氣50年 Gチャクラ

~氣の施術30年と整膚~
お客様の体験談と松本宏一の記事を掲載しています

体(命)の感覚を高めるほど幸せになれる 松本宏一

2021-10-13 13:01:39 | お知らせ

~体(命)の感覚を高めるほど幸せになれる~

高齢になるほど喉が渇いているとか、暑いとかいった感覚が衰えるために、暑いのにエアコンを使わずにいて熱中症になるとか言われていますが、若いうちから体(命)の感覚がもうすでに衰えている人達が多いです。

だから、整膚を教えても、まだ若いうちならまだしも、若くても問題があったり、もうすでにあちこち固まっていて、やり方がよくわからなくなっている人達が多いのに、質問が余りきません。

自分が何をどう感じて、何をどう思い、いかに行動するかが幸せの第一条件ですが、このことがもうすでに、若いうちから欠落してしまっている人が増えています。

だから、人類家畜化計画が進行しているようだと言えます。

私、先生がこう言っているから、ただそれに従うとか、世間一般ではみんながそうしているから、ただそれに従うとか、スマホを通じて完璧にそのシステムの中に組み込まれてしまっている人達も増えています。

このままいけば、AI化が進み、バーチャルが進み、脳だけの人間ができたり、後頭部に管を繋がれる装置が埋め込まれたり、もうすでにマイクロチップを埋め込んだりしている人も出てきています。

運動不足だから運動しないといけないといって、いけないといって、ジムやプールに通ったりして、ブロイラーが強制的に運動させられているように、一斉にランニングマシンで走らされたりしています。

何とも危ない世の中です。

管理栄養士なんて言って、食い物の管理までされても、ただそれに従おうとしている人は完全に心が家畜化されています。

運動は自らが自分がしたい時にすることで、運動する喜びを感じることができますが、もうすでに体を動かすことの喜びを感じられない、大変な不幸極まりない人々も激増しています。

精神疾患もこのことと深く関連しています。

だから、体を動かす喜びを感じられなくなってきたら、確実に何らかの病気の前ぶれと思ってよいです。

私が行っている人知を超えた氣の施術、遠隔を受けられると、心が非常に明るく前向きに活発になるため、体を動かしたくなります。

好転反応でねむだるくなることもありますが。

そして、身一つで体(命)一つで幸せを感じられることが増えてきます。

多くの人々が自分の体(命)以外の事、物、人で幸せになれるといった価値観を植え付けられ、洗脳されていること自体が人類家畜化計画の現われです。

何かを信じて、その通りに生きれば幸せになれるといった教えがあるのが、すべての宗教を含めた、すべての精神世界スピリチュアルです。

私どもの人知を超えた氣はこれらとは全く異にして、教えなど一切なく、そのため何かを強制したり、人を従わせたり、人の心を人為的作為的に操作コントロールすることが100%一切ありません。

そのため、ご自分で感じて、ご自分で考えて、ご自分で行動するしかありませんので、こちらからのお誘いはしておりません。

そして、ご自分の体(命)の感覚を高めていける人ほど、幸せになれるんです。

Gチャクラ(ゴビンダチャクラヒーリング)のホームページ
http
s://www.ki-seifu-matsumoto.com


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« まるで人類家畜化計画が進行... | トップ | 感じないことの最大の不幸が... »
最新の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事