超能力療法・松本宏一 氣療30年 

お客様の体験談と松本宏一からの発信

精神的にも肉体的にも今が一番でこの上なく幸せであります 千葉県・女性 2022年8月

2022-08-21 13:58:04 | 施術
ライオンズゲートとは検索によると毎年一定の期間に獅子座のエネルギーと太陽のエネルギーが重なる事で地球上にパワフルなエネルギーが降り注ぐといわれています、スピリチュアル的には物質次元と霊界をつなぐ扉が開き高次のエネルギーが降り注ぐ事で影響を受けて様々な変化を促すとされています。

 前回の施術では丁度お盆の時期でもあったので私の施術と併せて先祖等の供養(浄化)をお願いするため,昨年亡くなった父母の名前と生年月日+先祖代々+お世話になった方が最近亡くなっていたのでその方の名前を紙に書いてファイルに綴じてに持参をしたのですが、そのファイルを松本先生に見せたとたんに(先生にはどんな風に見えていたのでしょうか?)何かに衝撃を受けた様子をみせて邪気であると、また先生からライオンズゲートの影響により先生自身がエネルギーの感度が高まっていると片言の話をかわして、施術が始まる前からいつもとは違う先生の反応や様子であったり、これから始まる施術に先生が身構えて臨んでいるように思えたので時に私は問題児であるから何か先生の手を焼かすものを持参したり同伴している(憑依)などと自身がやらかしてしまったかもしれないと考えを巡らせなから施術が始じまりました。
 施術が終わると予想に反して先生の反応は悪くはないものとなりました。施術後の先生の説明では持参したファイルについてはそれほど手を焼く事もなく浄化をして、施術中にはいくつもの神仏がゆきかい良きものが私に憑くようになってきていると、また私は一人で生きているようでいてそういったものに生かされているのだとそんな話をしてくださいました。今までにない良い反応でした。

 施術前の一週間は7月の後半あたりから続いている頭痛や倦怠感の影響で頭が回らず注意力が散漫しあわせて腰が抜けて体を動かす度に痛みもあったので思うように体が動かず職場では一つ何かをやると何かを忘れたりで同僚にフォローしてもらう事が増えてやり過ごすしかなかったのですが、運よく週中からお盆休みが始まったので、休み中は家でゴロゴロとしながらよく眠り、気が向けば読書をして、20分ほど読書をすると眠くなるので虚ろの中で同じところを何度か繰返して読んでしまったり所どころ飛ばして読んでまたもとにもどるいった感じで読書は進まなかった。

 ライオンズゲートについては先生から聞いたのが初めてで、私には過去に知人を通してお盆の時期は霊界とつながりやすくなると聞いた事がある程度の知識しかなかったので施術後に検索かけて調べる事になったのですが、休み中に虚ろの中で繰り返し読んだ本の冒頭から20ページぐらいまでのところが運よく波動上昇の仕組みの内容だったので施術時の感度が高まった先生のご様子が本の内容そのものに思えたので「波動上昇に関係があるのですか?」と私から先生に言葉をかける事になったのです。
 私の過去を振り返ってみると、昨年の同時期には先祖の大浄化が起こり次の週には身内に救急搬送してもらう騒動を起こしましたし(体験談あり)、今年も予約したの時間に寝過ごすいった失態を起こして(体験談あり)、家で眠るかゴロゴロと過ごす盆休みを二年連続で過ごす事にもなりライオンズゲートが全ての要因ではないけれど、私自身のエネルギーの感度も以前よりも高まっていていくつかの要因が重なると騒動を起こしてしまう現実を認識して気を付けて過ごすしかないのだと改めて思いました。

 さて、ライオンズゲート期間中に私の中でヒットした気になるキーワード2つあり、一つは波動上昇の仕組みの話、二つ目はエネルギー使い方の仕組みの話なのですが、

 一つ目、今回繰り返し読んだ本の冒頭から20ページまでの波動上昇の話の内容はだいぶ端折りましたが下記のような内容が書かれていて
ー---------------------------------
 地球が高次元へ波動上昇し幽界と冥界の否定的なエネルギーが減少するとゆうことは良い事ではあるけども、幽界・冥界にある否定的なエネルギーが減少する際には一度地球に降りてきてから消滅するので、現在地球上には高濃度の否定的エネルギーがあふれかえりそれ等は消滅を避けるために生き残りをかけて宿主となる人間に憑依する状況であり、この状況はこれから何十年と続きます。
 波動上昇は地球が物質次元から非物質化され人間の体も非物質化される事でエネルギーの感度が高まり高次領域からの恩恵を受けやすくなると同時にこれまで以上に良くない波動の影響を受ける事にもなるので、この変化は手放しで喜べるものではなく、波動上昇が進むにつれて高次の恩恵を受けられる人と幽界・冥界の否定的エネルギーを受け続ける人と明確に二極に分かれて、幽界と冥界のエネルギー最終的には消滅するので幽界・冥界の否定的エネルギーを受け続ける人も消滅します。
 二極の分岐点のキーはエネルギー対策になり、エネルギー対策には2つあり、邪気を浄化させる事と邪気を受けない(又は留めない)ようにさせる
ー--------------------------------
 以前に読んでいた本だったので理解をしていたつもりではありましたが、今回改めて読む事で私には理解が足りていなかった部分があり、それは三次元から非物質化され感覚的な世界にかわってゆくとゆうことで、5感を通して感じる事が大事であり、今回起きた出来事を五感を通して実感してみて理屈と照らし合わせるといったことも大事で理解も深まりました。

 魂の学びで人はなぜ地球に生まれてくるの?であるとか何を学ぶのですか?といった事の裏を返して問いてみると物質次元の地球を選択し生まれてきているため、物質である肉体(五感)をとおして魂が様々な快と不快を感じる(経験する)事であり、またこれを三次元に反映させてゆく事であります。

 二つ目、スピリチュアルでは今この瞬間を生きるといった話がでてくることがあるのですがその話にも似ていて、エネルギー仕組みは自身を通して今感じているエネルギーが未来をつくっています、今快を感じていれば快の未来がやってくる、今不快を感じていれば不快の未来がやってくる、エネルギーの種類は自身のもつ感覚であるから様々あり、三次元の反映にはタイムラグと質量の問題があり反映させるだけのエネルギー量も必要とされます、希望する未来があるなら希望する未来に近い感覚のエネルギー充電して行動を起こすと希望する未来がやってくる、だから不快を感じた時には仕切り直す、不快に原因があって解決できることなら解決する、快を感じて行動を起こして上手くいかない場合にはエネルギーの種類が違っていたり量の不足かもしれないの見直しをはかってやり直す、病気の時はエネルギーを充電しない、そんな話であります

 今回ヒットした気になるキーワードは感覚が大事で物質次元でどう反映させればよいかのとゆう事で、理屈ばかりを追うのではなく、自身の感覚を拾えるよう実践していきたいと思います
 
精神的にも肉体的にも今が一番でこの上なく幸せであります

松本先生ご夫妻に感謝します。
 
 
【松本宏一のコメント】
この方の書かれているように、邪気の浄化ができる人とできない人がいるようで、邪気を浄化せずにいることで落ちていくようです。
 
よくカルマ解消とか聞きますが、カルマが解消された場合はどこを見て判断できるのでしょうか。
 
私のように生まれつきの症状や病気が治ったり、かなり緩和されない限り、カルマが解消できたとは言えないと思います。
 
このことは除霊や浄霊も全く同じで、80%以上の病気の原因が霊障ということですので、その病気が回復しない限り除霊や浄霊が成功して霊障がなくなったとはいえないと思います。
 
私、松本宏一は更なる確実に症状や病気を改善できる健康回復改善法を研究し続けています。
 
事実現実に健康に幸せになれることが一番大事なことです。
 
※Gチャクラのホームページ
https://www.ki-seifu-matsumoto.com/

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今日は今朝から身体に力が感... | トップ | コロナ疑いのご家族の体験談... »
最新の画像もっと見る

施術」カテゴリの最新記事