I LOVE MOVIES & TV DRAMAS

映画、海外ドラマ(ゲイ関係中心)についてまったりと独断と偏見で自己満足的に語ってます。ネタバレありっ☆彡

ブロークバック・マウンテン見てきました~☆(ネタバレあり)

2006-03-13 07:53:50 | ☆は行の映画☆
ブロークバック・マウンテン (Brokeback Mountain) を渋谷のシネマライズで見てきました

夜勤明けで無理をして初回を見に行きました。9時半からだったけど、思ったより人が入って無かったような…。

待ちに待った映画だったのでオープニング見た時は感動しました

アン・リー監督の映画はどれも人間の細やかな心情を描いているので見やすい。彼の作品では1993年の ウェディング・バンケット (The Wedding Banquet) が特に好きだけど ブロークバック・マウンテン もそんな作品の一つでした。

感想はと言うと、イニスが不器用なばかりに起こってしまった悲劇というか…最後には人生のわびしさみたいなものを感じました。時代は60年代から80年代の話だけどきっと今もこういう状況に在る人はいると思います。特に保守的な地域に住む人に。

134分なので話を進み方があまり早くはないんですけど、年代の移り変わりは結構速かったと思う。

ジャックとイニスの友情が愛情に移り変わる所が意外と早いなって感じました。もう少し二人がどうしてそこに至るまでになったかがあるとよかったかなぁ?お酒の勢いもあったのかも?多分ジャックの方は最初出会った時から鏡越しでイニスの事見てたし、その時からきっと少しは気があったんじゃないかなって思いました。(気のせい?)

4年後に彼らが再会するシーンで、妻のアルマ(ミシェル・ウィリアムズ)が見ているとは知らず家の前でキスするなんて大胆だけど、それ位普段あまり自分の気持ちを表さないイニスにとっては、抑えきれない程の衝動があったんですよね。ジャック宛のハガキの返事に一言だけ書いて送るような人だし。

最後にイニスがクローゼットの絵葉書を見て『永遠に一緒だよ』って言うけどこれで二人はやっと永遠に結ばれたのだと思いました。悲しいけれどでもこれでよかったのかなって…。

ヒースやジェイクもインタビューで言っているようにこれはただのゲイ映画ではなくて、ああいう状況で出会った二人に起こった必然的な出来事を描いた恋愛ドラマだと思います。

でもこういう同性愛を描いた作品が評価されるのは嬉しいけど、話題先行で普段はあまり映画を見ない人とかが興味本位だけで見てもらいたくないです。日本は特にそういう所だけクローズアップする事多いから…この映画はそれだけじゃないですもんっ

ヒースの演技は今までで最高だと思った。年をとっていく度に感じる自分への喪失感や虚しさをよく表現しきれていたと思う。特に最後の最後のセリフがイニスの今の気持ちを全て表していて泣けました…

ジェイクもイニスの事を心から愛しながら、現実には上手くいかないジャックのもどかしさを上手く演じていました。

アルマ役のミシェル・ウィリアムズもドーソンズ・クリークのジェン役の時から見ていたのでこんないい女優になって…って感慨深いものがあります。

一番好きな所は、若い頃の二人の回想シーンで、ブロークバック・マウンテンでイニスが立ったまま寝ているジャックを後ろから抱きしめながら歌を歌うシーンです。

今回は5点満点中 4.9点です笑。なんとなく…

久しぶりに泣ける人間ドラマを見た気がしました、是非見てみて下さい

ご覧になられた方はこちらをポチッと押してくださいませ、よろしくです

エンタメ@BlogRanking
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« ジャイク・ギレンホールにま... | トップ | ブロークバック・マウンテン... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おぉ! (キサ)
2006-03-14 14:29:30
イイなぁ~!羨ましいです。

あ、でも実は「ネタバレあり」とあったので

記事は下の方しか見てません!ゴメンなさい!(笑)

でもホント、早く自分も観たいです!

mizuyuriさんが5点中4.9点も付けてらっしゃるので

かなり期待してます♪
コメントありがとうございます☆ (mizuyuri)
2006-03-14 16:23:23
そうですねぇ~5点満点じゃないのはただ自分が色んなサイトで劇中の動画見過ぎたせいかも?です。。

やっぱり映画って予\習し過ぎるとだめですね…笑。

でも出演者の演技は皆さんとても良かったです!是非劇場で見て確かめてみて下さい☆★心にくる映画だと思いますよ。

(^_-)-☆ご覧に成っていたのですね (hide)
2006-03-24 09:18:31
(映画と秋葉原とネット小遣いと日記)のhideです

mizuyuriさんTB&コメント有難うございます

>アカデミー賞では作品賞取れなくて残念でしたね。

>でもこの映画のおかげで何かが変わればいいかなと…。



('-'*)本当にそうですね。

実際に映画を観て、ココまで繊細に美しく、20年間に渡る男性同性愛の純愛物語になってるとは思いませんでした。だからこそ、物悲しく良い映画でした。

タブーを打ち破ったと言う意味で十分変っていくとは思います。モチロン良い方向性を願っていますが
コメントありがとうございます☆彡 (mizuyuri)
2006-03-27 00:31:07
hideさんカキコありがとうございます。

そうですね、20年間一人の人を愛していくのがこんなに困難なんて…思い出すだけでも悲しくなります。

今年もそういういい映画に巡り合えるといいなと思います。

ま、アカデミー賞はやはりアカデミー賞でしたけど

よろしくです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

☆は行の映画☆」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

ブロークバック・マウンテンで見る世界014●能ある鷹は爪を隠す (フツーに生きてるGAYの日常)
当事者意識の有無による 「感じかた」の違い  LGBT雑誌「yes vol.2」に掲載されていた「クローゼットの闇に迷い込まないための、ブロークバック山の案内図」という記事を読み、どうし
『ブロークバック・マウンテン』と 2回目の『クラッシュ』 (Brilliant Days)
全国の皆さんごめんなさい! お先に失礼します(^^;) 渋谷シネマライズでの先行上映・・本日鑑賞して参りました! 公開5日目、アカデミー賞授賞式後2日目で平日初回で満員でした獵 ”Jack I swear”....。 世間の目から忍ぶ愛・・というより恋なのかな
『ブロークバック・マウンテン』 2006・3・19に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ブロークバック・マウンテン』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1963年、ワイオミングのブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者(羊番)として雇われたイニスとジャック。彼らは大自然の中で一緒の時間を過ごす内に深い友情を築いていく。しか
『ブロークバック・マウンテン』 (映像と音は言葉にできないけれど)
案の定、土曜日の渋谷の初回は行列が...。しかし、既に渋谷での映画の見方を習得した僕は並ばなくてもOKなのでした。今日から拡大公開よりも2週間先行による渋谷単館オープニングです。
『ブロークバック・マウンテン』とシェーンの谺 (Days of Books, Films)
雪を抱いた険しい岩山の裾野にヒマラヤ杉が広がっている。遠景にそんな風景をもつ緑の
ブロークバックマウンテン/BROKEBACK MOUNTAIN (我想一個人映画美的女人blog)
ゴールデングローブ賞主要4部門受賞、2005年ヴェネツィア国際映画祭受賞、 もうすぐ発表されるアカデミー賞作品賞初め、最多主要8部門ノミネート、等々、、、、 とかなりの賞を受賞&ノミニーされていると言う事で、 実際はどうなの?? 自分はどう感じるか アカデミー賞発
ブロークバック・マウンテン ([踊]Dance!Dance!Dance!)
第78回アカデミー賞監督賞、脚色賞、作曲賞受賞。 映画の日の3本目。伏見にできた新しい映画館\"伏見ミリオン座\"で見た。(ゴールド劇場やセンチュリーシネマを経営しているCATVのスターキャットだった。)フェアトレードコーヒーなるものがあって東ティモール産のもので
ブロークバック・マウンテン (悠雅的生活)
He was a friend of mine.
ブロークバック・マウンテン (スリーエム。)
3月公開なので当たり前だけど、全国で段々と上映館が減る中、 先週始め、悲願(いや、大袈裟じゃなく)の登山を果たしました! 自分が観れる様に祈って下さった方 本当にありがとうございました!笑 で、(レイトにはならない)夜の回だったのですが 10 ...