だいじょうぶだいじょうぶ

今日一番嬉しかったこと、頑張った事、たくさんの感謝を込めて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本が大好き!!

2013年06月10日 | 日常の風景
 たり  たり


信じられないくらい、のんびりと、ゆっくりと時間が過ぎていきます。
足の具合も、日一日と快方に向かって、
やっと蟹歩きを卒業し、  階段を片足一段で上下できるようになりました。

のんびりと過ごす日々の中で、一番楽しい事・・・
今は、肩の張らない「おもしろい本」を読む事・・・ 
暫く前までは、仕事に必要な知識を得るものであったり、
ノウハウ本や短い時間で読めるもの・・・   つまり、中途半端な読書生活でした。


今は、忙しく過ごして居られる方には申し訳ないほど、
 時間に追いかけられない、静かで自由な生活を、十二分に楽しんでいます。





今、読んでいるのは、和田はつ子さんの「料理人季蔵捕物控」シリーズ・・・
この前は、高田郁さんの「みおつくし料理帖」シリーズ・・・
その前は、司馬遼太郎さんだったり、百田尚樹さんだったり、畠中惠さんだったり・・・
本を読む事に没頭できると云うのは、本当に幸せな事だと思います。

ちなみに、今年87才を迎える母も、一番の楽しみは「本を読むこと」・・・
母も月に15冊から20冊のペースで本を読んで居ます。
二人で本屋さんに行き、何だかんだと話しながら、次に読む本を探すこと・・・
お互いに読んだ本を交換する事・・・
そんな時間が、ほのぼのと楽しいひと時です・・・ 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

読み聞かせボランティア養成講座

2013年05月29日 | お勉強


時折、糠のような雨が舞う中、
北九州市立中央図書館へ、相変わらず痛む足を引きずりながら行って来ました。
「読み聞かせボランティア養成講座:初心者コース」の第1回目の受講です。





時間ができたらやってみたい事・・・ 「読み聞かせ」・・・
箱の中に、ず~っとしまってありました。
市政だよりで、講座の募集記事を見つけて、即応募しました。
競争率は、かなり高い模様です・・・ 無事当選・・・ ラッキー・・・ 

受講者は、ほとんど、忙しい子育て時代から卒業されたお母さん達でしょうか?
私なんて、上から数えた方が早いくらいの年回りです。
男性が一名・・・





第1回目の講義は、総論的なお話で、
 ・子どもと読書 ・子どもと読書指導
その他、図書館の話や、書物に関する話・・・ 多岐に渡るお話を聞かせて頂きました。


一般的には、「読み聞かせ」と、いうと小さな子どもさん達が対象・・・
そう、思いますよね。
でも、私は、加えてお年寄りや、読書離れが進んでいる小中学生にも・・・


中学校1年生の時、担任の先生は  独身の女性の先生でした。
ご専門は「国語」・・・
若くて、綺麗で、上品で、理知的・・・ 私は、この原田先生が大好きでした。

幼い頃から、父の仕事の都合でお引越しばかりしていた私は、
ほとんど友達が居なくて、 本が友達でした。
ご飯を食べるよりも、本が好き・・・

原田先生は、時折、国語の授業の中で、本の「読み聞かせ」をして下さいました。
「十五少年漂流記」 だったり 「ああ無情(レ・ミゼラブル)」だったり、「大地」だったり・・・
自分なりに「読書家」だという自負心はありました。
でも、先生が選び読んで下さる本の、面白さ、わくわくとする喜び・・・
ますます、本が大好きになり、また、選ぶ本のジャンルが広がっていきました。

先生は、随分前に若くして  亡くなった・・・ と、お聞きしました。
あの頃、大きな感動を与えて下さった原田先生に心からの感謝です。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼんやりと

2013年05月24日 | 日常の風景


このところ、午後になると室温が28℃を超えます。
毎年、こうだったのかな・・・ 
まるで、一挙に夏がきてしまったみたいで、
着る物も、体感も、体力も、  ついていけない感じです。

とはいえ、毎日のんびりと、特別な事をする事もなく、
・・・本当は、やらなきゃならない事も横に置いて・・・
 ゆっくり、ゆっくり、時が過ぎていきます。





思えば、家業の手伝いと云う事もあり、16歳の頃から  仕事をしてきました。
父のもとで、 厳しく教育されました。
学生と、家業手伝いと、アルバイト・・・ ひとり三役
試験中でも、帰宅後の仕事が待っていました。
晴れて社会人になった時、「仕事だけするってこんなに楽なの・・・  」と、本当に思いました。

父が54歳の若さでこの世を去り、弟と共に、父の事務所を引き継ぎました。
共に、20代の若さで、右も左もわからぬ中、
多くの方々の、支えとお導きで、  何とか通り越せた若い日々・・・

独立後、仕事が面白くて楽しくてしかたのなかった頃・・・ 
不景気風に吹き飛ばされそうになって、 途方に暮れた頃・・・
 泣いたり  笑ったりの40年あまり・・・


一つの節目を迎え、
今、のんびりと時を過ごすことの出来る幸せに、心から感謝の日々です・・・
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

すっかり初夏ですね

2013年05月22日 | 日常の風景


徹夜に近い作業が続き、
昨年度からの課題がひとつひとつ片付いたら、不意に襲ってきた虚脱感・・・ 
加えて、足のはく離骨折と長引く風邪・・・ 
気づけば、あっという間に五月も終盤を迎えていました。





昨年還暦を迎えました。
これからは、少しスピードダウンして、
足元の   花々や、大空の雲たちとの会話を楽しみながら、
忘れてきてしまったいろんな事々を、探しながら、拾いながら、
日々の生活を綴りながら、ゆっくり穏やかな時を過ごしていこうと思います・・・ 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鬼はそと~!!

2013年02月03日 | 日常の風景


二月とも思えない暖かな日が続いています。
昨年度から、生活の全てに最優先して進めてきた住宅改造のマニュアルづくりも、
一月末で一応の終了を見る事ができて、一安心です。
心身共に、こびりついてしまった疲れを早く放り出してしまいたい・・・

ご近所の幼稚園勤務の方から、こんなプレゼントを頂きました。





 21cm*19cm*12cm
  わくわく「節分豆」パーティーセットと書いてあります。
  中には、何が入ってるのでしょう・・・ ?!    

  わくわく・・・ 箱を開けてみました・・・ 





 きゃぁ~~~ !!!
  可愛い、鬼さんとお多福さんのお面や、節分豆、豆を入れる升も入っています。

  箱の横の方には、
    節分は、立春の前日をいい、
   その年に、いやな事、苦しい事がないように、
   そしてまた楽しい事がいっぱいありますように
   「鬼は外・福はうち」といって、
   豆まきする習わしがあります。       と、あります。



思えば、昨年は本当に大変な年でした。

  悲しい事、寂しい事、悔しい事、情けない事、理不尽な事・・・
  楽しい事や嬉しい事もたくさんありましたが、
  そうでない事が多すぎて、本当に辛い一年でした。


でも、たくさんの心ある人たちに救われて、
何とか、元気にここまでやってくる事ができました。
心優しい人たちに、心からの感謝です・・・


明日は、立春・・・
気持ちを入れ替えて、元気に楽しく、
本当にやりたい事を、ガンガン楽しもうと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寒い日には・・・ おでん

2012年11月26日 | うちごはん


寒い日が続いています。
こんな日は、やっぱり温っかお鍋ですよね~ぇ 





頂いたお大根が、まだいっぱいあるので、今日は 「おでん」にしました。
大根・厚揚・蒟蒻・筋・卵・竹輪・丸天・蒲鉾・ウインナー・巾着
とにかく、冷蔵庫にあるものを、何でもかんでも・・・

家で一番大きなお鍋でどっさり炊きましたので、こんなにいっぱい出来てしまいました・・・ 
でも、来る人来る人、みんなに食べて頂きましたので、すぐに完売・・・ 
やっぱり、寒い日には温っかな物で、身体の中から温めるのが一番ですよねぇ・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

実りの秋

2012年11月24日 | プレゼント


晩秋・・・ 冬のお野菜の収穫の時期です。
スーパーや産直、近所の畑でも、
白菜や大根、高菜や春菊・・・ 大きく育った冬のお野菜が山のように並んでいます。


我が家にも、あちこちからの  到来物がいっぱいです。
頂き物の、ほんの一部です。
随分、おすそ分けをしましたが、まだ、この3倍くらいは・・・ 





季節外れのトマト・・・
木で熟したトマトは、本当に甘くて、トマトの香りいっぱい・・・
丸カジリが一番・・・ 





搗きたての新米です。
もちもちで、いくらでも  いけちゃいそうです・・・ 





超特大・・・ でも、すらっと美脚の大根さん・・・
 おでんや煮物、酢の物にサラダ・・・
瑞々しさいっぱいです。





まだ土のついたままの間引き菜・・・
生姜を少し入れて、浅漬けにします。





一抱えもある、大きな白菜・・・
これから、毎日 お鍋でも良いかな・・・ 





お蜜柑です。
今年の蜜柑は、小ぶりだけれど甘くて美味しい・・・
甘くって、酸っぱくって、蜜柑本来の味がします。 


さてさて、頂きものが瑞々しいうちに、
温かな優しさを、いっぱい頂くことにしましょう・・・ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

還暦のお祝い:鉢植え

2012年11月19日 | プレゼント


食事に立ち寄った馴染みのお店で、
つい、「来週、私、還暦のお誕生日を迎えるの」なんて言ってしまったせいか、
帰り際、こんな素敵な  プレゼントを頂いてしまいました。





鉢植えの  観葉植物・・・
「鉢が素敵だったから、これにした・・・」と、
若い頃から、仲良しの女将さん 
小柄で可愛い、ちょっと遥くららに似た彼女はは、いつも元気溌剌、ちっともじっとしていません 





鉢をアップにすると、こんな感じ・・・ 
本当に、不思議で素敵なストライプ・・・
培養土と肥料が段々に詰められているようです。


何だか、催促したようで  申し訳ないけれど、 でも  嬉しい・・・ 
本当に、ありがとうございます。


このお店との出会いは、もう、かれこれ40年も前の話・・・
当時、仕事でお世話になっていた方から、
「美味いものを食わせるから、ほっかぶりして来い」と、 呼び出されたのが最初でした。
大衆的な、鶏料理のお店ですが、本当に美味しい・・・ 
唐揚げや、 串、お鍋や、もういろいろ・・・
吟味された材料と、おざなりでない手作りの美味しさ・・・
以来、ず~っとファンのひとりを続けています。


お店の名前は、お福さん と言います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい友達

2012年11月09日 | 日常の風景


何故か眠れない夜・・・ 

このところ、なんとなくすっきりしない事が多く、
割り切れなくて、気持ちが沈みがちな日々が続いています。
人は、それぞれの価値観の中で、
自分を信じて生きて行くものでしょうが、
あまりに理不尽、非常識な出来事に、鬱々とした気分から抜け切れません。
何か、ぱ~っと気分転換したいものです・・・


9月末に、小さな  パソコンを買いました。
事務所の外での、プレゼンに使ったり、
外出先で、仕事やネット、 メールを・・・

随分前から、流行のタブレットか、はたまたノートパソコンの小さいのか・・・
あれこれ迷っていたのですが、結局、この真っ赤な「ちび子」に決めました。





ある日、家電の量販店に買い物に行ったついでに、
ちょっとパソコンの売り場を覗いてみました。
これまで、パソコンはほとんど事務器屋さん経由で買っていました。
そう云えば、1台だけ、友人の協力を得て自分で組み立ててみた事もありましたっけ・・・

でも、わたし・・・ この「ちび子」に一目惚れしてしまったのです・・・ 
COREi7・テンキーもブルーレイドライブも付いています。
大容量メモリ・パワーポイントも入っています。
とはいえ、安い買い物ではないので、2度・3度売り場に見に行きました。

近々に発売されるWindows8についても検討してみた結果・・・
思い切って、買っちゃいました・・・ 






もともと使っていたノートパソコンと比べてみるとこんな感じ・・・
二回りくらい小さいようですが、
何故か私の手の大きさにはピッタリ・・・ 
事務所のディスクトップより、すっかり身近なお友達になってしまいました。

この夏、40年間、家族が生活してきた  実家を解体、土地を売却しました。
もうすでに、買主から別の方に転売され、建築が着手されたようです。
地続きの福祉施設の関係者に、「お宅が使われるのなら・・・」と、云う事で、
相手の要望通りの条件でお譲りしたはずでした。
取引が終わり、別れ際にも
「お宅に使って頂き、亡父もきっと喜んでいると思います。」
そう言って別れました。
真実が判った時、腹立ちよりも、悲しさと空しさで、胸がいっぱいになりました。

40年、そこに建っていた実家は完全になくなりました。
何か思い出に・・・ と、思っていた時、
この真っ赤な「ちび子」に出会いました。

私の赤いセーターを無断で着込んでゴルフに行っていた父・・・

暗証番号は、父の誕生日に決めました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文化祭

2012年10月07日 | 日常の風景


9月から10月は、秋祭りや文化祭・・・
職場や、業界、はたまた地域での様々なイベントのシーズンです。

私の住む地域でも、
9月17日:敬老行事
9月29日~30日:市民センター祭り
10月7日:氏神さまの秋祭り・公民館文化祭
10月14日:区会・ユニカール大会
10月21日:区会・ボーリング大会
10月28日:小学校主催の「地域交流会」

と、毎週毎週盛り沢山の企画です。

加えて、今年は還暦の年ですので、
小・中・高・・・ と、地元にいる同級生が集まって、
還暦記念の、ちょっと贅沢な同窓会も重なり、
相変わらず、業務以外のところでもバタバタとした日々が続いています。


今日は、地元の氏神さまの秋祭り・・・
お隣の公民館では、
公民館講座「お習字」と「絵手紙」の作品発表会です。





子供たちの元気な作品・・・





大人の、熟練の作品・・・





絵手紙の先生の作品・・・
こんな、お手紙を頂いたら、もう、嬉しくって見せびらかしてしまうかも・・・



地域の文化委員の私は、作品展の会場の担当です。
美術館の「学芸員」よろしく、入り口に座って、
じっくりと、作品を鑑賞したり、
のぞきに来てくださるお客様に、簡単な説明やおしゃべり・・・
楽しいひと時でした。


今回は、作品展示の他に体験コーナーがあって、
私も、参加させて頂きました。





初めての絵手紙・・・
先生の作品をまねて書いてみました。
絵手紙は、以前から、とても興味を惹かれるものの一つでしたが、
思いがけず体験できて、ラッキー・・・!!
先生や、受講者の方の作品は、
ハガキから飛び出しそうにダイナミック・・
私のは、本当にこじんまりとハガキの中に納まっちゃった・・・
って感じですが、
自分では、処女作にしては「まあまあ」かな・・・
なんて、思っています。


そして、もうひとつ・・・
お習字も体験させて頂きました。





小学生の頃、誰もが学校で習いました。
それから、大人になってほんの少しお稽古に通った事があります。
1年か、2年・・・
もう、ほとんど40年振りの筆でしょうか・・・


最近、時代劇を見ていて、
何故か、手元だけがアップになった筆の動きに不思議な感動を覚えます。
これもまた、やり残してきた事のひとつなのかも知れません。
来年、4月になったらやりたい事いろいろ・・・ 
真剣に考えてみたいと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加