Attribute System

ジャンク奇行。 ときどき ラクガキ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マスコミと報道と娯楽と。

2019-06-11 00:08:35 | Weblog
マスコミがなぜマスゴミと呼ばれるか考えていたところ、
本人たちの主張から私なりの真実が見えそうなことに気が付いたので記しておく。

曰く「視聴者が求めるから」

・・・それは本当に報道だろうか?
私の出した結論から言うと、娯楽なのではないかと思う。
果たして娯楽と化した報道に何の価値があるのだろうか?
でもそうか、確かに時代劇にも出てくる瓦版も娯楽の提供が発祥だったか。

事実に基づいて、大多数の視聴者が求めるだろう劇的な展開を描く。
やがてそれは世間一般の真実となるだろう。
そこに当事者達にとっての真実は関係ない。
所為ノンフィクション作品の完成である。


さらに恐ろしいことに、都合に合わせて事実まで添削する事があるのだ。

もう例えるなら、弱者を食い物にする悪徳商人だろう。
当事者の人生を棒に振らせると考えれば、人攫いや違法奴隷商人と何が違うのか。
当然、肉体ではなく、精神においての。

その報道の元になった加害者・被害者・両親族関係者の心情を思うと
憤懣やるかたないのは、もちろん私の偽善である。



さて、マスコミの盾に「言論の自由」というあまりにも有名な思想がある。
我が日本国においても憲法で保障されている人権の一種であることは周知の事実である。

だからと言ってその思想が完成されており完璧である、と考察・議論を放棄することは、
それこそがその他を含め、思想全体を貶める行為であり、
用法・解釈を研究することと同時に人類の命題であろう。

この思想は本来、歴史にある天動説・地動説の例のような、
事実につながる可能性のある少数意見を守るための盾であるべきである。
それは見逃し潰してしまえば人類の発展に不利益をもたらす可能性があるからである。

ではノンフィクション作家を守るためではどうか?
娯楽は人類に必要なもので、宝であることは誰でも概ね同意できるだろう。
ならば、ある作家の作品が少数意見だろうと多数意見だろうと保護されて当然だ。

しかし、その作品のネタになった人物の心情を傷つけてまで守られるべきものだろうか?

当事者達の慟哭を権利を振りかざして封じ込める、無意識に踏みにじる。
それは権利が矛になった瞬間だ。傷をつけ殺すものだからだ。
それがまかり通るのであれば、皆が矛を持ち、戦争が起こるのは必至であろう。
誰も彼も自分たちの生活のため、安寧のため必死になるはずだ。

ゆえに権利や思想は、決して矛にしてはならないと考えるのだ。


私はこの思想について、さほど考察が進んでないので大したことは延べられないが、
現在のマスコミの主張に違和感を感じている事については、共感してもらえるのではないか。



マスコミには、現代のネット社会における情報の拡散力について、
その与える責任と義務をもう少し考慮してほしいと思うのと同時に、
視聴者には、事実と真実について、他者に踊らされることなく
各自で考察する習慣を身に着けてほしいところでもある。
コメント

KeyPoints14 出展しました!

2018-10-10 22:34:43 | 同人活動
 こんばんはヌキヲです。
先日10/7(日)は 鎌田PiO にて KeyPoints14+KTX があり、
私も4度目の出展をしてきましたので報告します。

サークルカット

おしながき

スペース

来場くださった皆様、ご購入やお声がけくださった皆様、ありがとうございました!


ジャケット レーベル ケース裏


今回の新作は リトバス・アレンジCD の 総集編でした。

内容は、以前のCD3枚に書き下ろし3曲を足した全21曲53分と大容量。
以前の CD を購入くださった方は、内容がダブってしまうので大変申し訳かったです。

値段も 1000円 とちょっと高め(?)だったのでとてもヒヤヒヤしていたのですが、
終わってみると残部数3と大健闘の新記録でした!

実はあと一週間あったらいつものイラスト本も完成したのにと悔しい思いです。

今回も BGM でかけていただきました。ありがとうございました!
一時間近くあったので時間ギリギリでしたが、全部かけてもらえてうれしいです!!


スタンプ 押印イメージ

今回はゆきゆきさん主催の Keyスタンプラリー(第3回) にも参加させていただきました。
押しに来てくださった皆様、ありがとうございました!

なかに「とってもかわいいです!」ってお声をかけてくださった方がいて、
嬉しくて(心の中で)飛び跳ねて喜びました!


スタンプベース

また、テーブルクロスがインクでやばくなりそうだったので、
スタンプベースなるものを作っていきました。
こちらにスタンプ台と、インクの付いたスタンプを置くようにしたところ
テーブルクロスが汚れることもなく大成功でした。

現場クドにも突っ込んでもらえたので大満足です。




さて、今回はほとんど自スペースから出なかったため、
ほかの人の作品がほとんど買えませんでした。
これは次回以降の課題とします。
せっかくキヌコさんに売り子頼んで来てもらっているのですからね。

これで一旦鍵点は休止ということですが、次なるイベントも始動してるようです。
私も継続して参加していけたらと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
コメント

ロボトレース、2018東日本

2018-09-03 07:41:17 | ロボコン
 おはようございます、ヌキヲです。
先日の9/1(土)にはマイクロマウスの東日本地区大会がありました。
私もロボトレース競技にエントリーしてきたので報告します。

えー、昨年からロボフェスというのを開催し、
その中の一種目としてマイクロマウスが入る形ですね。
そのほかには相撲やロボカップ、ロボワンなんかがあるようです。

今年から場所をパシフィコ横浜に移動しました。
会場はかなり広いですが、ロボット競技会がひしめき合っているので、
控えスペースはわりと狭い感じでした。
欲を言えばもうちょっとゆったり座りたいですが、あまり無理も言えませんね。


さて、気を取り直して結果行きましょう。

結果:棄権。

かなC。
いえ、マシンの走りはわりとキビキビしてるのですよ?
走ればの話ですが。
なんとスタートスイッチが死にまして、スタートはもちろんのこと、
コース上でキャリブレーションもパラメータ変更もできなくなりました。

もう詰んだ・・・と思ったのですが、知り合いに半田ごて借りて直そうとします。
でもうまくいきません。
パターンもはがすし、マイコンのピンはブリッジするし。
吸取り線、ニッパー、配線材、テスターなどいろいろな人に借りましたがダメでした。
某チャッピーさんありがとうございました。

そして、そうこうしているうちに出走準も過ぎ去っていました。
いや、受付したのに出走順にいないとかダメでしょ(苦笑
運営にもご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。
そして、参加賞もらいそびれました。



さて、気を取り直してマシンの紹介です。




フォルム的には初心者丸出しの板トレーサですね。
実は 8/4、8/5 に MFT2018 があり、そちらが終わってから設計しました。
設計製作は、メカ3日、回路3日、ソフト1週間という突貫工事マシンです。

マイコン : PIC32MX274F256D
センサADC : MCP3208
センサ : TPR-105F x8
エンコーダ : AS5600 x2
ジャイロ : MPU-6050 (I2C)
モータ : A-Max 16mm 249099
モータドライバ : TB6612FNG
バッテリー : Nano-tech 2S 350mAh (65C130C)

マイコンは結構新しいデバイスで、以前のモノよりクロックがアップしているのですが、
それ以外がゴミクソに劣化していてリプレースとしては使い物になりません。

注意点は 33pin(RB4) 34pin(RA4) の SOSC ピンです。
このピンは TRIS なども実装されていますが、出力にできません。
I/Oリマップの場合どうなるのか確認してませんが、単純な LATx は使用不可です。
メーカ側も後から分かったみたいですが、
エラッタに載せずにデーターシートに注釈で載せてきました。
もうこのままの仕様で行くってことでしょうかね??


モータは初めてのマクソンです。
詳細は不明のアリの中古です。
1個 $6 でリーズナブルです。
10個買って1個変な音がしたので、9個は使えそうかな?
3V 定格で 2S 7.4V かけてますが、わりと使えそうです。

3Dプリントも試しました。
ただ、ギヤ比を 20:42 にしてしまったのと、
かみ合わせがあまりよろしくないのとで、採用を見送りました。
結局手加工の 8:50 をアルミ版のマウントで使ってます。


壊れたスイッチは秋月で売ってる小さいタクトスイッチです。
表面実装用タクトスイッチ SKRPACE010(5個入)\100
これ、リセットスイッチにも使ってるんですが、そっちはなぜか壊れません。
2016年のマシンでも同じ傾向だったので何かあるんでしょうけど、原因不明です。
強く押しすぎるのかなぁ?




というわけで、11月の認定大会が全日本へのラストチャンスになりました。

最後になりますが、素晴らしい大会を開催していただきありがとうございました。
これからも継続して参加していけたら、そして生徒もつれていけたらいいな、
なんて思っていますのでよろしくお願いします。

コメント

Wacom タブレット、マルチモニタ環境。

2018-08-20 07:55:41 | 研究&TIPS
 おはようございますヌキヲです。
このあいだ迂闊にペンタブのドライバーをアップデートしたら嵌ったので備忘録します。

●症状

マルチモニタ環境で WinTabAPI の描画領域がカーソルとズレる問題です。
詳しく言うと、マッピングがおかしく、デスクトップ全体を強制されます。
ただし、操作パネルは普通に操作できてしまいます。

SAI SAI2 の WinTab モードで確認しました。
クリスタは持ってないのですが、フォーラムにそれっぽい書き込みがありました。


●改善方法

ドライバーを古いものに差し替えます。
普通にアンインストールしただけでは消えませんので手動操作が必要です。

1.タブレットを切断
2.設定→アプリ から ワコムタブレット をアンインストール
3.再起動
4.サービスを停止。
5.C:\Program Files から tablet フォルダを削除
6.AppData\Roming から WTablet フォルダを削除(オプション)
7.タブレットを接続
8.古いドライバーをインストール


サービス停止はタスクマネージャからできます。
TabletServiceWacom、WTabletServicePro などです。実行中でなければ大丈夫でしょう。

ドライバーのバージョンはちょっと古いですが v6.3.21 で正常動作を確認しました。


●考察

私の環境を記しておきます。

Windows10 Pro 1803 x64
Wacom Cintiq 13HD DTK-1301
Lenovo ThinkVison L1423p
Driver v6.3.30-6

どうも ISD(Wacom feel IT Technologies) の方も引っ張られるようで、
v6.3.30 を入れた時点で同症状になりました。

TabletPC API や Windows API で問題が出ないところを考えると、
WinTabAPI 固有のバグか仕様変更だと思われます。
また、Medibang では確認できなかったので、すでに対応した可能性があります。

SAI SAI2 でよく聞く AvoidWacomBug はスケーリングの問題なので今回は関係ありません。

というわけで、皆さんもドライバーのアップデートは本当に必要かよく考えて行いましょう。
コメント

画像を DPI値 に合わせて印刷する

2018-07-04 07:03:00 | 研究&TIPS
 おはようございますヌキヲです。
こんな時間ですが、今回はちょっとかゆいところに手を伸ばすネタです。

絵を描いたり、スキャナーで jpg などにスキャンしたりすると気になるのが、
そのままの実寸や、好きな倍率に設定しての印刷です。
これがまたできるソフトが無いこと!

そりゃね、Photoshop とか持ってれば好き放題できますよ?
でも、どこの環境にもあるものではないので困ってしまいます。

できればフリーソフトで欲しい機能ですよね。
ここからめくるめくフリーソフトショッピングが始まります。
あれもこれも多有名どころはほとんど試しました。
Photoshop 代替を狙っている GIMP も試したけど、
ドキュメントの dpi 値に従い 100% 印刷という点であえなく NG。
惜しいかな、好きなサイズに印刷はできるんですけどね。

で、結論言っちゃうと、Windows の標準アプリ、Windows ペイント でできました!
灯台下暗し!!
枚数たくさんあっても、一枚ずつちまちま開いては印刷~ってのを繰り返さないとならないのが
たまにキズですが、それでもできるだけマシってもんですね。

あぁよかった。
コメント