日本語学校からこんにちは ~水野外語学院日本語科~

TOKYOベイエリア,市川市行徳にある日本語学校のブログです。日々の出来事、行事、感じたことなどを紹介しています。

「読解」は難しい。

2020-07-16 08:59:19 | 日本語学校

曇り。

朝は、またパラパラと小糠のような雨が降っていました。昨日は、しっかりとした(?)小雨で、学校に着いた時には、髪から滴は垂れているは、袖を絞れば水がポトリポトリと垂れてくるはで、なぜ一番まずい時に出てしまったのかと後悔させられたのですけれども。

最近は、本当に信用ならない。ということで、1000年前の人のように、空を見て、辺りを見て、判断するようにしているので、本当に当たり外れが激しい。ここ数日はうまく行っていたので、己を過信していたせいもあるのかもしれませんが。けれども、不思議なもので、皆が来るころには、だれも気がつかなかったので、乾いていたのでしょう。もっとも、服にはそれなりに(座っていたので)、皺の後が歴然とついていましたが。

さて、学校です。

昨日は、「Bクラス」の教室に入るなり、「寒い」、「寒い」と言う声が。スーダンからの学生は、30度近くあっても、「寒い」を連発するので(セーターこそ着てはいませんが、羽織っているモノから推察するに、秋口の格好ではありませんね。もっと秋は深まっています)、無視するとしても、暑さ寒さに鈍感な(に思える)、ベトナムの学生までが、「しゃむい(寒い)」と言っていたので、かなり寒かったのでしょう。じっとしていたからかな。

最近、「Aクラス」の学生も、「Bクラス」の学生も、なにか一つ乗り越えられたような気がします。もちろん、昨年の4、7月から来た人たちは、ですが。何故にかと言いますと、在日の人たちが何人も入っているので、一概に、クラス全体が伸びたとは言えないのです。ここには、ある程度の差があり、それがやりにくさとも、ある意味伸び代とも言えるのですが。

少し前まで、「指示語」が指すものを言わせても、目の前の文をそのまま読むくらいで、指示語に繋がっている動詞まで気が回らなかった(完全に意味が繋がっていないのです)。それが、もちろん、「Aクラス」の方が先に楽になったのですが、最近は「Bクラス」の方でも、「あれ???」と思わされる事があり…。…こう言うと叱られるかもしれません。「できないと思っていたのに、できていた」なんて言うと。

もっとも、途中で入ってきた人は、なかなか…ですね。しかし、答えが出ているので、皆ができずに、し~んと静まりかえっている教室で勉強するよりは、楽でしょう。「ほかの人はできている、どうして」となってくれるかもしれませんし。

クラスの中で6割できるようになれば、黙っていても皆伸びてきます。それが2割だとちと難しい(おっ、始まったかなといった芽生えを感じる程度)。4割方できるようなりますと、少々明るい希望が持てる…というところでしょうか。「Bクラス」もそんな感じになってきました。

と、肩の荷が下りたような気分で、午後の「Cクラス」に行ったのですが、そこで、ガーンですね。このクラスはまだ『みんなの日本語(Ⅱ)』に入って1か月ほど。

このクラスの構成員はと言いますと、学び始めてから、途中、1か月ほどお休みしていた人が2人。4月生を待っていたのに、結局来られなくなって待ちぼうけを食わされていた学生が1人。それから、6月から始めた(「あいうえお」からです)学生が、(『みんなの日本語(Ⅰ)』を学ぶと同時に)このクラスにも来ている(午前は『みんなの日本語(Ⅰ)』を2時間しています…この学生は、6月に始めてからずっとこのクラスにいました。まだ17才なので、頑張れば着いていけるだろうと入れたのです)学生が1人。それから、同じように6月から始めていたけれども、もう1人が参加するなら自分もと最近来だした人が1人。

というわけで、3人は、始めからだいたい同じくらいでした。6月から来始めた1人が最初は足を引っ張っていたものの、最近やっと揃ってきたなと思われていたのに、また1人、入ってきたので、バラバラに…。

クラスというのは面白いもので、小社会ですから、互いが何となく判るまで、つまり、「この人はこんな人なんだな」と判るまで、ちょっと落ち着くのに時間がかかるのです。判ると、「待てたりする」のですが、判らない間は、どこか空気が落ち着かない。

日本語のレベルでみると、やっと4人は揃い始めたか…と見ていた時に、乱入してきたような感じ。もちろん、最後の1人は、年齢的にも上ですし、参加ではなく、聞くだけと言ってはあるのですが、お国柄でしょうね、大きな声で参加し、しかも言いたいだけなのか、動詞の活用形も適当です。いいところは、間違っていても平気なところ。

最初は、「えっ!?」という顔で振り返っていたような「Cクラス」の人たちも、参加が二回、三回と増えるにつれ、「そうなんだ」という感じで、それなりに認め始めているようです。朝のクラスも、勉強では『(Ⅱ)』に入っていますしね。それほど突拍子もないことは言わなくなっています。

で、話は元に戻ります。

なんのことはない、「Aクラス」も「Bクラス」も、読解の授業が少し楽になったと、ルンルンだったのに、「Cクラス」に行って、「読み物」の授業でがーんときたというだけの話。

重文や複文になると、固まってしまうのでしょうね。それに、「困る」という動詞一つにしても、どういう状況下での「意味」なのか、それぞれが(ネパール、ミャンマー、ベトナム、パキスタン、スーダン)母語や半英語での理解で捉えているので、そこもまた難しいのでしょう。

感覚を表す言葉、感情、気分を表す言葉は、なかなか別の言語に仕切り直すことは難しい。で、この場合の「困る」は、こういう、あるいは別の時に(と、いくつかの例を出しながら)感じるものであるから…と始め云々とは言いましても、この私の用いた日本語のどれほどが理解できたでしょうね。おそらくは私の表情、仕草からそれとなく感じただけなのでしょう。ともあれ、何となく一応、嵐は過ぎた…感あり。あまりいいことではないのでしょうけれども。

ただ、「わからない」とはっきり言ってくれるのが救い。言ってくれれば、どこが判らないのか、あるいはどう説明していったら、少しはましになるのか、こちらでも考えられますから。

日々是好日
コメント   この記事についてブログを書く
« コロナ禍で、学生数は減って... | トップ | お久しぶりです。暑いやら、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本語学校」カテゴリの最新記事