アッパレじゃ!

大好物は舞台観劇♪ようござんすか?ようござんすね。”私見”バリバリ入りますっ!ネタばれアリアリ~。

ヤマトタケル 衝撃の祝幕

2012年06月15日 | 歌舞伎

福山雅治より
WOOO~!!有名芸能人の名前が祝幕(いわいまく)に!!

四代目市川猿之助九代目市川中車
ヤマトタケル本編の前に、2人の口上!

亀ちゃん…じゃなかった猿之助から”祝幕”の説明が。
中央にある隈取は、
初代猿翁「黒塚」「小鍛冶」「連獅子」、四代目段四郎「連獅子」、
八代目中車「火焔獅子」そしてNEW猿之助の「蜘蛛絲梓弦」「鬼揃紅葉狩」
なんと!これを合体させちゃったそうな。
福山雅治の発案なんだって!やるなぁ。

亀ちゃん…じゃなかった猿之助…。もうねぇ、呼び辛いわ(コラコラ)
お爺ちゃんが三代目段四郎で、曾お爺ちゃんが初代猿翁。
中車って味のあるエエ俳優やったんよね。
映画の『忠臣蔵 花の巻・雪の巻 』で吉良上野介。あの憎々しさったら!

挨拶が終って幕が降り、ついに祝幕のお目見えぇぇえ!!
これ、撮影していいの?ダメなんじぁ…ボ~っとしてたら、
どこからともなく蛍嬢のGOサインがっ。慌てて激写っっっ!!

隈取はどうなってんね~ん。…しぇぇぇえええ!!

これこそ伝統、これこそ歌舞伎、これこそ澤瀉屋!

もっと前で見たいっ。かぶりつきでっ。
嗚呼、ここは天井桟敷の3階席ぃぃ。

ド肝を抜くことをサラ~っとやっちゃう。
まだ舞台が始まったわけでもないのに、
もう劇場中が澤瀉屋カラーに染まるっ!!

あ、祝幕の前にいつもの幕が降りてきた…ぁ。
さぁ、いよいよヤマトタケルの開幕。
レポ書けるかなぁ…。

他の特番は全部見逃したんだけど(アホ!)
13日の『NEWS ZERO』(日本テレビ)はバッチリ。
隈取がパソコンの中で合体していく様子を観ちゃった!
「赤と青と黄色。DNAの色みたいだ」(by福山雅治)
アートディレクターとして亀ちゃんがお願いしたらしく、
ポスター撮影現場も映って…傾いてる!
「日常と非日常。秩序と無秩序の際にいるのが表現者」(by福山雅治)

澤瀉屋襲名披露 新橋演舞場
平成24年6月5日~29日
             7月4日~29日

歌舞伎美人

 つづき

また台風!しかもヤマトタケルで! 
(2012.6.23記)
襲名するということ (2012.6.20記)
ヤマトタケル 衝撃の祝幕 
(2012.6.15記) 
ヤマトタケルに魂抜かれたぁあああ!! (2012.6.14記)
澤瀉屋襲名披露 7月チケットも大旋風!! (2012.6.12記)
澤瀉屋襲名披露6月チケット大旋風!! (2012.5.12記)
ヤマトタケル2ヶ月連続!さらに猿之助8年ぶり復帰!さらにさらに… (2012.3.14記)
亀治郎が猿之助に!香川照之は歌舞伎俳優に! (2011.9.29記)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ヤマトタケルに魂抜かれたぁ... | トップ | ゆうひを探せ! スカイ・ステ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良かったですね (宮山)
2012-06-16 12:40:31
お祝い幕 テレビでは見ましたけど本物を見られて写真にとれたなんて本当にラッキーそれを見せてもらえる私もラッキー劇場行きは諦めていますけど どこかの局で中継してくれるといいんですけれどね・・・
ラッキー♪ (かしまし娘)
2012-06-17 09:38:01
宮山様
そうなんです。ラッキーでした♪
最前列で見上げてみたかったんですが、1階席では観られないので諦めました(涙)
これだけメディアで特番して注目を浴びているのですから、
NHKの中継があるのでは!という気がしてなりません。して欲しいなぁ。
Unknown (はぎお)
2012-06-17 19:40:50
こんにちは。
今後の飛躍を感じさせる、素敵なポスターだなぁ~と思っていましたが、「ZERO」を見て、デザインの奥底にある思いを感じ、ますます気に入りました。
ポスターといい、祝幕といい、今までに斬新!で、なおかつ歌舞伎を印象付けるものですね♪

改めて感じましたが、福山さんは亀ちゃん(でいいですよね?!)が悔しがるほどの才能溢れた人なんですね。

あ~公演見たいなぁ。
中継、ありますよね?!
前代未聞 (かしまし娘)
2012-06-18 11:11:18
はぎお様
凄いですよね。芸能人からの「祝幕」だけでもオッタマゲ!なのに、ポスターまで!!
あんなにマルチな人だとは思いませんでした。
亀ちゃん…じゃなくって猿之助と呼ばなくては…なかなか呼べない(大汗)
知り合いってのがね!またね!凄いです。

”中継”!!!NHKは演劇の放送に力を入れていませんが、伝統芸能の番組持ってるわけだし、
ここはひとつドド~ンと昼も夜も中継して欲しいですっっっ。
こんなエエもん、お江戸の人だけの体験じゃ勿体なさ過ぎです。是非全国へ!

コメントを投稿

歌舞伎」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事