つれづれ二人三脚3

野鳥好きの夫婦です。気儘に身近な鳥を観察しています。

UF0の形のハンドパン

2019年06月11日 | 日記
中華鍋を二つ重ねた様な、まるでUFOの形をしたステンレス製の打楽器「ハンドパン」というのを初めて知りました。四国八十八ヶ所の霊場を巡りながら、立ち寄った先で演奏をしている倉石大資さんが友人のお店で未知の音を披露してくれました。

表面の窪みを指でたたくと神秘的な音が響きます。動画で御覧くださいね(^^♪







                               


軽食と飲み物を頂いた後で演奏に耳を傾けました。
演奏後はハンドパンの体験  上手く音が出るかな?



少しでも音が出ると嬉しい  楽しいひと時を過ごしました(*^_^*)


                              
                        庭に咲いているコエビソウ(小海老草) 
           

                                                                                                                        額紫陽花 & サルビア                                              
        


                     
ゆすら梅の実がたくさん生っていて、ヒヨドリが偶に来ている時があります。実が小さい割に種が大きく食べるのは面倒です(^^)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 林道にて | トップ | 林道にて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハンドパン奏で (旅好きおやじ)
2019-06-12 23:07:28
J&Mさん 行かれたんですね。
ハンドパンの演奏を聴きに。

初めて聞くメロディーと音色
ラトビアの珍しい楽器ですね。
体験の結果は如何でしたか。

新聞で経歴を見ましたが
自分に正直で
悔いのない人生を送れそうですね。

なかなかむつかしい事です。
人それぞれ (J&M)
2019-06-13 12:11:27
>旅好きおやじさん

今日は。
ハンドパンは野外とかで奏でるといいでしょうね~
神秘的な音色でした。

自由にたたいて少しは音が出ましたよ。
音が出ると楽しくて不思議な気分でした(^^)

生き方は人それぞれですが、意志を全う出来れば幸せですね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事