むとう新聞

武藤工務店のスタッフによる日常のご報告や役立つ情報、
おもしろ情報などをお届けいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

住宅の省エネ基準義務化について

2016年08月27日 | ちょっと真面目に住宅の話をしようかな
こんにちは 営業課の 高橋です。

台風情報がとても気になります。

今までにないような台風の動き・・・

なにか 変わってきているのかもしれないと思ってしまいます。


異常気象・・・

そんな言葉を思い出してしまいます。

異常気象、地球の温暖化

それらに原因とされているのが二酸化炭素

二酸化炭素の削減が叫ばれている中

住宅事情も例外ではありません。




平成25年に

14年ぶりに 住宅の省エネ基準 の改定が行われました。

主な内容は

以前よりあった 住宅の断熱性能 に加えて

冷暖房、換気、給湯、照明など 住宅設備機器のエネルギー消費の効率性が 評価の対象となりました。

住宅の外皮(主に断熱性能を担う)と熱源機器は一体で考えるべき ということになります。


「外皮と設備の総合基準」を主題とした「平成25年省エネ基準」は 次世代の施策である「省エネ基準義務化」に向けた基盤ともなっているのです。




家庭用エネルギーの消費量は

世帯数の増加、設備機器の増加、ライフスタイルの変化などを原因として

依然として対策が必要な状況となっています



住居内を 適切な温度に保ち

便利で快適な生活を維持しつつ

省エネを実現するには

住宅の 断熱性能や気密性能 に加え

効率の良い設備機器を採用することで 実現しようとするものです。


これは

冷暖房のエネルギーの消費量が多いように思われがちですが

実際は 給湯や家電 が大きな割合をしめているのだそうです

冷暖房費を節約するだけでは 省エネ効果は限定的となるため

家庭全般で使うエネルギーの消費に対して 基準を設けたのです。
 

これから

住宅を建築する方は 必然的に 省エネ住宅を 建てるということになるのです




次回は

「省エネルギーの基準」について 考えてみます



コメント

快適×省エネ なんです

2016年07月29日 | ちょっと真面目に住宅の話をしようかな
こんにちは
営業課の 高橋です

近頃の住宅事情は めまぐるしいものがあります
新しい商品やサービスが登場するのはもちろんですが
それらを取り巻く環境 政策など
常に 情報を取り入れる状態でいないと 
どんどん 取り残されてしまいます



昔からよく聞く
「省エネ」
「高気密・高断熱」
以前ですと
住宅に採用する際は
別々のものという考え方が多かったように思います。

「高気密・高断熱住宅は快適です」
「冬暖かく 夏は涼しいです」という
合言葉にも似たような フレーズで 住宅を提供していました

高気密・高断熱住宅の良さが 浸透してきたのは ここ10年くらいの間です 
住宅の 「高気密・高断熱化」は 着実に進み もはや定着・普及されています


日本の 伝統的は住宅は 
夏を快適にすごすために 「通気性」を重要視されてきました。(いわゆるスキマ風)
しかし、
最近の猛暑を考えれば エアコンを使わずに 「通風」だけで過ごすのは 大変厳しい、難しくなってきています。


快適さの実現は 隙間 から 高気密・高断熱化へ 変化し 
そして
最近の快適さは「エネルギーの使用」で実現されるようになりました

そこで
最近のキーワドは 「省エネ」・「省エネ住宅」に変わってきたのです


エネルギーのほとんどを 海外に依存している 日本
エネルギーの 「安定供給」の重要性は 身に染みて感じている方も 多いのではないでしょうか?
さらに
エネルギー「消費量の削減」も 重要課題の一つです

住宅も 省エネルギーを実現するために 「省エネ基準義務化」へ 向けた取り組みがスタートしています


次回は 「住宅の省エネ基準義務化」について 考えてみたいと思います



コメント

PanasonicリフォームClub仙台南に名称変更いたします

2016年04月29日 | イベント情報・報告
コメント

古民家再生やってます(12)角田市

2016年01月21日 | 建築現場で



さて 今年の 初夏よりご紹介しておりました 古民家再生リフォーム

先日 お引渡しをさせて頂きました。



その全貌です。


今回の リフォームのコンセプトは 

「世代間の自立」です

お施主様のお話を伺うことで 

お施主様ご家族は お互いに 過度の干渉や 依存することがなく

お互いを 支えあって生活をされているという印象をうけました。

今では めずらしくなってきた 「三世代同居」ですが

これからも 今までを 大事にして 生活を継承していただきたいと思いました。



92歳になる おばあちゃん

今だ カートを使いながらも 介添えを必要とせず 家の仕事をしておられます。

新しい家では 段差を気にすることなく 元気に お孫さんと歩き回ってほしいと思い

床の段差を解消し、カートでもストレスを感じさせないよう廊下の幅を広くしたり、トイレ空間も広くとりました





カートの使えない 浴室も 安心して体を保持できるよう 手すりを設置しています





おばあちゃんにとっての 自立 とは 

自立した生活です

安全で快適な住環境は 自立した生活を可能にします

それは おばあちゃんの尊厳を保ち、同時に精神的な自立も意味します





これまで長く続いてきた「家」で 新たに家長となられる お施主様世代

先祖代々続いてきた時間と その重みを受け継ぎながらも 

新たな生活・世代をうみだすという意味での 「自立」 


家の顔ともいえる 玄関   そこから続く 居間   そして 神棚・仏壇の間



この家の持つ威厳・風格を 「凛」とした雰囲気で 訪れた方に感じてもらいたい

それは リラックスできる空間というよりも 少し緊張した気持ちになるかもしれません



それでも

お客様が ご家族にふれ、会話をするうちに だんだんと 和やかな気持ちになる

その雰囲気が こちらのご家族の おもてなしとなります










お施主様ご夫婦にも ゆったりと過ごしていただくために

寝室には 間接照明などを用いています







 

現在は アパートで生活をされている 息子さんご家族

今後、こちらの住宅に ご同居をされるということです。

息子さんご家族の 新たな生活のスペースは 以前 お施主様ご夫婦が生活をされていたスペースです。

いままで 別々の世帯で生活をされていましたが 今後 世帯を一つにして暮らすことになると

なにかと出てくるものです。

そこで 息子さん世帯は この家の中でも 「自立」した生活をできる空間をつくりました。

ご職業柄 時間の不規則なことや 夜勤などもあるということで

家にいるときは ユックリと過ごしていただきたいと思い 

非日常的なリゾート感を出しております。




造りつけの本棚は 子供たちの勉強机にもなります



風通しの良い二階のお部屋  

あえて 建具をつけず 開放的は空間を

夏になれば 北側と 南側の窓を開ければ 涼しい風が吹き抜けます  



息子さん世帯のリビングは 

他の家族に 気兼ねなく お友達を呼んで くつろぐことも






ご家族が 集まり 食事をするスペース

三世代の 大家族にもゆったりと使っていただける スペースを確保



三人がたっても窮屈さを感じないスペース

人寄せがあった際でも 効率よく 調理ができます





システムキッチンの収納とは別に

食器や食品などを収納をできる 棚を

その奥には 冷凍ストッカーが置ける食品庫があります




ご家族が主に利用される玄関横には トイレを設けました

外仕事をされるご家族には うれしい配置です






客間として使える 上段の間

以前は 続き間として利用されておりましたが

新しく 壁を設け 独立したお部屋となりました











 今回の リノベーションのご紹介は 以上となります



古民家改修の ご相談・お問い合わせは  (株)武藤工務店 リファイン仙台南 まで

お気軽にご連絡くださいませ


リファイン仙台南
岩沼市中央1丁目2-13
TEL:0223-36-9324 
Eメール:refine@mk-mutoh.co.jp

定休日:水曜日
時間:9:00~17:00 








コメント

冬季休業日のお知らせ

2015年12月28日 | 日記
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

弊社では誠に勝手ながら下記期間を冬季休業日とさせていただきますのでご案内申し上げます。
期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願いいたします。


【休業期間】2015年12月30日(水)~2016年1月5日(火)


・株式会社武藤工務店
・リファイン仙台南
・仙南都市開発株式会社

※2016年1月6日(水)より平常通り営業いたします。






2015年のご愛顧に対しまして感謝申し上げます。

2016年も変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げます。


              代表取締役社長 武藤茂
                      社員一同






なお、休業期間中の修理・故障につきましては、
下記、各メーカーサポートまでご連絡いただきますようお願い申し上げます


 パナソニック テクノサービス(建材系)    022-788-1730  


        コンシューマ(住設系)     022-387-1117  


        TOTO              0120-1010-05
        

        LIXIL              0120-126-001


        リンナイ            0120-054-321


        ダイキン            0120-88-1081


        コロナ             022-783-1791 (もしくは0120-919-302)
                    

        ノーリツ            0120-911-026 (もしくは0570-064-910)

                        
        長府              022-264-0311
コメント