Attribute System

ジャンク奇行。 ときどき ラクガキ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マスコミと報道と娯楽と。

2019-06-11 00:08:35 | Weblog
マスコミがなぜマスゴミと呼ばれるか考えていたところ、
本人たちの主張から私なりの真実が見えそうなことに気が付いたので記しておく。

曰く「視聴者が求めるから」

・・・それは本当に報道だろうか?
私の出した結論から言うと、娯楽なのではないかと思う。
果たして娯楽と化した報道に何の価値があるのだろうか?
でもそうか、確かに時代劇にも出てくる瓦版も娯楽の提供が発祥だったか。

事実に基づいて、大多数の視聴者が求めるだろう劇的な展開を描く。
やがてそれは世間一般の真実となるだろう。
そこに当事者達にとっての真実は関係ない。
所為ノンフィクション作品の完成である。


さらに恐ろしいことに、都合に合わせて事実まで添削する事があるのだ。

もう例えるなら、弱者を食い物にする悪徳商人だろう。
当事者の人生を棒に振らせると考えれば、人攫いや違法奴隷商人と何が違うのか。
当然、肉体ではなく、精神においての。

その報道の元になった加害者・被害者・両親族関係者の心情を思うと
憤懣やるかたないのは、もちろん私の偽善である。



さて、マスコミの盾に「言論の自由」というあまりにも有名な思想がある。
我が日本国においても憲法で保障されている人権の一種であることは周知の事実である。

だからと言ってその思想が完成されており完璧である、と考察・議論を放棄することは、
それこそがその他を含め、思想全体を貶める行為であり、
用法・解釈を研究することと同時に人類の命題であろう。

この思想は本来、歴史にある天動説・地動説の例のような、
事実につながる可能性のある少数意見を守るための盾であるべきである。
それは見逃し潰してしまえば人類の発展に不利益をもたらす可能性があるからである。

ではノンフィクション作家を守るためではどうか?
娯楽は人類に必要なもので、宝であることは誰でも概ね同意できるだろう。
ならば、ある作家の作品が少数意見だろうと多数意見だろうと保護されて当然だ。

しかし、その作品のネタになった人物の心情を傷つけてまで守られるべきものだろうか?

当事者達の慟哭を権利を振りかざして封じ込める、無意識に踏みにじる。
それは権利が矛になった瞬間だ。傷をつけ殺すものだからだ。
それがまかり通るのであれば、皆が矛を持ち、戦争が起こるのは必至であろう。
誰も彼も自分たちの生活のため、安寧のため必死になるはずだ。

ゆえに権利や思想は、決して矛にしてはならないと考えるのだ。


私はこの思想について、さほど考察が進んでないので大したことは延べられないが、
現在のマスコミの主張に違和感を感じている事については、共感してもらえるのではないか。



マスコミには、現代のネット社会における情報の拡散力について、
その与える責任と義務をもう少し考慮してほしいと思うのと同時に、
視聴者には、事実と真実について、他者に踊らされることなく
各自で考察する習慣を身に着けてほしいところでもある。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バッテリーが買えないぞ!?

2017-02-19 22:18:23 | Weblog
 こんばんはヌキヲです。
今回はラジコンやロボットの Lipo バッテリー購入について現状をまとめます。

日本で買えるバッテリーは高いか品ぞろえがあまりよくないため、
マイクロマウスなどをやっているクラスタの方々は、
まぁだいたい中国からの個人輸入を考えるのですが、
現在買えない状態が続いています。

昨年の11月くらいからでしょうか?
いつも使っている HobbyKing などでカートには入れられたものの、
「発送手段がない」と言って購入画面が先に進みません。
ちょっと前までは FedEx や DHL で発送できたのに、現在はそれもダメなようです。

1月に試しに Aliexpress でも試してみました。PostNL (オランダ郵便)を使うやつです。
中国の郵便はダメダメなのでオランダ経由で発送するっていうパターンですね。
結果は「郵便局にダメって言われたのでキャンセルしてくれ」だそうです。
さらに「2月にもう一回発送のチャレンジできなくもない、
郵便局から連絡があったらお知らせするよ」と言ってくれたのでお願いしたのですが、
2月の後半になっても連絡はありませんです。

で、他の方のブログなどを読んだところ、どうも日本の税関で止められるらしいですね。
あとちょっとで目的地に到着するのに、税関から送り返されてしまうようです。
それって、日本国内の陸路がダメってことでしょうか?
航空便や船便で OK だったのに陸路がダメってどういうことよ?

それの対策をした TNT発送 なるものが誕生しているようです。
一部のショップで使えますが、一回5~6千円取られます。
中国の安さの恩恵を全く受けられません。


というわけで、日本のラジコン・ロボット界は暗黒時代に入りました。
世界から取り残されてゆくわけです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブログ10周年!

2015-12-01 02:43:36 | Weblog
 こんばんはヌキヲです。
なんと、当ブログ AttributeSystem は 2015.11.18 をもって10周年とあいなりました~。

ドンドンパフパフ~!!

考えてみれば10年かぁ、長かったようであっという間でしたね。
アクセス数も閲覧数で17万、訪問数で9万を記録しており、
数字だけ見ればなかなかではないでしょうか?
それもこれも記事を読んでいただいている皆様のおかげです。
どうもありがとうございます。

開設から一度もお引越しをしておらず、ずーっと goo blog のままで来ました。
そういう意味で goo にも感謝を。

これからもジャンクにお絵かきにロボコンなどなど、
ちょっとかゆいところに手の届くブログ(?)として
頑張って活動していきますのでどうぞよろしくお願いします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

MX49、MX61 音色定義

2014-12-31 00:14:18 | Weblog
 こんばんはヌキヲです。
今年最後の記事は YAMAHA MX49 MX61 の音色定義ファイルをお届けします。


以前の記事 から、SONAR はあきらめて CubaseAI を使おうかと思ったのですが、
なんと、ドラムマップが無い!
ドラムセットのピアノロールでドラムの音色名が表示されないのですね。
これはもう手抜きとしか言えませんよ! > YAMAHA さん。

というわけで、なければ作ろうの精神で作りました、音色定義ファイル!
最初に書くソフトは定義ファイルの作りやすさからチョイスしました。
んで、皆さんに有効活用してもらうにはやっぱりフリーソフトがいいと思ったので、
MusicStudioProducer に決定しました。

完成ー、ドンドンパフパフ~!
ってなわけにはいきませんでした。
MSP に突っ込んで愕然とします。
なんと、ドラムセットのピアノロールでドラムの音色名が表示されない(本日2回目orz
Σえ、なんで?ドラムマップはあるのに!?

・・・これ、いったい何のためにあるのでしょうか?
知っている方いらっしゃいましたらそっと教えてください。



さて、すでにリストは出来上がっているので、別ソフトへの変換を考えます。
そしたらやっぱり打ち込みで有名な Domino でしょうか?
私もつい最近知ったばかりなのはナイショですよ。

Ruby を使ってサクッとスクリプト組みました。
幸い MSP 側が inifile に近い構造で、Domino 側が XML です。
構文解析などはライブラリー任せで 100行未満 ですみました。

いつも通り 置き場 に置いておきます。
※リンク切れを修正しました。2016.04.08(fri)


ただし、Domino の方はまだ CC 類のマクロやテンプレートを書いてません。
自分で書くか、私が書くまで我慢してください。
私がまだ Domino を使いこなせないのでしばらく保留します。
またバージョンアップしましたらこちらに追記しますので。

また一応書いておきますが、くれぐれも自己責任で使用してください。
音色名が違ったとか、スペルミスとかそのほか含めすべての責任は負いかねます。
このリストを改変しての別のソフトへの移植などはどんどんやってください。
出来れば公開していただけると皆さんが幸せになれると思います。


2015.08.22 (sat) 追記。

すみません、Dominoの音色定義に関しましてバグバグのバージョンを上げてました。
その後改良したので追記しておきます。

変更点

●MusicStudioProducer (imd)

・GM マップを追加


●Domino (xml)

・最低限の CCM を追加
・最低限のディフォルトトラックを追加
・最低限のテンプレートを追加
・GM マップの追加
・その他バグフィックス

以上です。

依然 MX4961 の細かい調整等はできませんが、
これで幾分使えるようになったのではないでしょうか?
何か問題があったらコメ等ください。



2016.04.19 (tue) 追記。

こんばんはヌキヲです。
もうちょっと需要があるかと思ったのに、音色定義あまり検索されてません?
まぁある程度自己満足でやってます(笑

さて、今回の追記ではお待たせ SONAR の音色定義をお贈りします。
って、モノはもう置き場に置いてあるので告知だけです。

●SONAR (ins)
・パッチ
・ドラムマップ
・コントローラ
・GMマップ

SONAR ではカテゴリーごとの登録ができないので、
バンクごとのプリセット1 とかの単位になります。
音色の選択はちょっと大変ですが、やっぱりドラムマップがうれしいですね。

ところで、実は私はそんなに MIDI データに強いわけではないのですが、
MX49 MX61 の DataList マニュアルを読んでも全然意味が分かりません!
いえね、音色リスト、ドラムマップ、コントローラ あたりは OK なんですけど、
MX の固有のパラメータ、リバーブの種類だとか変えるのはどう定義したらいいやら?

せめてインサーションエフェクトの ON/OFF と種類くらい変えられるといいなと思うのですが。
まぁ気長にお待ちください。
バグや優先的に実装してほしい機能等ありましたらコメをお願いします。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日のお品。番外編

2012-08-06 14:33:07 | Weblog
 こんにちはヌキヲです。
夏コミを今週末と目前に控え、いかがお過ごしでしょうか。

かくいう私もゲーム制作の修羅場まっ最中です。
今回は絵ではなく、音楽の方で工作員をしています。
ちなみに 11日土曜日(2日目) 西地区 は-04b キャノンボールの会 です。
ぱずるだまのシステムを採用した落ちものパズルゲームの予定です。

なに宣伝してるんだろう…。
それにしても暑い日が続きますね。

ジャンク品紹介のタイトルですが今回はジャンクじゃありません。
いえね、暑さと現実逃避からまたバカなモノを作ってしまったので、
面白い(?)し紹介しようと思います。

タンブラー タンブラー

自家製 能美クドリャフカ タンブラー です。
これでいつでもクドとお出かけできます。

もし会場で見かけたら私ですので
生ぬるーい目で見守ってあげてくださいね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミッションG

2012-04-14 23:23:04 | Weblog
 こんばんはヌキヲです。

ここ数年、我がパソコン研究部では
9月にある銀杏祭(文化祭)で山崎教育システムプチロボ製作教室を開いておりました。
そのプチロボなのですが、
予算の都合もあり、見た目にも超ショボイということで
ある年からペーパークラフトを載せることになります。

もちろんネットからよさげなモノをもらってきて使う予定だったのですが、
バリエーションの一つに"G"があったらいいんじゃないか
という話になりました。

というのもプチロボの動きが G そっくりでして…(汗

そして同じくネットで探すのですが、
需要はぼちぼちあるみたいなのですが、
供給は展開図まで公開となると、全然見つかりません。
仕方なく、無ければ作れ の精神で作ってみたのです。

その画像をいつかこのブログでも公開しようと思っていました。
写真撮ってみたところ、とても危険な絵面になってしまったので
ゴキブリが嫌いな方や心臓の弱い方は見ない方がいいかもしれません。
いつも通りクリックで拡大できますが、
今回ばかりは推奨いたしません、はい。

ゴキブリ ゴキブリ
ゴキブリ ゴキブリ

製作するに当たり、萌絵の技術を惜しげなくそそぎ込んだため
それなりにリアルになったのではないでしょうか?
かなり試行錯誤を繰り返したので、
しばらく部屋中に試作品がゴロゴロしている状態が続き
家族からのブーイングが半端なかったですw



この手のペーパークラフト、
別名を"切り折り紙"などと言うらしく、
ノリやテープを一切使わず、切って折るだけで完成します。

またこだわりで、
1枚の紙から部品に分けること無く設計します。
とても手軽に組み立てられ、楽しかったです。

当初は Canon のペーパークラフトの昆虫のページから
数点見繕っていたのですが、これの一部の作者と思われる
川合工房さんを発見します。
ここは設計もさることながら、製作も上手過ぎて
とてもこうは行きませんが、
かなり参考にさせてもらいました。
少しでもエッセンスが抽出できていたら幸いです。

では、お待ちかね展開図です。
右クリックして保存します、大きい画像なので注意してくださいね。
これを A4 の紙に2体入るくらいのサイズで印刷すると
ちょうどいい大きさになると思います。

折り目の指示線がひどい状態で、
山折谷折りの指示もありませんが、
もしよかったら試行錯誤して組み立ててみてくださいな。

展開図
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

MPLAB C30 と格闘。

2011-06-10 21:18:32 | Weblog
 ロボットランサーの延期日が決まり
そろそろ現実逃避を切り上げて、製作しないとなぁと思っていたところ、
ある日突然私の MPLAB C30 が動かなくなってしまいました。
この個体は -Os を気兼ねなく使いたいがために、Linuxマシンでクロスビルドしたものです。

バージョンは v3.24、ビルド時の話は割愛しますが
web上に有用な例が結構あるので 需要は…どうなんでしょう。

さて、エラーが出て動かないのですが、それは例によって例のごとく
pic30-coff-gcc.exe: installation problem, cannnot exec `pic30-cc1': No such file or directory
というやつです。
とりあえず的に pic30-coff-cc1.exe をリネームすると、
今度は 渡されるオプション -omf=coff が問題になってしまいます。
ソースを編集しビルドする方もいらっしゃいますがそれでいいのでしょうか?

そもそもLite版の実行ファイルで確認すると
pic30-cc1.exe と pic30-coff-cc1.exe は全くの別のプログラムなのです。
pic30-cc1.exe のストリングによると Language Tool Shell という名前だそうで
実行パスの解決と elf|coff の切り替えなんかを行っているみたいです。

ということで、分かっているのはここまでで、
どうにかして、pic30-coff-gcc.exe から pic30-coff-cc1.exe を直接呼び出し、
かつパスの解決(ほとんどの場合 gcc の実行と同じパス)をすればいいのですが
それにはもうちょっとソースを読まないとならない状態です。


こうなってしまうと今までがなぜ動いたのか不明でなりません。
しかし、力技で動かすこともできます。
Lite版にパスが通っていれば その pic30-cc1.exe が問題なく呼ばれます。
ですが -v オプションを付けて確認すると
その後 Lite版の pic30-coff-cc1.exe が呼ばれる模様です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

消費電力

2010-07-08 19:28:07 | Weblog
 今日 電気使用量がポストに入ってました。

今月もまた 多めです。
まだ冷房も使ってないのに 多めです。

なにが そんなに電気食っているんだろう?
やっぱり PC かなぁ?と思いまして
PC の電力を計算してみました。

計算しやすいように 一台 100W で考えてみましょう。

1時間で 100Wh ですので
一日中つけっぱなしだと 2400Wh です。
30日にすると 72000Wh = 72kWh ですね。

…これって 何気に結構凄い数値じゃないでしょうか。
ぜひ 台数かけて 計算してみてください。
私も 自分のうちの 台数を数えてみます。





ひ~。ま、まずいですね。
ちょっと危なくて載せられません。

もし1ヶ月PCナシ生活ができたら
あなたのうちでも 電気代がかなり減るかもしれませんよ(汗;

これは こまめに 電源を切るようにしないと…
サーバが止められない分 余計にクライアントを気をつけないといけませんね。

1台 100W で計算しましたが、
ノートはもうちょっと低めで、
サーバやデスクトップは もっと高いでしょう。

うちに Pentium4 や PentiumD 世代が1台も無いのが せめてもの救いでした。
これらの世代は あまりにも消費電力が高く、
嫌って、購入を控えていたのです。


これは 高性能なデスクトップをもう1台とか
言ってる場合じゃありません。

CPU だけで 130W とか、
GPU も1枚 200W とか、それを2枚刺しとか
今までも嫌だったのですが とても考えられなくなります。


CPU を この前見つけた Core 2 Duo T9400 にして 35W
GPU を 20W~40W 程度のものにしても
システム合計で 100W を超えるか超えないかです。
こんなのでも 1台増やすのに抵抗が出てきました。

最近 MoDT は泣かず飛ばずで
ジャンル自体が下火になっていってますが、
もっともっともっと頑張ってほしいところです。


我が家でも PC を減らして
エアコンがかけられるようにしないと…w
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オフラインファイルが開けない。

2010-03-19 23:56:50 | Weblog
ご無沙汰してました。前回からだいぶ経ってしまいましたね。
openwrtの設定をいじる予定だったのですが、放置状態で申し訳ないです。

さて、最近PCが Vista になりまた。
Windows7 が発売されてから 半年近く経つこのご時世に 今頃 Vista ですw

それを期にオフラインファイル機能を使い始めました。
ところが、いざ外出時にデータが必要になったら、
「指定されたファイルが見つかりません」と言われてアクセスできなかったのです。
オフラインファイルが オフライン時に使えない。これいかに。

というわけで いろいろ調べているのですが 原因も対処法も見つかりません。
どなたか 似たような経験はないものでしょうか。

再現性といしては、(○:問題なし、×:アクセスできない)

(○)ログオン中にオフラインになる
(○)一度ログオフ後、オフラインでログオンする。
(○)一度スリープ後、オフラインで再開
(○)一度休止状態後、オフラインで再開
(×)一度シャットダウン後、オフラインでノーマルブート

という感じで、再起動やシャットダウンした後、
ノーマルブートすると アクセスできなくなるようです。

一応 休止状態が使えるので 応急的にはどうにかなりそうなのですが、
「外出先では再起動できない」というのはかなり怖いものがあります。

取れる対処が キャッシュの破損の場合ぐらいのものしか 方法がないのですが、
その方法である「キャッシュの再構築」をしても 治りませんでした。

念のため キャッシュの再構築 の方法も記しておきます。
XPではGUIから操作できたのですが、
Vista では レジストリからしか操作できないようです。退化でしょうか?
具体的には
HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetServicesCscParameters
というキー(Parametersがなければ作る)に FormatDatabase という値を DWORD で作ります。
データを 1 にし、そして再起動する というものです。
これは一度だけ有効なので この変更は再起動した時に自動的に消されます。

さて、この件について 進展した場合は追記かコメントで備忘録として完成させる予定ですが、
もし心当たりのある方、似たような症状で困っている方は コメントいただけると幸いです。

2010-04-07 追記
 その後、私がヘタレなためOSの再インストールをしてしまいました。
再インストール後は 良好なため 結局原因不明です。

一つ再現性が違ったのは、ショートカットなどからのオフラインファイルへのアクセスは可能でした。
じゃぁ何がアクセス不可だったのかというと、「オフラインファイルの表示」からたどれないことと、
フォルダリダイレクト(レジストリ操作による)です。

ACL関係も疑ったのですが、違うようです。
ほかのマシンでは良好、また再インストール後 良好なことから
どうもクライアント側の様ですが…。はてさて。
この事件(?)、このままお蔵入りしてしまうのも なにか納得がいかないのですが
再現性もない以上どうしようもありません。以上お騒がせしました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

行方不明?

2008-06-15 21:13:04 | Weblog
 前回から一週間以上経ってしまいました。皆様の間では理樹はどうでしょう?筆者の周りではLittleBusters!の登場人物中 ぶっちぎり一番の萌えキャラじゃなかってウワサだったのですが。


 久しぶりに、「林メカトロ工作支援室」を読みたいなと思い探してました。実はサイト名とか忘れてたので、普段放置してたブックマークの巡回してしまいました。オリジナルマインドのページを見て やっと「あ、ここだ!」って思ったんです。ここにリサイクル品として「工作ベース300」などを出してたんですよね。今 ちゃんとした製品になってる「BenderBlack30」は同じ人が設計したんじゃないか…って、かってに想像してしまいます。

 それで、肝心の「林メカトロ工作支援室」のページが見つかりません。検索してもリンク集ばかりで、それもリンク切れしてます。やむなく閉鎖したなら そのときの経緯なども含めて 誰かご存知ないでしょうか~?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする