこしていてその時に母は胸の痛みをうったえていて、それ以来週毎に病院に診察には訪れるものの、1月21日の診察で心筋梗塞に気付きましたので、その間に強いの癌の痛み止めの薬が処方されていて、母は胸の痛みの恐怖に怯えながら母が管理しきれない量薬を飲むので私が一回分を朝昼晩と袋詰めにしてみたら薬の数が合わなかったので薬の飲み方を母は間違えていたり母を観察していると食後に薬を飲むところが食事をとらずに薬を飲んでいたので、今回の一件は母の心臓機能が弱り血液循環が上手くいかないところに強力な痛み止め薬を飲む事によって、腎臓には血液がいかなくなり∔元々の抗がん剤の副作用や痛み止めの薬害の影響が重なった事で急激に腎臓機能が低下したのだと思います。

 母は体調が安定しお陰様で2月8日に退院して家に帰る事ができました。
土日は久ぶりに私達家族は母を交えて楽しく過ごすことができささやかな幸せを味わう事ができました。
 昨日10日に義理の姉が(主治医と同じ病院に勤め医師をサポートしている事務方をおこなっている)、主治医から受けた説明の場にも義理の姉も同席をしていたこともあり今回の間違い(CRP値)の件を姉に聞きながら、母の体の状態を検査詳細まじえたうえで義理の姉と今後の母の治療の方向性はどうなるのかといった話合いをいたしました。
 主治医からは、癌に効果のある薬は使い果たしていて、心臓の治療は体に負担がかかるので治療はできない、体全体の機能が低下しすぎて治療に耐えることができないといった説明を聞いているので、私の考えは1月の8日以降母は抗がん剤の飲み薬は飲まなくなっていて腎臓機能が改善するための治療のみで入院中は血圧の薬と胃薬を飲みストレスなく過ごす事で後退していた腎臓機能がもとにもどっり腎臓が回復すると体全体が回復していく事からリスクの高い治療をしない方が今の母の体には良いといった事を今回の入院で実感しましたので癌の進行は自然に任せる、今後は体に負担がかかる治療はしない事がベストだと私は考えておりました。
 義理の姉も検査詳細をみて抗がん剤を使いすぎた副作用で体全体の機能が低下しどこもかしこも悪いので体に負担がかかる治療をおこなうよりも、なにもしないほうがいいといった同じ意見でした。
 母は主治医の説明を直接受けていないので、まだ自身の死を受入れる事や現実の体の状況を受入れることができていないのと、これまで抗がん剤を使う事で寿命を延ばしてきた事もあり、治療をしないといった考えはうかばない様子が見受けられていて。
 次の診察日が17日にあるので母の様子をみつつ、それまでに家族間で考えをまとめたいと思います。

 私が今想像できる私の魂の学びでは私は母が肺腺癌になり母と共に闘病生活をおくることによって私は母を通して沢山の学びを得る事が出来ていますので、母の魂は学びのために生かされていて、それは最後は選択肢がなくなるところに追い込まれたギリギリ限界の不利な状況の中で幸せに生きるといった学びで、その為に使うものは、遠隔と少しの薬(今飲んでいる、血圧の薬や胃薬)のみでどこまでやれるかといった事なのだと想像できていて、肺腺癌ステージ4でなにもしなければ余命4ヶ月と医師から宣告されてから5年を過ぎた長い闘病生活中にいくつもの危機的な状況を乗り越えていくうちに自然とこのいきに追い込まれてこの状況になったと感じております。

 お陰様で母の腎臓機能が復活して病院を退院することができ自宅に戻り母は美味しい物を食べて家族と楽しい時間を過ごしています。
1月の8日以降母は抗がん剤は使わなくなったので、以前の経験から薬を辞めると肺癌が進行して咳をするようになってもおかしくないのですが、まだ母から咳は出ていませんしまだ酸素ボンベも使っていません、今回母が入院して死んでしまってもおかしくない状況の中で腎臓機能が復活出来た要因を考えると遠隔∔入院中は腎臓機能を改善する治療のみで何もせずストレスなく過ごした事だと実感していますので、私達家族(父母私娘)は松本ご夫妻に縁し遠隔を受ける事によっては本来は不利な状況であるのにこれまで快適な闘病生活をおくる事ができ恵まれていて松本先生と奥様には感謝してもしきれません、ありがとうございます。

松本先生と奥様には感謝します。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2月2日記事「腎臓の機能が一月前の数値に戻った(肺腺癌)」について

2020-02-10 10:41:29 | 遠隔ヒーリング

遠隔ヒーリングのお客様でブログ愛読者の方から、下記メールを頂き、ブログ記事を書かれた方に確認したところ、ご指摘の通りでしたので、ブログ記事を訂正させて頂きました。

松本さま

こんにちは。○○の○○です。

老婆心ながら,2月2日ご掲載の体験談ブログ「腎臓の機能が一月前の数値に戻った」に関しまして,文脈から,炎症反応 CRP ではなく, クレアチニン( Cr もしくは CRE )のことだと思います。
腎不全で血管に炎症があれば CRP は上昇しますので,こちらも基準値より高いのでしょう。
ご本人もご家族も大変な状況でしょうから,あまり言ってもとは思いますが,早く穏やかに過ごされるよう祈るばかりです。

訂正させて頂いた記事

腎臓の機能が一月前の数値に戻った(肺腺癌) 千葉県・女性 2020年1月


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遠隔治療の間に面接に行った会社から、採用の連絡をもらうことができた 千葉県・女性 2020年2月

2020-02-04 10:00:00 | 遠隔ヒーリング

松本さん

お世話になっております。
○○の○○○○です。

お陰さまで先日の3日間の遠隔治療の間に面接に行った会社から、採用の連絡をもらうことができました。

‘いい人’との出会いは気の流れを良くすることが大切と伺って、遠隔治療でもその気の流れを良くしていただいたお陰だと感謝しています。
ありがとうございました。

採用が決まった会社はとても働きやすそうな印象を受けました。面接された方々も優しそうな方たちでした。
2/○○から出社となります。
少しでも早く役に立てるように精一杯頑張って働きたいと思っています。
また今後ともどうぞよろしくお願い致します。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

腎臓の機能が一月前の数値に戻った(肺腺癌) 千葉県・女性 2020年1月

2020-02-02 17:00:00 | 遠隔ヒーリング

遠隔を送って頂きありがとうございます。

母が入院をしてから一週間がたちますが、医者には腎臓の機能が低下(Cr値6.49)をして値が8になれば意識がなくなるレベルであと一週間ぐらいでそうなると思うので意識のあるうちに会わせたい人に会わせるようにと言われておりましたので、今週一週間は○○○に母の姉がいて姉夫妻を招いたり親戚を呼ぶといった事をいたしましたが、皆がいっせいに母にお見舞いに来たり、主治医にもう少ししたら家に帰ることもできると言われた事が余程嬉しかったようで、母に大量にアドレナリンでもでたのかおかしな事がおこって、血液検査をしたところ腎臓の機能が一月前の数値(Cr値1)に戻り、普通一度悪くなると元には戻らないものが戻ったそうで主治医が驚いていました。
母は腎臓が良くなっても予断を許さない状況は変わる事はありませんが、私が見る限りどうゆう訳だか母は顔色がよく、食欲もあり、最後の状況には思えない元気なところがあって不思議な感覚を味わっております、この状況は遠隔の効果が出ているのだと思います。
そういった事で今週は泣いたり笑ったりが激しい一週間でした。

先生と奥様には感謝します。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土地の浄化についての感想 群馬県・女性 2020年1月

2020-02-02 10:00:00 | 遠隔ヒーリング
土地の浄化についての感想が書けましたので目を通して頂ければ幸いですm(__)m
※感想は下の方に書いてあります
 
そして松本先生の新しくなったHPを見ながら感想を書いている最中に突然閃きました!
今まで浄化して頂いていたり、気になっていた場所が昭和22年9月に起きたカスリーン台風という大災害をもたらした台風の被害地ばかりでした。1番亡くなられた方が多かった地域が私の住む地域だったようです。(○○○○○ちゃんのご先祖様が開祖した妻沼聖天山のある熊谷市も3番目に被害が大きかった場所らしく、ほかにも栃木県の足利市に導かれるような感覚を感じていて近々こちらも写真を撮りに行こうと思っていたのですが、その足利市は2番目に大きな被害があった場所だったそうです)
 
元々、方向音痴で運転が得意ではないので自ら率先して県外に運転して行くことはなかったのですが、熊谷と足利だけは導かれるように行くことがあったので不思議なものです。
 
改めてまた色々調べて浄化して頂くかと思いますが、よろしくお願い致しますm(__)m
 
【こちらが感想になります】↓↓↓
....................................................................

松本先生、いつもお世話になっております。

 

自宅のラップ音現象がひどく、松本先生に自宅の浄化をお願いしたところ、土地自体が良くない、過去に洪水かなにかあったのではと言われ調べてみたところ、本当に過去に大洪水があり沢山の方が亡くなった地域だったようです。

改めて自宅近くの地域周辺を思い返すと、妙に事故が多発する場所や、心霊現象が起きると耳にするような場所ばかりでした。

それ以来、気になる場所をたびたび松本先生に浄化をお願いしていたのですが、その場所にまつわる不思議なシンクロが多発してとても驚いています。

 

土地の浄化による好転反応が大きかったのか自律神経が乱れ、体調を崩してしまったりもしたのですが、その時に周りの人間関係の本質が見えたり、ふるい分けが出来たりして、自分にとってかえって良い変化だったなとひしひしと感じております(^^)

 

松本先生のヒーリングパワーは名前が付けられないもの、付けてはいけないものと仰っていますが、同じく言葉にはできないこと、言葉では説明できないようなことがあるんですね。。。(^^)

 

少し修正です。

........................................................................

今まで浄化して頂いていたり、気になっていた場所が昭和22年9月に起きたカスリーン台風という大災害をもたらした台風の被害地ばかりでした。1番亡くなられた方が多かった地域が私の住む地域だったようです。
 
【追記】
※群馬県の中でも特に私の自宅近くの荒砥川の氾濫と隣町の大胡町の土砂崩れによる死者が1番多かったそうです。
松本先生に荒砥川周辺と大胡町の数カ所ピンポイントで浄化をお願いしていたのがまたまた驚きでした。。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする