Attribute System

ジャンク奇行。 ときどき ラクガキ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日のお品。MX61

2014-06-23 06:39:11 | Junk
 おはようございます、ヌキヲです。
ついに買ってしまいました!
今日ご紹介するのは、YAMAHA のモバイルシンセサイザー MX61 です。

写真なくてごめんね、デカすぎていつものセットで撮れないorz

実はヌキヲさん、なんちゃって DTM もしているのですが、
(さらに実は、上げてるロボットの動画なんかは自分で作曲してます)
今まで使ってた音源 YAMAHA SW1000XG のドライバが XP までしか対応してないのですね。
むしろ、もともと90年代の代物なので XP まで対応していることの方が頑張った気がします。

いやまぁ、Windows7 でも無理やり突っ込めば 32bit 限定で動くらしいのですが、
フルハイトPCI の挿さる Winodws7 マシンも持ってないしってことで、代替音源を考えていました。

そんな折、中古で出物を発見!
思わず飛びついてしまいました。
実は同じくらいの値段で MOTIF-RACK ES も売っているので
音源だけで比べると微妙なのですが、キーボードも欲しかったのでこっちにしました。
MX49 MX61 は XF 世代のサブセット音源なので ES だと 2世代 昔の音源ってことになります。
※ MOTIF XS 世代のサブセットらしいです 2014.07.01 追記


では、使ってみた感想行ってみたいと思います。

音色、音質は文句なく良かったです。
スタンドアロンの使い勝手もも文句ないです。
音色が選びやすいのが何と言ってもいいです。
ですが、DAW 連携が糞と言っていいほど使えませんでした。

とりあえず、バンドルもされている Cubase シリーズは
VoiceList 定義が公開されているのでマシでしたが、
そのほかは音色選択からして絶望的です。
Drumset の ノートと楽器のマップなんかは頭痛くなりそうです。


私はずっと SONAR 派です。
ホントは SONAR の前の Cakewalk HomeStudio 7 からのユーザです。

なので SONAR から使えたら良かったのですが、
音色定義ファイルは当然公開されていません。
DataList マニュアルの一覧から読んで手動で入力しろってことですかね?

もっとも SONAR は MX49 MX61 の様なカテゴリ別の音色選択に対応していないので
従来通り、バンクセレクト+プログラムチェンジで選ぶ必要がありますが。


YAMAHA 純正のツールでソングファイルをロードした際に
音源の設定も同時にロードできる StudioManagerV2 というのがあります。
MOTIF シリーズでは重宝するのですが、MX49 MX61 は対応していません。
えー、MX49 MX61 も MOTIF シリーズでしょ??

似たようなソフトはありました、MoTools というものでシェアウェアです。
すべての機能なら 49ユーロ、ミキサーの機能(PerformanceEditor)だけなら 20ユーロ でした。
すぐ使えて楽ですが、正直バカくさいです。



このあたりで家族から名言をいただきました~
「ソフトがないなら作ればいいじゃない。」

・・・いや、まそうなのですが、
初心者プログラマに毛が生えたようなヌキヲさんになんてこと言ってくれたのでしょうww

というわけで情報収集していたら、なんとなくできそう?
な感じなので、これも勉強だしと思っていろいろ実験してみています。



MX61 を使っていて一番使えないと思うことは、
キーボードから音色を選んで DAW 側に反映されないこと!
これは切実で、MX49 MX61 のセールスポイントを思いっきり潰していると思いますよ。

せっかく自分でプログラムするなら、当然この機能もつけようと思いました。
で、MIDI メッセージのモニタープログラムを作って読んでみると・・・

あれ?ボタンを押しても・・・メッセージが来ない?

というわけで実現できません!
この、音色ボタン押したらバンクセレクトとプログラムチェンジを
セットで送信する設定を作ってもらえませんかね? > YAMAHAさん

一応、DAW=SONAR に設定して DAW REMOTE モードに入ると
DEC/NO INC/YES ボタンでプログラムチェンジだけは送られてきましたが、
ただ順番に信号が送られるだけで、MX49 MX61 の音色を選ぶようなものではありませんでした。
・・・これって何のために使うんだろう?


□2014.06.25 追記

朗報!他にも MX49 MX61 用のミキサーソフトがありました!

PSICRAFT 社の Vyro MX Performance Editor というソフトで、フリーです。
YAMAHA の MX シリーズの公式ページ にリンクがありました。

ダウンロードにはメールアドレスを入れる必要があります。
アンケートは必須ではないですが、せっかくなので答えておきました。


さっそく起動!
鍵盤やノブ、ボタンもありちょっと画面が大きく、字が小さいです。
もう少しコンパクトに作ってくれた方が有難かったですね。

やはり、キーボード側で音色選択をしても反映されません。
信号を出力してないのだから当然か。
一応 GET ボタンを押せば取得することはできます。



いやぁ、ありがたいです、自分で作らないで済みました。
でもこれって YAMAHA が作るべきものじゃない?
本来なら Studio Manager V2 が対応するものだと思います。


□2014.07.01 追記

早速ですが、一曲作ってみました。



Team Cannonball から出ているゲーム「かねもち」のキャラ、
ワン氏の曲を MX61 で作り直してみました。

が、正直まだまだ使いこなせてません。

これのために SoundCloud にも登録してしまいましたよ。
そのうちサントラとして全曲上げられたらいいな、なんて思ってます。
需要の方は全くないですけどね(笑


もし気になったらゲームの方もよろしくです。




2016.04.19 (tue) 追記。

音色定義を書いた記事はこちら。

2016.06.06 (mon) 追記。

MX4961 の音色について(どんな音が出るか)微妙に需要があるらしいのでもう一曲追加します。



皆さんが少しは知ってそうな曲ってことで エリア88 (SFC) の賞金稼ぎのステージです。
このゲームは音色は今で見れば寂しいですが、作曲が神ですね!時々聴いてます。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今日のお品。WZR-600DHP | トップ | 今日のお品。TRX-R01BT »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Junk」カテゴリの最新記事