松本宏一のハンドパワーヒーリング

お客様の体験談と松本宏一のコメントを掲載しています

「身一つで健康に幸せになれるんです」を読んで 東京都・整膚師 2019年10月

2019-10-15 13:16:06 | その他

こんにちは😊 先程、松本先生の新しくアップされたブログ読みました。 台風の被害は無かったんですね✨本当に良かったです❗️

ブログを読んで感じた事を書きます。 テレビの報道を見る度に「私達はこんなに物が必要なんだろうか?」といつも思います。 結局、泥に浸かった物は大量のゴミになります。大量のゴミを出すなら普段から少ない荷物で生活を楽しむ、、、という方法が良いのではないか?とこの頃凄く感じています。

私や主人の実家を片付ける度に大量の粗大ゴミを出す行為が自分の罪悪感になり気持ちの負担が大きいです💦(もちろん費用もです) 大量の家具や衣類や布団で誰が幸せになったんだろう?無理に組んだ住宅ローンで家族が笑顔になったんだろうか?とこの頃強く思います。 私達の親の世代は経済の高度成長時代だったので仕方が無かったのか、、、お金や物の代わりに家族で笑いあえた思い出がある方がずっと幸せだったんじゃないか?という気持ちが湧き上がって来ます。

松本先生の所に通い出してから何故か断捨離したくなりかなり家財を少なくしました。 住まいも家族3人で2Kの賃貸住宅です。以前は広い家が欲しいなぁ〜と思っていましたが今はこれで快適だと思うようになりました。 住まいが小さいと光熱費などのエネルギーも少なくて済みますし、余計な出費も何故か少なくなりました。

これからはシンプルな暮らしで人の為に整膚をしながら自分達も自然を楽しむ生き方をしたい✨と思っています😊 これも松本先生が教えて下さった事です✨
読んで下さるだけで嬉しいです😃 いつも本当にありがとうございます✨

 

去年トレーラーハウスを購入した時、仙台担当の方が「震災があっても、この地域は皆さんトレーラーハウスに興味がないようです」と言っていました。テレビで仮設住宅に入居したご婦人が以前はもっと大きな家に住んでいたのにと文句を言っていました。

原発は地元が潤うということで、おそらくたくさんの3.11の被災者の中には原発誘致に賛成されていた人も多いかと思われます。だから、東電だけを責めることはできないです。そして、今回の水害でも家をなくし、土地を追われ、そこに住めなくなる人もいると思います。私は仕事に人生をかけ、捧げていますので、隣町大原がふるさとであり、長男でもありますが、いざとなったらふるさとも捨てる覚悟はできています。これからは土地や家、地域への執着、住民エゴをなくさないと幸せになれない時代だと思われます。

この感想文を送って頂いた方は整膚によって愛を育むことができている方です。

人間は必要最低限の物とスペースがあれば、あとは何もなくても幸せになれます。それ以上の物やスペースを所有すれば必ず不幸になるといった現象がこれから皆さんがわかりやすい形でドンドン確実にあらわになり始めます。確実です。

「尿療法大全」という本で「つまらない偏見や恐れを捨てて、自分自身を本当に誠意をもって癒してあげる、気づかってあげる、愛してあげる。これが自分で自分を癒すという自力更生の、言葉の真の意味での第一歩なのだ。」とあります。

また、命の水大会の会長さんの佐久間先生は「尿療法普及活動とは無償の愛の実践です。尿療法を通して私は自分を愛すること、そして、他人を愛することを学びました。」とあります。

尿療法 命の水大会 https://www.inochinomizu.info/

人間の真の幸せとは、物や言葉などでは絶対実現不可能です。人間は体を通してでしか絶対に幸せになれませんが、体は命そのものであるため誰でも幸せになれます。私、松本宏一のハンドパワヒーリングと整膚と尿療法は習得すれば誰でも身一つで、自宅で毎日無料で続けられ、続けるほど幸せになれます。一番のカギは愛を育むことに尽きます。

HPを更新しましたので、お読みください。https://www.ki-seifu-matsumoto.com/

(松本宏一) 


この記事についてブログを書く
« ペットのネコちゃんの遠隔体... | トップ | グループ遠隔数回、膀胱炎の... »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事