ゴビンダチャクラヒーリング

ヨギヒーラー・ゴビンダの記事とお客様の体験談を掲載しています

御縁を大切にする人に神仏のご加護と導きがある ゴビンダ

2021-05-29 13:03:14 | お知らせ

~御縁を大切にする人に神仏のご加護と導きがある~

だから、御縁を大切にしないで、神社参拝などに幾ら行っても、絶対に幸せになれません。

逆に、神社参拝などを一切せずに、家にも神棚などなく、神仏という言葉さえ頭にない人なのに、人との御縁を大切にしている人は、神仏のご加護と導きが起きている実例を長年私は見続けています。

どんなに高価で最高級の健康食品を摂ろうが、どんなに体に良いといわれている食べ物を摂取して、体に悪いものを絶対摂らなくても、ご縁を大切にしていない人は確実に病気になります。

また、病気が治りません。

病気が治らないだけでなく、絶対に幸せになれません。

どんなに健康に良いといわれているようなことをやろうが、どんなにすごい気やエネルギーをたくさん受け続けても、世界一有名な先生の元にいても、絶対に健康に幸せになれません。

これから、様々な精神世界スピリチュアル等々でいわれているような素晴らしヒーリングパワーを幾らやっても、受けても、御縁を大切にするといった昔からいわれているようなことを一切しなかったら、絶対に人間は健康に幸せになれません。

これからどんなに科学が発達しようが、医療が発達しようが、御縁を大切にするといった誰でもできることをないがしろにしていたら、絶対に人間は健康に幸せになれません。

御縁とは、先生と生徒、親や子、上司や部下等々の上下関係があっても、そういったものはすべて表面的なものであるため、それらに囚われずに、一つの生命体としての命そのものから見れば、すべて平等で、同じであるといったことを中心にした人間関係のことをいいます。

だから、私は嫌いな人がいない、生まれつきのお人好しです。

だから、こちらが一切他意はないのに、相手側が反感や嫉妬や自分の方が上なんだからといったような気持ちや態度を取られた場合は、御縁は一切成立しなくなります。

今は全くありませんが、以前の教室などで、こちとら下手に出ていればいい気になりやがって、なんてこともありました。

私は年下であろうが、何であろうが、時には敬語を使ったりして、一切合切差別をしませんから。

ある霊能者が霊障差別をしていましたが、私はどんなに強い霊障の人であっても、全く態度は変わりません。

大統領であろうが総理大臣であろうが、そんなもん一切関係ないんです。

気持ち悪いんです。

みんな忖度、忖度しまくって。

だから、そういった人間関係では、本当の本物の神仏のご加護と導きは全くない代わりに、悪霊のご加護と導きがあります。

ゲゲゲの鬼太郎なんかの漫画でも、神社にお願いに行ったら、そこに住む妖怪に取り憑かれたなんて話がありますが、こういった実例は本当にあるため、水木しげるさんもわかっていたんでしょう。

私は日夜、御縁のあった方々が必要最少限の労力で、最大の健康効果と幸せ効果が得れるようにと自分自身を実験台にして、自分自身が実体験したことをお伝えし続けています。

どんなに効果があるものでも、たくさんのお金がかかったり、やることが大変で何かを我慢しなかったらできないようなことではダメです。

どんなに忙しい人であっても、横着な人であっても、心が弱い人であっても、確実な効果が得れるようなものでないとダメなんです。

勤勉で生真面目な人ほど飲食や運動やサプリで健康になろうとしていますが、みんなが健康になれていないのは、お金がかかり過ぎたり、色々と大変だったりするからです。

健康産業はビジネスになっていますが、利害関係が中心になることで人との御縁をないがしろにしています。

だから、それが普通になるため、みんなが損得勘定で生きているために、頭の中、心の中が麻痺して、体が麻痺して、鈍感になるために、御縁といったエネルギーを感じることができなくなるために、結果として本当の本物の神仏のご加護と導きを得ることができなくなりつつある人々が、これはもう大変といったくらい激増し続けています。

御縁を大切にすることができない人は、私、松本が色々やっていることをまた変わったんだと言って来られなくなりますが、実際に来てみれば、私、松本がやっていることの中心の大半は以前と全く同じことであることがわかります。

極論をいえば、私は幼少時から一切変わらず、健康と幸せの探究をし続けています。
その中で、年月を重ねるほど、最高最強最良のメソッドになってきました。

昨日も、自分史上最高のサーフボードに出会ったおかげで、自分史上最高の波乗りができました。

ゴビンダチャクラヒーリングのホームページ
http
s://www.ki-seifu-matsumoto.com


この記事についてブログを書く
« 幸せになるための嗅覚(セン... | トップ | 自らを助けられない人を助け... »
最新の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事