松本宏一のハンドパワーヒーリング

お客様の体験談を掲載しています

スッキリとしたさわやかな心が一番大切

2019-08-10 11:15:40 | どれだけ真剣に健康問題に取り組んでいるかが問われる

ということが、50数年トコトン徹底的にやってやってやり抜いてきた健康と幸せの探求と実践で得た結論です。

私はスピリチュアル精神世界に傾倒してきた人をたくさんみてきて、1人もこのような心の状態になった人をみたことがありません。

そればかりか、人の知らないことを知っているのよとか、できるのよとか、わかるのよとか、見えるのよとかいった特別意識が出て、エゴが肥大している人をたくさんみてきました。

以前、私のブログにも不思議写真をたくさん載せました。今、ちまたでも似たような写真があふれかえっています。そして、神社仏閣に参拝してご利益があったような体験談があります。

一言でいうと、不思議写真が撮れたからといって、それが何になるんですか。

ご利益があったってたかが知れているし、それが何になるんですか。

様々な精神世界スピリチュアルの話をいくら聞いても、結局、それが何になるんですかといったようなことが結論です。

例えば、肩こり一つとっても、整膚では手軽に誰でも緩和できるのに、そういった世界の機械や道具では取れなかったりします。

食で健康になるといって、随分と実践探求してきました。20代始めに森下敬一先生のフードコンサルタントになったり、牧内泰道先生には個人的に少しお付き合いさせて頂きました。

お二人とも喫煙をしているということは、ストレスがあるということです。

牧内先生は30代でガンになられ、70代で亡くなるまでガンがあったそうです。今の私が施術していれば消えたと思います。

食の大家の先生が自らストレスがありますよと示してくれました。

先日の(株)玄米酵素の食の教室で、イネは命の根っこという意味だと教わりました。命は体そのものであり、肉体はそのまま命そのものです。

肉体の状態、例えば、腸がスッキリすることで、脳がスッキリとして、心がスッキリとさわやかになれることを(株)玄米酵素の新商品を2、3日試したことでもわかりました。

私は20数年間氣功を指導してきて、また、他の大家の先生方の学校の生徒達を見てきても、氣功が本物であるほど、プロでできるようになる人がいないことがわかりました。

それにはいくつかの理由があります。

一例として、腸を含めた内臓がスッキリとしていないがために、氣功によるボーッとしたり、ねむだるくなるような好転反応が出て、人に施術すれば、それが尚更大変になるということです。

それを邪気が移ったように勘違いしている人もいます。

もう一例は、ご自分の心が汚れている人ほど、本物の氣功ができないということがはっきりと確実にわかりました。

特にパワーアップにパワーアップをし続けている、私、松本宏一のハンドパワーヒーリングでは、如実にはっきりと結果が出ます。

私も元々持っている弱い面がくっきりとはっきりと出るために、自分の腸の状態やらが何に関係しているかということもわかりますし、そして、何が必要かということで、玄米酵素ということになりました。

人は歩き方一つとっても、心の状態がわかります。チマチマした狭~い、堅苦しい、みみっちく、セコイ心の人が今増えています。

逆に、堂々とした歩き方の人もいますが、歩幅がどうのこうのだけでは判断できないということは、京アニ放火殺人事件の犯人の歩く姿が堂々と大股で歩いているのを見てもわかります。

また、以前障害者施設を襲い、多数の命を奪った犯人は素晴らしくスゴイ龍神の絵を描いていました。そして、自分は特別な存在だと強く思っていたそうです。

与えられた命そのものである肉体、体そのものに正しい快とゆるみを常に与え続けていくことで、はじめて心が強く明るく大らかになり続け、穏やかになれます。

私は元々大爆発しそうな狂気ともいえるようなエネルギーを伴った爆弾を心に抱えていますが、私、松本宏一のハンドパワーヒーリングと整膚と脱力で心は穏やかになりながら、玄米酵素で腸がスッキリすることで、さらに心がスッキリとさやわかになってきています。

これこそが、誰でもなれる本当の本物の健康と幸せであるという決定的な結論が出ました。

以下の記事もご参照ください。

玄米酵素とハンドパワーと整膚

好転反応はパワーアップ、浄化反応であり、強力なデトックス

信じないで感じてみる、やり続けてみる、ありのままをみてみる

心がきれいになるほど幸せになれる

人類意識の向上をめざして

なぜ整膚なのか〈改訂版〉

正しい手当と整膚の普及が必要〈改訂版〉


この記事についてブログを書く
« 家系図の浄化 千葉県・女性 ... | トップ | 人体は化学物質漬け、人類へ... »
最近の画像もっと見る

どれだけ真剣に健康問題に取り組んでいるかが問われる」カテゴリの最新記事