Attribute System

ジャンク奇行。 ときどき ラクガキ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日のお品。NX-B02

2017-02-20 00:01:10 | Junk
 こんばんはヌキヲです。
今回ご紹介するのは YAMAHA のデスクトップオーディオ NX-B02 です。

ヌキヲさんこの商品をゲットするのは2台目です。
売りは Bluetooth に対応していることと、ベロ型のバスレフですね。
発売時には Bluetooth がまだ流行ってなかったこともあってあまり売れなかったようです。
中古もあまり個体数がないので、リニューアル販売とかしてくれたらいいのにと思ってしまいます。

改善してほしい点はいくらかあるので、そこはよろしくって感じです。
まず、小さめのベロ型のバスレフが2つついていることです。
NX-A01 では大型一つでしたので、それを踏まえてさらに大きくしたものを一つ。
そしたら最低再生周波数がもう少し下がるのに。
現状では NX-A01 の時より小さくなってる?

これ、分解して分かったのですが、NX-B02 ではベロの周りにエッジがついていて
すでにパッシブラジエータになってますね。
音質の調整もナチュラルをモットーにしていてとても好感が持てるのですが、
いかんせん低音が物足りない。最近は強調してる製品が多いですからね。
ヤマハさんも最近の製品では強調してきてますよね。NX-50 とかです。
なのでもうちょっと、気持ちいいくらいまでは強調してもいいのかな?


さて、今回はハズレを引いてしまったみたいです。
ウリである BT がつながらないのです。てか電波が出てない。
ペアリング時に一覧に表示されないことと、ペアリング情報の削除ができないことで気づきました。
で、中古だったので返品してもよかったのですが、念願の分解をしてしまいました。
以下分解手順を記します。

NX-B02


まず底面のネジを6個取ります。

NX-B02


次に上面の化粧シールをはがします。
化粧シールは両面テープで貼ってあるので結構大変です。
また、両面テープをはがす際に塗料が剥げるので不可逆です。
おそらく修理でも使い捨てでしょう。
あとはドライヤーで温めながらはがすとかですかね?今回はやりませんでした。

はがしたらネジを4個取ります。

NX-B02


左右スピーカ部の化粧シールをはがします。
これも両面テープで、不可逆です。

はがしたらネジを4個ずつ取ります。
上面と底面は同じねじですが、左右とは長さが違いますので注意です。
長いほうが左右ですね。

NX-B02


あとはスピーカボックスをケースからスライドする感じで外します。
基板やケーブルもすべてスピーカボックスについてきますので楽ですね。

今回は、ケーブルをつなぎ直したりした程度では治りませんでした。
NX-A02 と同等の製品に成り下がってしまってショックです。あ、乾電池対応が違うか。
ところで、基板に USBコネクタ のパターンもありました。
おそらく NX-A02、NX-U02、NX-B02 で共通なのでしょう。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« バッテリーが買えないぞ!? | トップ | NT京都 2017 参加してきました。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Junk」カテゴリの最新記事