Attribute System

ジャンク奇行。 ときどき ラクガキ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マウスの修復。

2016-01-05 23:11:34 | Junk
 あけましておめでとうございます、ヌキヲです。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今回はPCマウスのを修理するお話しです、残念ながらマイクロマウスは出てきません。
ロボトレースでもう少しいい成績が出せたら、クラシックの方も取り組んでみようかな?
なんて考えてますが、まだまだ先の様子でございます。

話を元に戻して、
私のPCマウスもご想像にもれずジャンク品なのですが、
その時に一番困るのはチャタリングの問題です。
使ってるとどうにもクリックがおかしい、いや感触は普通なのにドラックできなかったり、
2回3回と連打したかのような反応だったり、皆さんも悩まされますよね?

私のメインマシンのマウスがこれまたジャンクの M705 でして、
この間チャタリングに悩まされました。
その際に秋葉原へ行って購入してきました、オムロンのマイクロスイッチ。

アマゾンなんかでも買えるみたいですが、せっかく秋葉原へ行けるので千石電商に寄りました。
そしたらあるある(汗
種類が多すぎてどれ選んだらいいか分からないくらいにたくさんありました。
そのほとんどがハンダ部分の端子形状とスイッチ部分のリードなどの違いみたいでした。

なので標準的な足でクリック部分にリード無いものを選んで、あとはクリック圧です。
実はマウスの分解・修復の記事ではほとんど出てこないのですが、
カタログなどにもクリック圧の記載があり、これによってクリック感がかなり違います。
私は次の二つを選びました。

・D2F-T (1.47N)
・D2F-F-T (0.74N)

N がクリック圧の単位なのですが詳しくは知りません。(ニュートン?)
ただし、この二つで倍も違うことが見て取れますね。
それぞれ10個ずつ購入しました。
マウス毎にどちらを付けるか選びます。
もとについてるスイッチと比べて、近い方を付けるといいと思います。


ところで年始の初売りでオフさんに行った際またジャンクに遭遇します。
M570 ってチャタリングで有名なトラックボールです。
結構安かったのですが、案の定チャタリングが激しくてそのままでは使えません。

M570


写真は早速マイクロスイッチを交換してきたものです。
もともとついてたのはメーカすら不明のカラフルな奴(奥に映ってます)。
ちなみに M705 も M570 も軽い方のマイクロスイッチでした。
親父殿が使ってる M305かな?は重い方のマイクロスイッチが合いましたし、
本当に設計次第なのですね。

M570


修理を終えた M570 さんの写真です。

Logicool さんはいいマウスも多いんですけど、チャタリング問題もちょっと多くない?
もうちょっと頑丈なマウスを作ってほしいものですが、
もしかしたら Logicool のマウスユーザはヘビーユーザが多いのかもしれませんね。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« iPod Touch に無線LANを設定... | トップ | わかる人向け MPLAB XC16 野... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Junk」カテゴリの最新記事