ゴビンダヒーリング

お客様の体験談とヨギヒーラー・ゴビンダ(松本宏一)のコメントを掲載しています

身一つで、心地良さにひたるだけですべてが癒されます

2020-02-08 13:45:15 | 整膚を広めるためにも

何十年の探求の中で、健康食品、サプリメント依存症の方々、自然食などの食依存症の方々、漢方薬も含めた薬依存症の方々をたくさん見てきました。

一見、食にこだわることは良いことのように思われがちですが、白砂糖や肉を絶対食べないでいる食の先生が、砂糖入りの小さなお菓子を出したら、それを食べた途端、目に来たと大騒ぎをしていました。

アメリカでマクロビを広げた食の大家の先生のご子息は、陰性といわれるリンゴを食べただけで亡くなってしまったとお聞きしています。

結局、体がそのような状態になってしまっているわけです。

肉を食べればガンになるといった本がありますが、その著者の方はおそらくそうなるでしょう。

でも、世の中にはそうじゃない人がたくさんいます。

今回の感染症でクルーズ船に閉じ込められた方々の多くが、薬を常用しているとのことです。その薬がなかったら健康を保てないと思い込んでいるようですが、医原病といって、漢方も含めたすべての薬には副作用があるため、それでまた新たな病気や症状を作っているとのことです。

健康食品、サプリメントも、それがなかったら健康になれないこともおかしいですが、過剰な栄養素で内臓を酷使することになります。

少しくらい足りない栄養素があっても、アルコールや添加物などの多少の毒をとっても、分解、消化、排出できるような内臓づくりが絶対に必要です。

そして、多くの人々は、ストレスによって内臓が固くなっているため、そこに余分な栄養素や薬等々を入れれば、どういうことになるでしょうか。

また、カロリーや栄養素を計算したりしても、人間はロボットや機械ではないので、必ず間違いが生じるばかりでなく、体に良いからといっても、美味しくもないものを食べることほど病気に繋がることは、整膚の徐堅先生もおっしゃっています。

スーパーボランティアの尾畠さんも全く同じことをおっしゃっています。

健康になるための運動も全く同じで、やたら回数や時間や形にばかりとらわれて、筋肉貯金などといって頭でっかちに頭脳偏重で、マニュアル人間になるほど、健康や幸せから遠のきます。

整膚の徐堅先生の言葉を借りれば、食べたい時に食べたいものを食べたいだけ食べ、動きたい時に動きたいように動きたいだけ動く、寝たい時に寝たいだけ眠ることが最高の健康に繋がるとおっしゃっていますが、現代人は全くこれから遠のいているため、健康になろうとして一時良くなっても、さらに健康から遠のくようなことをやっています。

ホットヨガなどは水泳と同じく、地球環境に大きな負担をかけていますが、普通のヨガもポーズや呼吸法にこだわったりして体に負担をかけています。

私は若い頃から早死にされたヨガの大家の先生方をたくさん見聞してきました。これからも5年、10年先くらいの間には、今ちょっと有名な運動や体操やヨガの先生方々が脳や心臓のご病気で倒れられることが起きる可能性があります。

なぜかと申しますと、私は画面や写真からだけでなく、それらがなくても、手のひらで感知判別できるからです。

ゴビンダヒーリングの心地良さにひたるだけで、心と体と魂のすべてに癒しが起きます。途中、痛みが出たりするような好転反応もありますが、結果、癒やされます。

先日も、ある障害者施設で働いている人が花壇で足を滑らせ、背中と腰を強打したと突然来られましたが、すぐにその痛みはなくなり、お腹の不調もあったので手当をしていたら、「先生、何これ?何これ?」と言って騒ぎ出しました。

お腹がふくらみ、それが喉のほうに移動していき、何回かの咳で何かが出て行きました。途中、うっ~とのけぞりながら、多少苦しそうでしたが、口から何かが出た後、スッキリされたそうです。

ほんの数分の出来事です。エクソシストかエイリアンの映画のようでもありました。

このような、いわゆる浄霊現象は、もっとはるかに強烈な現象も、私、ゴビンダの施術では以前から度々起き続けています。

皆さん、ありがとう、ありがとうと言って感謝されますが、中には意味もなく、その方がわからないのに涙が出てしょうがなくなったり、嗚咽されるような方々もいらっしゃいます。

過去の古い心のトラウマや肉体的な傷が治っていたはずなのに、一時的に痛み出し、その後、癒されるケースも日常茶飯事です。

このようなゴビンダヒーリングの施術では、私はただ手を置くか、かざすだけで、治そうとか、良くしようとかいった意識は全くなく、クールなほど中立を保っています。ただ観察し続けるだけです。

そして、人間関係もすべて良くしようとか一切思うことなく、ゴビンダヒーリングで感じていた心地良さと同じように心地良いものに自然に勝手になっていくんです。

※下記の記事をご参照ください。
「インフルエンザ」のブログ記事

(ゴビンダ)


この記事についてブログを書く
« 身一つでな~んにもいらない... | トップ | 2月2日記事「腎臓の機能が一... »
最新の画像もっと見る

整膚を広めるためにも」カテゴリの最新記事