ゴビンダヒーリング

お客様の体験談とヒーラー・ゴビンダ(松本宏一)のコメントを掲載しています

発想の違いが幸不幸の分かれ目 ゴビンダ

2020-09-26 13:47:59 | 氣を高め、体をゆるめるほど幸せになれることの再発見

健康に幸せにとはこれこれこうでなければならぬといったように、学校の勉強のような固まった発想をしている人が多いです。

しかし、そのほとんどが悲惨な不幸な末路を迎えます。

例えば、先日、2、3か所の病院からもらった薬を20種類飲んでいる方がお見えになりました。

その方のおっしゃっている幾つかの症状がどうも薬の副作用から来ていると感じたので、紹介者のご親類の方にパソコンで後日調べて頂きました。やはり、そのようだったようです。

当然、体はガチガチに固まっているため、脳も心もガッチガチなために、帰りに車中で、病院から出されている薬がなぜ悪いとおっしゃっていたそうです。

今回の新型コロナウィルスの蔓延で今までと全く違った生き方が必要な新しい世の中になるとおっしゃっている人がいますが、私どもはほぼ以前と全く同じような生活をし続けていて幸せが増えています。

それだけ世の中が勘違いした発想で不幸に悲惨な人生を送られている方々が多いことが見て取れます。

例えば、血流が良くなるということは、まわりから見た目には余りわからず、ご自身が実感することですが、これが一時的なものが多いです。

ヨガや筋トレやあらゆるスポーツは、やった直後は確かに血流が良くなりますが、その後、体が固まるために血流が悪くなるため、冷えを実感します。私は若い頃からその膨大な繰り返しをしてきました。

当然、整膚は血流改善の法則を謳っています。

体の奥から動かせるゆる体操は、創始者の高岡先生がおっしゃっていますが、波動運動であるということから、細かな振動のように小刻みに体をゆすって、ゆらして、ゆるめていくことで、心もゆるみ、人を許せるようになるそうです。

これが、ゆる体操のゆるの意味だということです。

ただし、私は整膚がなかったら、健康にもなれませんでしたし、さらにゆるめていくことができませんでした。

私もまだまだ自分の体を開発するところがたくさんありますが、日々取り組むことでの楽しさ、喜びはまた格別なものですよ。

だから、整膚やゆる体操を義務的に考えている方と、ついついやりたくなってやってしまうということでの効果の違いは、余りにも大きいです。

私は妻や息子も含めてですが、多くの方々を見てきて、自分の体への意識が余りにも弱く、そのためストレスを増やし、うっ憤不満が生じるような生き方をしてしまっていることがよくわかります。

実は、このようなこともあり、神秘の力・ゴビンダヒーリングパワーは、氣功と名乗っていた時の氣と同じく、前に出して言わない方がいいのではないかというくらい、以前から思っていたほどです。

氣功やヒーリングを含めたスピリチュアル精神世界に興味をお持ちの方ほど、神から授かったといってもよい、体(命)への意識が薄いために、それらを何年何十年やっても幸せになっていない姿を多々拝見しています。

敢えて言うならば、氣エネルギーが流れにくい体(命)のために、氣をパワーアップできないでいます。

ですから、理論武装するかのように体も鎧の如くガチガチ、パツンパツンに固まります。

外から見て一見やわらかそうでも、体の奥がガチッと固まったままです。

これでは当然、体の奥が血液などの体液の流れが悪くなるため、高齢になるほど様々な疾患が現れてきます。

ゆるめるといった発想がすべての人に必要なのに、人からゆるめてもらうだけで、自ら固める発想で固めています。

身を固めるといった言葉があるほど、皆さん、何でもガチガチに固まった心と体をつくっていくため、考え方、価値観、発想もガチガチに固まっていくため、いずれ超悲惨な不幸な事態を経験せざるを得なくなります。

このことは、宗教や霊能者等々が言っていることには全くないために、それらにかかわり、何年何十年やっても幸せになれない人々を私は何十年といった膨大な実践探究の中で見てきました。

私は自分の実践探究の中で発見した気づきを膨大に持っているため、多くの人々に事細かく詳細にお伝えすることができますので、是非ご連絡下さい。

60才を過ぎて、さ~、これからが更なる本質的な本番の実践探究の始まりだと、新たな発見を日々重ねています。

(ゴビンダ)
※ゴビンダヒーリングのホームページ

※ゆる体操 YURU EXERCISE


この記事についてブログを書く
« 「人は皆、誕生前からストレ... | トップ | 楽に楽しく気持ちよくを追求... »
最新の画像もっと見る

氣を高め、体をゆるめるほど幸せになれることの再発見」カテゴリの最新記事