アッパレじゃ!

大好物は舞台観劇♪ようござんすか?ようござんすね。”私見”バリバリ入りますっ!ネタばれアリアリ~。

宙組 仮面のロマネスク

2012年02月21日 | 宝塚歌劇

 

1997年の雪組公演
高嶺ふぶき×花總まり
スカステで観たのが今から3年前…。
なんちゅう甘美なぁぁあ。
再演して欲しいぃいいい。
そうしたら、なんとなんとっ
15年ぶりっっ
ゆうひ&すみ花カップルでぇぇ。
アヘアヘぇえ。

名古屋キター!!寒いぃぃ。
中日劇場って苦手ぇ。
エレベーターだからぁぁあ。
でも頑張るよっっ。
2012年2月10日(金) 
中日劇場 16列下手

宙組
ミュージカル
仮面のロマネスク
-ラクロ作「危険な関係」より-
脚本:柴田侑宏
演出:植田景子

主な配役
 ヴァルモン子爵/大空祐飛 
 メルトゥイユ公爵夫人/野々すみ花 
 トゥールベル夫人/藤咲えり 
 ダンスニー男爵/北翔海莉 

オープニングの音楽からして…
も~も~も~前のめりぃいい!!
寺田瀧雄の曲ってほんと~に、
心に染み入るぅぅうう♪

19世紀のフランス
互いの恋を冷ややかにみつめる
1人の男と1人の女。
獲物を見つけては、けしかけたり。
ゲームを楽しんでいるだけなのか、
それとも、相手へのあてつけなのか。

退廃ムード漂う社交界。
QOO~~!!
コスプレってるゆうひってぇぇえ♪
眩いぃぃいい♪
スーツ姿にもラリるんだけどさぁ、
クルクルクルリンな艶やかロン毛に
煌びやかな衣装をとっかえひっかえぇぇ。
見目麗しいぃぃ♪鼻血ブ~~~!!

すみ花ちゃんの美装を凝らした肩出しドレス。
色彩もステキぃぃいい♪
輪っかで大変だろうなぁ。
大人のムード満点な妖花にクラリ…♪

メルトゥイユ(野々すみ花)と
ヴァルモン(大空祐飛)の恋の悪巧み。
さて罠に嵌るのは…。

ジェルクール伯爵(悠未ひろ)の
堂々とした姿とお髭がカッチョイイ♪
加藤清正(by美しき生涯)の時もツボにきたもんなぁ。
ともちんはこの作品が初舞台なんだって!

熟女よりおこちゃまがお好みだとか。
自分好みにするのだとか。
そうして婚約したのが、セシル(すみれ乃麗

その初々しさにコロっとまいっちゃったのが
ダンスニー(北翔海莉
明るくって聡明なヤツ。
こんなみっちゃんも好きだぁぁああ♪
ヴァルモンから恋のいろはを教わってるよ~。
実はこれ、
ジェルクールに苦い思い出のあるメルトゥイユが
仕掛けたんだよね…。

そうして古城での誘惑ぅぅう。
ヴァルモンの獲物は…
法院長の奥方トゥールベル夫人(藤咲えり
スッシー(寿つかさ)がステキぃぃ♪

その旦那がいない隙を狙ってパクっとぉ。
食べたりしなぁい。
直ぐに自分の物にするなんてつまらない。
あちらから追いかけてくるように仕向けなければ。
ヴァルモンにとっては、そんなことちょちょいのちょ~い
な…はず…だ…たの…にぃぃ。アレ…。
そんなヴァルモンの心を、
敏感にキャッチするメルトゥイユぅ。

男はみ~んな貞女が好きなのね。
ゆうひさえもっ。チェ~~。
えりををものにしたらご褒美もらえるのにっ。
「わたし」
すみ花ちゃんがそう言ってたじゃんかぁ。
もぉお~。

ヴァルモンに後ろから抱きしめられて
首筋に接吻される…
身を捩じらせてその腕を払いのけるトゥールベル。
彼女の手を取って引き寄せるヴァルモン。
逃げては追う。追っては逃げる。
アヘアヘでござりまするぅ♪
ここ、ここ、ゆりちゃん(星奈優里)の時は
優雅だったのよぉ。
さすがに踊りの人だって思ったぁ♪

トゥールベルは高い山だけど
こっちは…
「ドアの鍵は掛けないで下さい」
「…え、ええ」
嗚呼ぁあ、落ちたよぉ、セシルぅ。
なんでも、セシルのおっかさんが、
トゥールベルにチクッたんだってさ、
ヴァルモンの良くない噂をぉ。
なもんで、その復讐ってわけで…。

社交界の華として
君臨しているメルトゥイユ夫人。
色恋の話にはと~んと疎いってポース。
ほんとはな~んでも知ってるのに。
まるで裏番(死語か!)じゃないかぁ。
やるなぁ。すみ花ちゃん。

ヴァルモンの従僕・アラゾン(凪七瑠海
え!とうこちゃん(安蘭けい)じゃないんだぁ。
当たり前ぇえ。
今回はこちらの召使にズ~ムイン
ロベール(十輝いりす
まさこぉ、これで宙組とはお別れなのねぇ。
ざびじいぃぃい
ヴィクトワール(純矢ちとせ
シャッキリしてるね、やっぱオトコマエぇぇえ。

群衆のダンスと歌で革命を!
舞踏会で社交界の華やかさを!
バッチリ見せちゃうっ。
これぞ柴田ワールドだぁあ♪
って思ったのは以前観たテレビで…。
今回は、中劇場で人数が少ないからなのか、
ググっとキャッチ出来なくって…。
やっぱり群衆をやらせたらアッパレな、
宙組アンサンブルを体感したかったぁ。
♪ヴィザを!ヴィザを!出してくれ♪(byカサブランカ

互いに惹かれながらも反目しあう
ヴァルモンとメルトゥイユ。
すみ花ちゃんはみっちゃんを誘惑し、
ゆうひはえりを手に入れ…。
それでもすみ花ちゃんの事が好きだから、
えりをポイっと捨てちゃう宣言。
でもゆうひの心を、
すみ花ちゃんはお見通しだぁぃ。

革命の動乱で離れ々になる夜、
仮面を外してやっと2人だけの舞踏会を…

♪あなたがいるから 苦しくて
 あなたがいるから 哀しくて
 あなたがいるから 恋しくて
 あなたがいるから 生きていられる♪

ラストの台詞が…
サヨナラ使用かと思ってしも~たぁ
ゆうひ「あなたがいたから生きていられた」
すみ花「楽しかったわ」
涙がポロリ…

それでも、
今ひとつ心にグッサリこなかったぁ。
すみ花ちゃんの台詞も走り気味で、
しょっと聞き取り難い時があったり…。
こなれてきたらスッキリするんだろうけど…。
「貴女は僕のただ一人の人だ」
ってヴァルモンの一言に
わたしぁズキュンとやられると思ってたのに…。
「そうっとしておいて。私たちの時間よ」
「もうしばらくで僕もお暇するよ」
「私の命も終わるのよ」
キュンキュン台詞がテンコ盛りなはずなのに
脳みそからダダ漏れしたみたいでぇ
記憶に無いしぃぃ。

それより何より、
もっとこ~官能的で濃厚な空気を
ドッバドッバ~と浴びて、
アップアップになる気満々で来たから、
ちょっと物足りない…ぃ
せっかくの豪華な衣装とセットなんだもの、
やっぱりナマオケで銀橋渡って
ドド~ンと本公演で演って欲しかったなぁ。
そうしたら通いまくったのにぃ。

今週は東宝に花組を観に行くんだけど、
きっとキャトルに舞台写真がっっ。
「ああ、いけません。買うなんて。そんなこと…
ヴァルモン様ぁ…およしになって…ああ」
……

つづく

asahi.com

中日劇場チケット ガビ~ン… (2011.11.15記)
宙組 中日劇場オンラインチケット (2011.11.29記)
ちょっくら名古屋へ (2012.2.9記)

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 新幹線から富士山を… | トップ | 宙組 Apasionado!!II »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も同じかも (くらのすけ)
2012-02-21 13:55:07
私は先週行って来ました名古屋。

取っ替え引っ替えの衣装には眼福眼福でした~内容も悪くはないんだけども…何でしょ?どっぷりとは嵌まらずじまいだったぁ。決してつまらないわけじゃなかったんですが。自分の好みの問題なんかなぁと思いました。

ショーは無心に楽しみました。ショーの記事は次ですかね?個人的にはメインの曲の群舞がよかった~気分ノリノリでした(笑)あと、まさこさんが祐飛さんの着替え手伝いしてるとこ。ゆひすみ最後の日までまさこさんに一緒の舞台にいてほしかった、ほんとに
う~む (かしまし娘)
2012-02-21 15:45:23
くらのすけ様
私の好みにはバッチリだったんですけど…。
甘美で耽美でビジュアル勝負って好きです♪
どっぷりハマルには回数と席番がイマイチだったのかも。
でもたった1回しか観ない人だって沢山いるのですから、
やはりここは一つ、大劇場でゴージャスにやって欲しかったなぁ(妄想中)

ショーのレポは明日UPの予定です。
大好きな作品なので、ズ~っとアヘアヘしてましたぁ(笑)
うやらましい! (moochy)
2012-02-21 17:26:30
妄想だけで鼻血が出そうです。
有給取ってでも行くべきでした。
ああ、無念…。
キャーッ♡ (まり子)
2012-02-21 20:58:38
レポ待ってました!
私は「What's Up宝塚」での小出し映像だけでもキュンキュンしてたので、
劇場へ行ってたらどうなっていたんだろうって思いました^^
名古屋だけの公演なんて、もったいないですーーー><
早くDVD、いえBDでの発売をして欲しいです!
行ってきました! (かしまし娘)
2012-02-22 12:35:25
moochy様
あ、ティッシュティッシュ(笑)
名古屋…土日限定…金銭面…etc
遠征って本当に大変ですもんね。
来年きっとスカステでOAされるだろうし…。
あ、DVD買って下さい。4/20発売です!(笑)
moochyさんのもとへ、ゆひすみが♪
キャ~キャ~!! (かしまし娘)
2012-02-22 12:35:57
まり子様
お待たせしました。ほんとに遅くってすみません。
しかもそんなにハイテンションじゃないし(苦笑)

名古屋だけの公演じゃぁほんとに勿体無いですっっ。
だからといってそのまま博多座に行かれても困りますが…。
ようは関東圏で演って欲しいってこどで(笑)

DVD出ますっ。4/20です。
キャトルに走ったり、通販でゲットとか…!!
もっと早く出ればいいのにねぇ。

コメントを投稿

宝塚歌劇」カテゴリの最新記事