日本語学校からこんにちは ~水野外語学院日本語科~

TOKYOベイエリア,市川市行徳にある日本語学校のブログです。日々の出来事、行事、感じたことなどを紹介しています。

『健康診断』も、昨日、無事、終了しました。外国人相手でも、慣れているんですね。

2018-09-11 09:23:15 | 日本語学校
曇り。

時折、陽が射してくるという点では、同じ。ただ随分涼しくなり、今朝など20度に至らなかったとか。猛暑の次に、すぐこんな風になってしまうと、体調を崩してしまう人が出てしまいます。

「日本の天気はわかりませんねえ」としたり顔で言ったりする、年齢不詳の若者も出てきたりして、困っています。おそらく、バイト先のおじさん、おばさんの口調に染められているのでしょう。

友達はやはり同じ年代の人を選ばなくては…などと思ってしまうのですが、彼等はこれが、案外気に入っているようで、これもまた、困ってしまいます。

さて、昨日の健康診断。

思いの外にスムーズに行きました。

女子と手伝いの学生は九時に登校。男子は10時に登校…。

レントゲン車、また学校でするのは初めてだと言うことで、少々準備に手間取ってしまいましたが、それでも、だいたい予定通りに終わり、ホッといたしました。

実際に検査をするのは、一階だけで十分だと言うことで、三階の教室は待合室とし、順番がくるまで、女子の時は女子だけ。男子の時は男子だけで待っていてもらいました。その付き合いは、私と言うことで、私も三階の教室に。

女子の第一陣は、手伝いを買って出てくれた人たち、次は10人ずつ、二陣、三陣とし、しかしながら、待っている間も、女子は楽しそうによくおしゃべりしていたこと。ただ、最初の一陣の検査を通して、こちらが先に準備しておかねばならなかったことも判り(例えば、「腰まである髪を結わえておく」とか、「吸って、吐いて、止めて」を練習させておくとか)、待たせている間に、その練習などもしておきました。

女子の第三陣が一階に下りた頃、そろそろと男子がやって来たのですが、10時に来ていたのは、手伝いに来ていた六人を除き、たったの三人。むむむむ…。で、来ていた学生達に、「すぐに、まだの学生達に電話をするように」と言うと、「今、歩いています」という答え。

なるほど。この日は、レントゲン車が停まること故、自転車で来ないように言っておいたので、時間がそれだけズレたのでしょう。その後、10分以内に、5人を除き皆来ていましたから。結局、最後の10人が後片付けまでするという羽目に。

早く来ていればよかったと思ったことでしょうね。

ともあれ、無事に終わりました。

皆様、お疲れ様でした。

日々是好日
コメント

今日は、「健康診断」の日です。

2018-09-10 08:52:10 | 日本語学校

曇り。

青空に、うっすらと灰色の雲がかかっています。今日、時々雨…らしい。

この辺りでは、虫の音が、しきりに聞こえはするものの、それほど種類が多いとは言えず、多分、大半は「コオロギ」でしょう。ところが、鷲宮などの田園地帯へ行くと、いろいろな虫の音が聞こえてきて、それこそ、大合唱という感じ。

チチチチチ…、スイッチョン…、スイッチョン…、ジリジリジリ…、チュルチュルチュル…、チイチイチイチィイ…、ジージージー…、「カネタタキ(鉦叩き)」やら「スズムシ(鈴虫)」、「マツムシ(松虫)」、「クツワムシ(轡虫)」、「カンタン」やら…。草むらからならぬ、木の上からも聞こえてきたようだったので、これは一体???何だ…。調べてみると、木の上で、鳴くような虫もいたようで、なかなか賑やかなことです。

それに、駅の階段の上の方に、なぜか「コオロギ(蟋蟀)」が転がっていましたし…。

さて、学校です。

今日は健康診断。レントゲン車がやってきて、それから始まりです。お手伝いの二年生が男女、六人ずつ9時に来てくれることになっています。

日々是好日
 
コメント

「台風一過」、涼しくなるどころか、夏に戻ってしまいました。…ホントに変ですね。

2018-09-05 14:43:10 | 日本語学校

曇り。時折、強風。でもたまに日が照ったり…しています。

なんともはや。昨日、帰りに、一階のクラスで授業をしていた教員が、「飛んでいた雀が落ちた…」。これを、みんなで目にしたそうな。それくらい、強い風がここで吹いていたようです。学生達が帰るとすぐに私たちも学校を後にしました。「台風21号」は、どうも、「雨台風」ではなく、「風台風」だったようです。

そして、今日。直撃を受けた大阪の様子が幾度もニュースで流れてきました。まるで、地震の後のよう。アメリカのハリケーンの様子を見た時、「ハリケーン(台風)で、こんなことが起こるなんて…」と唖然としたことがありましたが、本当にそうなるのですね。満潮時の高潮での被害も凄かった。関西空港は雨に弱いと言われていたけれども、「雨」どころではない、「潮」の怖さも実感させられました。

ここ、行徳の辺りでは、風はずっと吹き荒れていましたが、早朝、雷が鳴り始めたなと思いきや、地震です。震度は「3度」くらいのもので、大したことはなかったのですが、「台風」に、「雷」に、それに加えて「地震」…か。2年後の夏はどうなるのでしょうね。どこかの都合ばかり考えて、この「地(日本)」のことを考えないと、もっとひどいことになりそうな…まあ、これは、いつも最悪を考えてしまうような日本人のいいところ(?)なのかもしれませんが。

だいたい「サマータイム」など導入せずに、(マラソンのことがよく例に出されるので言うのですが)一番、スポーツをしやすい時期にオリンピックをすればいいのです。そして選手が一番負担の少ない時間帯に(マラソンならマラソンで)走れるようにすればいいのです。どこかの顔色をうかがって、それで金を儲けようなんて、そういう了見自体が問題なのかもしれません。

選手達は一生懸命に頑張っていても、周りが「黒い霧」どころか、変なものでドロドロになっていると、選手まで、だんだんそういう気持ちの人が増えていくかもしれません。スポーツをする人の根底にあるはずの、「(スポーツは)楽しい。それを楽しみたい。そして、その楽しみを皆と分かち合いたい」という気持ちまでもが、色褪せていきそうな気がします。だいたい、何のために、オリンピックが始まり、現在まで続いているのでしょう。

ヒトラーの頃は、「国威」がどーんと全面に据えられ(もちろん、国歌とか国旗掲揚なんてありますから、いつも多かれ少なかれ、出てきますけれども)、それが、戦後一時を経て、「商業主義のもの」となり、金が稼げて、しかも「国威」を示せるものと成り果てた…感が無きにしも非ず。

だんだん、選手達も、見ている人も、オリンピックも金勘定をし始めるようになるかもしれません。

「金」が、「かね」でも「きん」でもいいのですが、「上手」であったり、「強かったり」すれば、すごいなあと思い、元気になる人もいるでしょう。練習には、場所にしても、用具にしても、金がかかる。それなら(したい人がいて、楽しみたい人がいるなら)、国民のために税金を取っている国家がそれを準備するのは当たり前のこと。無条件にすべきなのでしょう。特に、昨今のように、いろいろな問題が続出して、人々が滅入ってる時にはなおさらのことです。

オリンピックに出たいと頑張っている人がいる、その数が増えれば増えるほど、お金は必要になってくる。規模が大きくなればなるほど、今度は国のメンツを考える向きも出てくる。そのうちにそれが当然となってきたりする。そうなれば、その流れに嫌悪を抱く人も出てくる。するとアンチオリンピックみたいなものも出てくるかもしれない。

嫌なものですね。台風が来て、大きな災害が起こってしまうと、国家にとって国民の命を守ることが喫緊の大事じゃないかと思ってしまう。それよりも大切なことなんてあるのだろうか。それができなければ、国家の意味なんて無いのじゃないかなどとも思ってしまう。

悲惨な状況にある人々を見るにつけ。

もっとも、そんなことを学生に話しても、みんなぼんやりしているだけなのです。

あまりに国と人々との距離が遠いのでしょうね。日本はまだ文句を言えるだけましなのかもしれません。

日々是好日
コメント

「台風21号」がやって来ます。この辺りはちょっと逸れそうですが、どうなるかしらん。

2018-09-04 07:51:01 | 日本語学校

小雨。

時折、「小糠雨」としか言いようのないような、細く、細かい雨粒が降ってきます。そう、でも、切れ間があるんですよね、雨の。そこで、その隙を突いて、自転車を飛ばしてやってきました。周りを見ると、それでも、大半の人が傘をさしている。私も1時間ほど早めに出てきたのですが、皆、考えることは同じと見えます。尤も、台風の直撃を受けそうな所とは違い、交通機関は運休とか、間引き運転とか、何にも言ってはいませんでしたが、この辺りでは。

「秋雨前線」や「台風」の接近などにより、いつもにも増して、湿度が高いのでしょう。それ故か、昨日の帰り、空き地の前を通った時、それこそ、久しぶりに、耳をつんざくような虫たちの声が、突然沸き起こったかに思えました。いや、「つんざく」と言っても決して不快というわけではなく、ちょっと驚いたのです。

だって、今年は「蝉時雨」なんていう夏の風物詩も記憶になく、あっという間に、蝉たちは姿を消してしまい、夏は過ぎにけり…。今年は、「蝉」と「秋虫」の共演なんてのも、ほとんどありませんでした。

「…ありませんでした」なんて言うと、ちょっと寂しいですね。まだ、本格的な「秋」にはなっておらず、「夏」の名残を引きずっていると言った方がよい頃ですから。

さて、学校です。

「Aクラス(N2)」クラスの学生達、きれいに「N2文法」が暗記できなくなっていました。「今期、最初の授業だから、見ながらでいい。まずは、正確に」などの温情は必要なく、見なければ言えないのですもの。7月の終わりには、大合唱だったのに、こうまでスッカラカンになっていようとは。それでも、始めは、諄く繰り返しながらやってみたのですが、すぐに方向転換。舵を切った。やってられないよというところ。

まずは、全部を、一緒に読んでいく。…そうすれば、記憶の端が生きてくるかなあ…期待半分で。

そうやっているうちに、何人かはちょこっと「ここ、覚えてる」てな気になった人もいたようです。結論、「そうか、夏休みに一度もプリントを開いていなかったのね」。それが、よ~くわかりました。

ちょっと見れば思い出せる程度には、7月に覚えていたのです。しっかり(揺さぶられても崩れない程度に)グチグチと文句を言ったので、「参った」表情の人が半分ほど。あとは…まあ、いつも通りの顔でした。

それにひきかえ、「B・Cクラス(N3)」は、かなり言葉が出てきましたね。休み中、見ていないのは同じだと思うのですが…。言葉を換えて言えば、それほど「N2」文法は難しいと言うことになるのでしょうか、「非漢字圏」の彼等にとっては。

そして、「Eクラス(七月生)」では、「Dクラス(四月生)」から、「(今の進度では判らないから)もう一度やりたい」という人が、三人ほどやって来ました。7月にも(このクラスを開設する時に)一人来ていましたし、昨日また、新たに、「自分ももう一度やりたい」という人が出たようで、結局、四月生が五人、「7月生クラス」で一緒に勉強することになりました。

「Dクラス」は、『みんなの日本語Ⅱ』を終えてから来ている人もいましたし、40課くらいまでやって来日していた人が多かったので、タラタラとは授業を進めていけなかったのです。もちろん、「ひらがな」「カタカナ」から入りましたし、第1課から教えはしています。けれども、特に1冊目は「既習のものの確認」という感じで授業をしていますから、普通の(アルバイトもし、しかも勉強の習慣も彼等の国での普通並み、その上、スリランカの学生のように14課くらいまでしか教えられていない」学生にとっては、ちょっと大変だったのかもしれません。

昨日の感じでは(昨日は、第1課から18課までの復習)、彼等も楽しそうに「テ形」「ナイ形」「辞書系」を言っていました。「動詞」「形容詞」の単語もだいたい覚えていました。ただ、「ナ形容詞」の活用はちょっと弱かったかな。とはいえ、二度目というのは、彼等にとっては、楽しいらしい。できることを皆と一緒に言えるというのは、そうですね、楽しいものなのです。「盆踊り」が楽しいようなものかもしれません。連帯感も生まれることですし。

もちろん、見事に間違えてしまう所もありましたし、「そりゃなんだ」という顔をされることもありました。が、まずは「一緒に練習すること。わからないからといって、寝ないこと」です。人数も「Dクラス」に比べれば、半分ほどですので、ぼうっとしている学生には叱咤激励ならぬ、からかってやることもできます。

「からかわれ」ても、猫が「猫じゃらし」にじゃれているように、明るい顔を本人も周りもしてくれるところがいい。

『初級Ⅰ』なんてのは、普通、在日の学生が多く入ってくる傾向にあり、その人達と、すでに学校に慣れた人達とは、ちょっと気分が違うことがある。特に、来日後一年、二年と経ち、仕事なんかも始めている人とは、ちょっと違ってくる。

しかしながら、授業に参加し、一緒にこの雰囲気に染まっているうちに、その人達も、学校の学生達の気分と同じようになり、「差別されて文句を言われる」のと、「身内同士のからかい」との差を感じ取れるようになるものなのです。だって、みんな「え~、またァ」みたいな顔をして、「もう、せんせ~ぇ」とやっていますもの。文句を言われても目くじらを立てる必要なんてありません。

だいたい、教師も学生も、そういうものだとやっていますから。

日々是好日
 
コメント

やっと、秋が始まった…ような感じです。風の音にぞ…なんて時代ではなくなったのかもしれません。

2018-09-03 08:41:08 | 日本語学校

曇り。

家を出てみると、ポツ……ポツ……と、何やら感じられるものがあります。自転車を漕いで、角を曲がった辺りから、ポツポツが、気ぜわしくなってきました。かといって、濡れた―というほどではないのです。微妙ですね。頭部の、上の方に何だか、落ちている…くらいのものなのですが、感じられることは感じられる。で、学校に着いてみると、やはり濡れている。ちりも積もればなんとやらでしょうか。

予報では、午前中は雨。けれども、この辺りは、これで終わりかなくらいのもの。もっとも、明日は、大雨のようですから、大変です。新学期始まってすぐの、雨。けれども、今日はかなり涼しいので、学生達は楽でしょうね。んんん。油断大敵、暑さが緩んで、涼しくなった途端に、眠りが深くなって…、その挙げ句が遅刻ということになるかも。特に午前の学生達は…。

さて、学校です。

今日から、東京成徳大学から実習生が2名来ます。一週目は、まずは見学、そして、2週目に研究授業の準備ということになりそうです。

「知らない人が…」。毎年のことながら、一年生にとっては初めての経験。二年生は、一年生の時に協力してもらっていますけれども…、彼等、去年のことを覚えているかな?

二年生というのは、言葉もかなり話せるようになっていますし、在日一年以上の人達ばかりですから、初めての人とのやり取りも手慣れたもの。「やはりなあ」と思わせてくれます。ただ、研究授業の対象クラスである一年生は、最初は、ちょっとドギマギしてしまうかもしれません。だいたい、互いに互いを見つめ合い、なかなか一言が出てこないものなのです。

尤も、だれかが、「あ」なり「お」なりを言ってしまうと、あとは大丈夫。ごく普通に相手になっています。なにせ、彼等の方が、外国人の相手は慣れていますから。

日々是好日
コメント

今年は、「蚊」を、あまり見ていません。

2018-08-31 09:12:23 | 日本語学校
晴れ。

今朝も、猛暑です。

今年の夏は、「蚊」のブンブンという羽音をほとんど聞いていません。それは、よかったねえというところなのですけれども、なんか変。それに、暑さで、木々も参ったようで、葉を日焼けさせています。

普段なら、お盆が過ぎた辺りから、飛び回っているはずの「アカトンボ(赤蜻蛉)」も、まだ姿を現していません。暑さで山から下りる気にならなかったのでしょうか。

季節感が狂ってきますね。

今年は、「チョウ(蝶)」の姿も、「トンボ(蜻蛉)」の姿も、あまり見ていません。夏は、それなりの時機に、咲くべき花々も咲きはしたけれども、あっという間に姿を消してしまったような気がします。決まった時に、「花火大会」があり、「盆踊り」も開かれはしたものの、人が「夏はこうである」という取り決めで動いているだけで、やはりあるべきものがないと…どこか違和感を拭えません。

なんか変だなあ…。ホントに変だなあ…。

さて、学校です。

「夏休み」は、今日で終わりです。今週、学校に来た学生達には、「授業はいつからですか」と確認を取っているのですが、来ていなかった学生は大丈夫ですかしらん。毎期、こういうことになってしまうのですが、多分、心配しすぎなのでしょう。いつもちゃんと来ていますから。

一昨日、「面接」の練習をした学生二人、帰りにニコニコして、「先生、明日も来ます」。この二人、一昨日は九時に来ると言ったのに、スリランカタイムで、来たのは10時過ぎでした。

それで、「何時に来るの?」。「…九時は無理かな…10時なら大丈夫」。「ホントかな?」。「本当です。大丈夫です」と胸を張っていたのに、昨日は…やっぱり、来ませんでした。この中の一人は、「好きなことは?」で、「寝ることです」と答えていましたから、やっぱり…無理だったのでしょうね

というわけで、「面接」の練習は中途半端で終わっています。「実際にやってみる」が抜けているのです。…でも、まあ、大丈夫か。「聞く・話す」は、できる人達ですから。

日々是好日
コメント

今年は、「アカトンボ(赤蜻蛉)」をまだ見ていません…。

2018-08-30 09:22:51 | 日本語学校

曇り。

時折、薄日が射しています。暑いことは暑いのですが、それでも、ちょっと違いますね、特に早朝は。

少し前まで、たとえ、早朝四時であろうと、起きてすぐ、窓を開けたくはなかった。なぜなら、熱風が吹き込んでくるから…でしたのに、今は、余裕でとまでは言いませんが、それでも、開けてもなんということはないのです。しかも、開けると涼しい風が吹いてくる日だってありました。
とはいえ、今年は、「台風」どころか、「秋雨前線」も「大変、大変」です。前から、「台風と重なるから、大きな災害を引き起こすことがある」と言われていたものの、こんなにひどかったっけ…。今年は、まるで「一人でもやれるんだぜ」と自己主張しているかのよう。「(『秋雨前線』って)こんなに凄かったっけ」と、驚かされるような現象が、各地で起きています。

「点」というか、小さな面で、移動しながら被害を大きくしていくのです。何よりも、予報天気図に記された、赤のバッテンマーク(雷様の印)がすごい。あまりに多すぎて、真っ赤っかになってしまい、バッテンの形すらわからなくなるほどです。

例年ですと、「梅雨前線」の方がずっと「災害」と結びついて印象に残っているものなのに。なんとなれば、長いですもの、こっちの方の「雨季」は。だいたい長雨で緩んでいる土壌に、ドッと雨が降ると、土砂崩れになる。雨で水かさが増している川に、ドッと雨が降ると、洪水になる。何よりも、この期間の長さが災害に繋がってしまうのです。

ただ、この「秋雨前線」は、秋を連れてきてくれますから、今年のように猛暑が続いていると、待たれますね。思わず、空を仰いで「今、どちらにいらっしゃいますか、『秋雨前線』さん」なんて言いたくなってしまう。もちろん、涼しさを連れてくるとはいえ、雷雨、雹、竜巻になることもありますから、本当は「くわばら、くわばら」なんですけれども。

さて、学校です。

「夏休み」に、よく学校へきて、勉強していた台湾の学生、いつの間にか、集中力がつき、「数学」が面白くなってきたようです。この分で行くと、数学では高校入試に合格出来るかもしれませんね。あとは「英語」をもう少し頑張らなくてはね。

そして、昨日、9月の2週目に専門学校の試験があるというスリランカの学生が二人、面接の練習に来ました。やはり、助詞が抜けやすい。ヒアリングはいいのですけれども、話すと「ちょっと…」というところです。

そして、4時近くになって、寮の光熱費の紙を取りに来た、今年の四月学生。私と台湾の学生が一緒に勉強しているのを見て、「何を勉強していますか。私も数学を勉強したいです」。

訊くと、本はリュックに入っていると言います。「では、せっかく学校に来たのだから」と、三階で勉強していくように勧めます。少し経ってから様子を見に行くと、「N3」の文法を読んでいました。「判るか」と訊きますと、「ベトナム語で書いてあるから判る」と言います。「では、そこに在る単語は判るか」…、キョトンとした表情。「文法さえ判ればいい。なぜならこれは文法の本だから」。そう思っていたのでしょう。

「非漢字圏」の学生が、なかなか文章が読めない理由の一つに、語彙力の欠如というのがあります。「インド圏」の学生は、だいたいヒアリングがいいので、生活日本語レベルであったら、大丈夫なのですが、語彙の中でも「漢語」つまり、音読みが主の「漢語」のものが、なかなか定着しないのです。まして、ヒアリング力も大して無いベトナムの学生においては、もう「大変さ」が3乗、4乗で攻めて来ているようなものです。

この学生、発音はそれほど悪いわけではない、ということは、ヒアリング力がつくのも、時間の問題でしょう。ということは、今のうちからでも、語彙は増やせるのです。日本にいるのですから。見て覚えた言葉でも、耳にする機会が増えれば、それだけ定着する可能性が高くなる。

で、もう一度、最初から読み直し、知らない単語に線を引いていくよう勧めます。それからまた少し経ってから上がっていきますと、線を引いた、その横に単語の意味を律儀に書いています。

「そんなことをする必要はない。今は線を引いていくだけでいい。読み進めていけば、幾度も出てくる語があることに気づく。その時に調べればいい。その方が覚えられる」

多分、彼はこのやり方でも十分にやっていけるでしょう。もとより一つ一つやっていかなければ落ち着かないという人もいますから、一概に「このやり方がいい」とは言えません。

これから何をしたいかと訊きますと「勉強したい」。「何を勉強したい?」「何でも。何でも勉強したい」

まだ「何を」がないのです。そういう学生がほとんどではあるものの、彼のように「なんでも勉強したいのだが、まだ『何を』がない」人はそう多くはありません。

頑張ってほしいものですね。

日々是好日
コメント

涼しい朝です。

2018-08-29 09:43:01 | 日本語学校
曇り。

だんだん、草むらが賑やかになってきました。今朝など、窓を開けると、冷やっこい風が吹き込んできて、その涼しさに驚いてしまいました。といって、特別気温が低いわけでもないのです。それを、どうも涼しいと、感じてしまう。人間に「絶対温度」ないんですね。なんでも「相対」で感じてしまうから、楽というか、困ったことというか。

もちろん、こんな人間だから、暑さにも耐えられるし、苦しさにも悲しさにも耐えられるのでしょうけれども。

今朝、学校に来る途中、「アサガオ(朝顔)」と「ミニトマト」で緑のカーテンを作っていたのでしょうか、ちょうど「ミニトマト」を収穫している所に出くわしました。

よく「緑のカーテン」を作るとかなり温度が違ってくるし、野菜を使うと一石二鳥だと言われているのですが、ゴーヤも苦手だしなあ…。でも、「ミニトマト」はいいですね。軽いし、すぐ生るでしょうし…。

…と、こんな暢気なことを言っていられません。

今度は、「台風21号」が発生し、勢力を増しながら、来週辺りやって来そうだとか。

9月の初めから、台風休みというのは、ちょっと困りますね。実習生も来ることですし。

さて、学校です。

今日、面接の練習に、3名。そして、願書書きに、一人やって来ることになっています。それから、中国人の学生(在日)が二人、よく勉強にやって来ていますから(今日も来るでしょう)、自習部屋は、今日、ちょっと賑やかになりそうです。

日々是好日

コメント

この辺りでは、もう「セミ(蝉)」の声は聞こえてきません。

2018-08-28 09:11:58 | 日本語学校

曇り。

昨日は予報通り、夕方になると、あっという間に黒い雲に覆われ、どこやら遠くで雷の音が…。慌てて家に帰ったのですが、雨が降り出したのはそれから数時間も後のこと。

東京や北部関東では、ゲリラ豪雨やら、雹やら、強風やらに見舞われ、電車も止まったりして、大変だったとか。もうヒートアイランドで猛暑(で、大変だ)どころではありません。日本の気候って、こうだったかしらん???と首を傾げざるをえないような、極端なお天気が続いています。

最高気温が30度で、「今日は涼しい」なんて感じてしまうから、体感というのも、ちょっと頼りにならない(今日は、昨日の雨のせいで、5度か7度ほども低いらしい)。

とはいえ、先週の土曜日。鷲宮駅で、一休みしていると、いつの間にか「ミンミンゼミ」の声が消え、「ツクツクボウシ」が鳴き出していました。もっとも、草むらの秋の虫たちの声にかき消されてしまいそうな弱々しいものではありましたけれども。

季節はすでに秋。で、正直な虫たちは、そろそろ…と出張ってきたのでしょうが、この暑さです。驚いたでしょうね。春の初めなら、サクラの頃に、雪が降ると言うことも、なきにしもあらずなのですが、暑さがこうも続くと、慣れていない虫たちは堪らないでしょうね。徐々に体が暑さに慣れているはずの我々、ヒト族でも、一日か二日でも、過ごしやすい日がきてしまうと、もう暑さには耐えられなくなってしまいますもの。

小さな虫たち、涼しさがやって来るまで、もう少し、頑張ってくれるといいのですが。

さて、学校です。

夏休み中とはいえ、時々お客様が来られます。専門学校や大学の方々がよく見えられるのですが、暑い中、フウフウと汗をかきながら、説明してくださいます。数ヶ月に一度、進学した学生達の成績、出席率、その他、彼らの近況などを、封書で送ってくださる学校はあるのですが、それ以外は、なかなか知ることができません。それで、こうやって訪ねてくださる時に彼等の様子を知ることができるので、私たちとしてもありがたいのです。もっとも、何も知らなくていらっしゃる方もいるので、その時はそれなりに拝聴しているのですが。なにせ、今年もお世話になるかもしれませんし。

学生達も、ちょいちょい顔を見せてくれます。専門学校の説明会に行く前とか、行ってからとか(願書書きです)、それから受験票を取りに来たり(学校に届くようにしてあります)、寮費を納めに来たり…。

その時に、「今日は休みです」とか、「今日は2時から(まだ1時間も間があったり)」とか言ったりしますと、「さあ、勉強していけ」ということになりますから、学生達も然る者であって、ギリギリに来るか、あるいは、「昨日は夜番でした」、「まだ昼ご飯を食べていません」なんぞを、こちらが訊く前に付け加えたりする。だいたい、そう聞かれた時には、次にこう来るだろうという知恵が働きますから、ちっとやそっとじゃこちらの策には乗ってこない。

とはいえ、学生達の「心づもり」を、こちらも知っておく必要があります。この「心づもり」というのは、主に進学や、将来のことなのですが、昨日も、一人、学生が来たので、彼と話しているうちに、私たちが彼について考えていることと違うことが判り、これは対策を練らねばとなりました。

日本語学校の留学生に、家でも勉強させるというのは、かなり大変なことで、「初級」段階の「宿題」が、せいぜいなのかもしれません。自ら、積極的に、不得手な(自分で見つけて、必要があると思って、そういう)部分を覚えたり、書いたりするということは、難しいことのようです。つまり、「ここを書け」とか、「これを覚えろ」と言われない限り、大半の者はできないのです。国でも、勉強は学校だけで、家ではしていないという人がほとんどであれば、日本に来て、急にこれをやれといわれても困るだけというのもわかりますが、それでは何も学べません

もちろん、ヒアリングがいいという民族は、居るだけで(日本にいるのですから、聞けるところ時間もたくさんあります)、「生活日本語」は大丈夫になりますが、「N3」くらいから、だんだん知識も必要になってきますから、そこで止まってしまうのです。

日本にいて、適当な(正確ではない)日本語でどうにかなるところで働くだけなら、それで十分です。けれども、勉強するのだから、知識も持たせ、他の日本人から、それなりの待遇を受けられるようにしたいと考えるのが、学校や現場の教師。そこで摩擦めいたものが起きるのです。

母国の高校の成績はとてもいい。けれども、そこに胡座をかいて、日本でもそれでやっていけると思っていると、そうは問屋が卸さない。

ハッと気がついたら、来た時のクラスには居られなくて、クラス編成試験の時に、もう一度勉強しようなんてことになってしまう。しかしながら、国でのことが忘れられないので、(自分は頭がいいという自尊心です)、面白くない。だから、学校に来なくなったりする人も出る(どこに居ても同じ人は、そういうことも考慮して、もう上のクラスに置いています。ただ本代はかさみますね。上に行けば行くほど学ぶものも増えていきますから)

自分はできると言い張っても、実際には、漢字が読めませんから、文章の意味もわかりません。こちらが文章を読んでやれば、だいたいは判るのでしょうが、一人で作業するように言われると、そこで「お仕舞い」になってしまいます。

かといって「ヒアリングの時は残ってもいいけれども、読解やN2文法、N2漢字は下のクラスで」とは、ならないのです。

そのレベルの文法が判らなければ、そのレベルのヒアリング力も身についたものとはなりませんから。

難しいですね。でも、結局は、切磋琢磨されていないことから来る問題です。自分より上のレベルの人も知らなければ、しっかりと読んでいかなければ意味が掴めないような知識も知らないのでしょう。鳥無き里の蝙蝠と言ったら、言い過ぎでしょうか。

とはいえ、私たちが頭がいいなとか、できるなとか思えるような人は、早くにこの悪しき思い違いを、少しでも早く改めてほしいのです。そうすれば、もっと学びに適した環境で、自分よりの上の人たちと出会い、聞いたこともないような知識、アイデアと出会うこともできるでしょうから。

日々是好日
コメント

ペラペラしゃべれるからといって、日本語のレベルが高いとは限りません。

2018-08-24 08:59:50 | 日本語学校
小雨。

時折、渦を巻くような感じで雨が降ってきます。台風のせいと言えば、そうなのでしょうけれども、この辺りはそれほどのことはなく、ちょっと気が抜けた…くらいのものです。

朝、起きた時には、雨も全く降っておらず、拍子抜けして、キョトン。それが1時間ほども経った頃でしょうか、パラパラと降り出したので、「さては今頃やって来たか」と緊張…したけれども、ものの10分も保たず、また止んで…。

出た時は、小糠雨程度でした。それで、自転車にしようと家を出たのですが、皆、考えることは同じと見えます。いつもに比べ、自転車が多かったような気がしたのは、あながち、「気がした」だけではないのでしょう。

とはいえ、風は生暖かく、まるで春一番のよう。台風が送り込んでいるこの熱風も、海水温が高止まりしているからなのでしょう。母体は海水温と言えるかもしれません。

満潮時に台風に出くわしてしまった港は大変です。海が膨張して見えます。遊歩道も海の中、車道を呑み込まんばかり。「津波」に限らず、「高潮」も怖い。

「海辺に住んでいる人間が一番海のことを知っている」とは、よく言われることですけれども、最近は海辺に住んでいても、海と関係のない仕事をする人が多く、それ故に、災害が大きくなりがちなのかもしれません。

海、山に住んでいても、海、山と関わりのない生活をしていれば、「海の民、山の民」とは言えないのでしょう。

さて、学校です。

同じインド圏(日本人から見れば)の人達とは言え、スリランカ人学生とネパール人学生とは本当に違います。

その一つが、長期休暇後の日本語レベルにうかがえるのも面白い。

スリランカ人学生の長所は「聞く・話す」ですから、休みが長かろうが短かろうが、関係ありません。休み明けでも(日本語)レベルに変化はなく、却って上手になっているくらいです。如何に学校での勉強に向いていないかがわかります。

働いたり、遊んだりで覚えていくようで、漢字を覚えたり、難しい文法を覚えたりといった、ある程度「努力」が必要なことは、大してする習慣がありませんから、学校が開いていても開いていなくても関係ないのでしょう。

聞いて覚え、ペラペラしゃべれるようになるといっても、ほとんどが生活に直結していることばかりですから、そのまま日本の普通の会社に勤めたりしますと、かなり大変なことになってきます。相手(日本人)の言っていることが判らないでしょうから。とはいえ、対策はあるようで、「相手に話させないで、一方的にまくし立てる」。これに尽きるようです。相手が何かしゃべれば、それに答えなければなりませんから、自分が判っていないのがバレてしまう。それは困る。とにかく、「しゃべったれ」というところなのでしょう。

学校に通っている間は、(日本語教師はそれをさせませんから)いやでも自分が判っていないのを、鼻先に突きつけられて、指摘されてしまう(プライドが傷つきますね)。でも、こうやって指導するしかないのです。判っていないのを誤魔化そうとする手合いが多すぎるのです。彼等同士がやっているように、それを見過ごしてしまうと、結局、困るのは自分たち。スリランカ人同士のように、なあなあとやってくれて、しかも、業績のいい会社というのは、あまりないと思いますから。

そういうところに入れたとしても、日本の会社はそれほど親切ではありませんから、いくらペラペラしゃべってみせても、何かの拍子にバレたりしますと、「こいつ、やっぱり、(意味が)わかっとらんのかい」と肚でせせら笑われてしまう。

「判らない」と、正直に言う人には、親切に応対する人はいても、誤魔化してやり過ごそうという人には、だれも親切になぞしてくれません。

大変ですね。そうではない人もいましたけれども、そういう人にしても、こういうスリランカ人の「性格」は嫌だと言いますね。

その反対に見えるのが、ネパール人。

長期休暇中でも、寮費を払いに来たり、宿題のチェックを受けに来たり、進学の相談に来たりとするのですが、見事に(日本語)レベルが落ちていきます。こういうのはベトナム人と同じ。

この人達は、勉強は学校だけでするものと思っているのだなと、それが本当によく判ります。これはこれで困ったことですけれども、素直な人達が多いので、なぜ休み中も勉強しなければならないかと、その理屈を丁寧に説明してやると、中にはハッと気づいて、勉強し出す人も出てくるので、叱り甲斐、説明し甲斐があります。

ただ、山国で、閉鎖的なところに育ったからか、それ故に情報も少なかったからか、本当に知らないことが多い。学校の勉強では、最初、それが問題になってくるのですが、もとより、これは彼等だけのことではありません。「知らない」と言うか、あるいは知ったかぶりをして誤魔化そうとするかだけの違いにすぎませんから。

「知らない」と言ってもらうと、こちらもスマホで見させたり、DVDを探したりして、教えることができるのですが、それがないと、こちらも素通りしてしまいます。そして、判らないというのを、単語や文法の問題として捉えてしまうことになります。却って、ソンなんですけれどもね。。

もっとも、日本に住んでいても、そういうことが必要になってくるような社会に入らなければ関係ないことなのでしょうけれども。

日々是好日
コメント

台風はまだ来ていません。夜にならなければ、雨にならないそうです。

2018-08-23 11:30:25 | 日本語学校

晴れ。

今晩から、「台風20号」の影響で、雨になるとか。今はそれが信じられないくらい晴れています。雲は、低いところで、空を縁取るように見えるくらいで、雨になりそうな気配は全くありません。でも、巨大台風は来ているのですよね。下手をすると、地域によっては、雨が1000ミリを超えるかもしれないとか。晴れているこちらが、申し訳ないような気分です。

さて、学校です。

教員が一人、スリランカに向けて出発しました。いわゆる、「面接」です。

「ネパール」や「ベトナム」、「スリランカ」、そして以前の中国の場合は、行って、面接して…。中国では、こちらも、ある程度、中国が判るので、会えば、それなりに判断できたのですが(日本人同士でも、人を見るのは難しい)、「ネパール」や「ベトナム」はそうはいきません。

1度目は互いに様子見です。向こうの学校、ないし間に立つ人が連れてきた中から、会って、一人か二人、入れてみます。その学生が勉強しなかったり、相手校や中間の人が、学生が問題を起こした時、面倒を見なかったりすれば、もう2回目は遠慮してもらいます。

これが普通。

但し、「ネパール」の場合は、更地のような感覚でした。実際には、すでにたくさんの留学生が日本に来ていたというのに。向こうでは、日本に留学するのに、「ひらがな」くらいが、ちょっとできただけで、もう大丈夫と踏んでいたようなのです。それでも「N5」の試験に通ったりしますからね。これは「スリランカ」も「ベトナム」の同じです。それが相場、というと何ですが、日本の日本語学校が、現地に面接に行っても、ありきたりの小テストで終わりで、勉強ややる気の方はあまり気にしていなかったらしい。だから、それでいいと思っていたのでしょう。

こちらにしても、「ネパール」が「『非漢字圏』とはいえ、インド圏だから、ヒアリングはいいだろう。ヒアリングさえよければ、こちらの言うことがわかるだろうから、『ベトナム』の学生のように三重苦で悩むことはなかろう」くらいの感覚で、入れたのです。

ところが、豈図らんや。これが本当に大変で、日本語には動詞の活用があることも、すんなり入らなければ、文字も「『ひらがな』で、終わり」くらいの知識しかなかった。「カタカナ」や「漢字」があることは知っていても、それを「ここまでやれ。どうしてしない」とせっつかれるとは思っていなかったらしい。

人柄は本当にいいのですが、勉強に関して言えば、ノホホンとしていて、毎日「どうして勉強しないのか」と怒られても、焦っているだけ。大卒であれば、彼等の国では「すごい」と言われるからなのか、日本語を甘く見ていた。

で、クラスの再編成の時に、バッタバッタと落とされた。ここで始めて、ショックを受けたらしい。

「どうしてですか」と訊きに来た学生が数名いました。クラス再編成テストのみならず、それまでの数ヶ月ごとのテスト結果を見せ、「できていないから、もう一度やった方がいい」。「これから頑張るから、このままでいさせてくれ」と言われても、「前のができていないのに、次のレベルは無理だ」。

これで、初めて、頑張らないと落とされるという意味が分かったのかもしれません。なあなあでは、やっていられないのです。

この点、スリランカの学生や、かつてのベトナムの学生は、カンニングという手があった。相手に要求されれば、当然のように見せるし、なかには同じテストを持って来て、答えを写していたスリランカの学生もいました。丸見えですから、そのそばに行って、黙って見てやると、嫌な顔をする。本当にカンニングが習いになっているとしか思えないような連中でした。

ところが、ネパールの学生は、「カンニングをしてはいけない。答えを見せてはいけない」と言っておくと、見せるように要求された学生が、芯から困ったような顔で、私たちを(助けてくれと言わんばかりの目で)見つめるのです。

そして、終わった後、「先生、悪いことをしたような気持ちになったけれども、見せたらいけないんだよね。だから、見せなかったよ」と言いに来るのです。

日本で勉強したい、日本で働きたいと思ったら、ズルはだめです。仕事や勉強ができなくても、それは、仕事ができない、勉強ができないだけのこと。もちろん、できた方がいい。けれども、それはそれで終わりであって、それで、人格まで貶められるようなことはないのです。けれども、狡いことをして、できたと誇っていると、人格まで嫌われてしまいます。信用できない人ということになるのです。まあ、一事が万事というところなのでしょう。それが嫌なら、みんながそうやっている世界に戻ればいいと、普通は思います。お互いに嫌な思いをし合っているわけなのですから。いい気分でいられるところに帰った方がいいとしか言いようがありません。

今は、「面接の仕方」や「その後の話の内容」などの勘所がどうにか判ったような気分でいます。

「ベトナム」や「ネパール」では、一人に30分あるいはそれ以上を掛けることもあります。来てしまえば、こちらの問題になってしまうのですから、こちらも必死です。まず、勉強したいという学生を探します。あとはやる気ですね。国で『みんなの日本語』を50課くらいまできちんとやっていると、ああ、勉強する気だなというのがわかります。もとより、国によって教師がいないなどの事情がありますから、それでも『みんなの日本語』25課まではやっておいて欲しい。つまり「N5」レベルです。

「N5」に合格したと言って面接に来ても、ろくに「ひらがな」も「カタカナ」も書けない。単語も覚えていない。これはカンニングを疑わざるをえません。しかも、いけしゃあしゃあとしていれば。以前、そういうベトナムの大卒者がいました。わけがわからないとしか言いようがないのですが。

留学生には来日後、時間がそれほどないのです。長くて2年。大学進学を考えると、四月生でも1年半くらいのものでしょうか、日本語を日本で勉強できるのは。ですから、『みんなの日本語』1冊目くらいは終えてきて欲しい。日本では日本人でしかできないような勉強をして欲しいのです。国でできるものは国でしてきて欲しい。つまり、時間、曜日、数、あるいは単語などの暗記です。

今年の9月には、ネパールへ、10月にはベトナムへ行って、面接してきます。しかし、今年の四月生の時も、七月生の時も、会って、話して、勉強していたのを確認していたのに、許可が下りなかったのです。私たちとしては、書類もさることながら、見るのは人ですから、銀行などの理由で落とされてしまうと、どうしていいのかわからないという気分になってしまいます。

いい人に来てもらいたいと、これほどまでに手をかけているのに(教えるのは私たちですから、変な人を入れてしまうと、こちらが苦労します。教えること以外で苦労したくないというのが本音です)、相手のお国の事情みたいなので落とされてしまうと、面接に来てくれた学生にも申し訳ないような気持ちになってきます。

ネパールの学生を入れることを考え始めてから、ネパール関係の本を何冊か読んで(インターネットでも論文がでていました)、ネパール事情を少しでも知ろうとしているのですが、その過程で、学生達の親が利用している銀行と言うのは、海外送金ができるような大手のものではなく、普段は、言わば、日本の「講」のようなものであるということ。低カーストのものでも、グローバル化が進んだことにより、富者が生まれ、その人達が中心になって、同カースト内での助け合い、相互補助のような仕組みを作り、そういうところに、金を預けたり、借りたりしている人も少なくないのだということを知りました。

日本の、いわゆる銀行という概念は、もしかしたら、彼等には乏しいのかもしれません。
彼等が利用しているところでの記録はあっても、それはだめと言われる。ならば、他の大銀行に、一時的に金を入れるしかありません。けれども、そこの記録はありませんから、結局、真偽を疑われ、また落とされてしまう。

同じ日本語学校の親しくしている方が、向こうで、彼等が使っている銀行に出向き、しっかりと話をして確認をしてきた。それなのに、その銀行も、日本の入管が認めるものとはならず、学生達は全滅となった。

はあ、本気で勉強したいと思っている学生達はどうしたいいのでしょうね。

会って、選んでくると、強気で言いながらも、内心では忸怩たるものがあります。

日々是好日

コメント

「集まっては散り、散ってはまた集まる」というのが人の世の習いなのかもしれません。

2018-08-22 09:33:23 | 日本語学校
晴れ。

「W(19号、20号)台風が近づいているというのに、こちらは「晴れ」です。大して風も吹いていません。小さいとは言われる日本も、こうも違うと、それほど小さくはない…と思ってしまいます。

学生達と話していると、日本という国の、面積上の大きさが、「普通」であるような気がしてきます。その昔、古代ギリシアでは、ポリスの人口が、ある一定以上になると、人が他の土地を求めて出ていくというのを聞いたことがあります。自治というか、皆で話し合って決めるには、限界があるということなのでしょう。

日本でも、「中央(政府)が、何もかも決めるのは無理だ。広すぎる。道州に分け、それぞれの地域で、その地域のためになる政治を考えた方がいい」という案が、いまだに燻り続けています。時々、出てくるのです、ふいと。忘れた頃に。

それぞれの土地の風土が違う。人気も違う。歴史も違う。当然のことながら、作物も違ってくる。何を重点に栽培した方がいいかなんてものも、中央には判らんだろうし、人々が何を欲しているのかも判らんだろう。そうなれば、その土地の人がちが、自分たちで選んだ方がいいとなるのでしょう。

とはいえ、そういうところでも、地域エゴが必ず出てきます。狭く、小さい場所であっても、そこには必ずと言っていいほど富者と貧者は存在しますから。自分たちはたくさんの税金を納めているのに、自分たちの生活を豊かにするために使われていない。他の「ノホホン」と暮らしているげに見える人達のために使われているのではないかという不平等感です。

「『森は海の母』。だから『森を育てよう』と漁師さん達が立ち上がった」とはならないのです。

もちろん、「金持ち喧嘩せず」ですから、皆が皆、何億円も自由になる金を持ち、ほかの人に1億くらい遣っても「へのかっぱ」というのなら話は別ですが。

日本人が、一見独立しているように見えるのは、「人様に迷惑を掛けない」から。つまり「自分も人様に迷惑を掛けられたくない」から。

なにせ、皆、自分が生きるだけで精一杯なのです。他者をそれほど構えなのです。

思えば、日本が貧しかった頃は、隣の家に「醬油がきれたから、ちと貸しておくれ」だの、「今日は客が来るので、皿と器を2、3枚貸しておくれ」だの言えた時代でした。皆が貧しく、自分だけでは生きていけないということが共通理解としてあったからなのでしょう。

今は、一人でも生きていける…と「誤解できる時代」なのかもしれません。とはいえ、全く社会、他者を必要としない人は、おそらくいないでしょう。ゼロとは言いませんが。

今は、いくらなんでも、「野に捨てて けだものに ほどこすべし」とは、普通、なれないのです。勝手に死んだって、その後片付けをする人がいます。縁者に連絡をする人もいます。放っておかれないのです。

尤も、こう言えた一遍上人とは時代が違います。「生ぜしも独りなり 死するも独りなり されば 人と共に住するも独りなり」と言えたのも、乱世に生きた宗教者の一人として、考えに考えた末のことでしょう。とはいえ、翻って考えれば、つまり、それほどに「つながり」というか「人と人との関係」を意識していたのかもしれませんし。

さて、つながりの中で生き、それを全く意識していないように見える学生達です。

昨年の「四月生」は、新学期が始まれば、最後の学費を払わなければなりません。少なからぬ学生が、「(この学校の)学費は自分のアルバイトで大丈夫だけれども、進学のためのお金は『送ってもらう』」と言います。

去年、一昨年までは、そういう学生の方が断然少なかったのに、今年は、そういう学生の方が多いような気がします。以前はベトナムの学生など、送ってもらえるのに、メンツから、送ってもらわないで、自分が送るという学生がよくいました…なのにねえ。

それなりに、お金に不自由しないような人達が増えたのかもしれません。

日々是好日
コメント

時々、出会う学生達に、「勉強の様子」を訊いています。すぐに逃げ腰になられてしまうのですが。

2018-08-20 09:33:00 | 日本語学校

曇り。

沖縄・九州を窺っている「台風19号」の影響なのか、今日は曇りです。雨が降る可能性も高く、折り畳み傘を勧める予報官も多い。

先週の金曜日は「秋晴れ」でした。空はどこまでも青く澄み、雲一つないという、久しぶりの秋空。風は強かったけれども、あれが、雲を追い払ってくれたのでしょう。

で、土曜日。

鷲宮駅に着くと、既に「ミンミンゼミ」の声が、草むらから湧くように響いてくる虫たちの合奏にかき消され…。蝉ももう終わりなのかと、感傷的になってしまいました。

今年の蝉は本当に可哀想でした。……「ミンミンゼミ」のことですけれども。猛暑にやられてか、彼等の「期間」は本当に短かった。普段なら、あちこちに仰のけに転がっている蝉たちの姿が見かけられたであろうに。今年はそれも疎らで、私が目にしたのは子供がつついていた一回を入れても3度だけ。その時は元に戻してやると、すぐに飛んでいきましたけれども。

さて、学校です。

夏休みには、学生達の顔を見ることが少なく、「頼りのないのは元気の印」とそのままにしているのですが、寮にいる学生達とは、彼等のアルバイトの行き帰りに出会うこともあり、その都度、「つつがなきや」と確認しています。

今朝も、アルバイトへ行く途中のベトナムの男子学生、一人に会いましたし(自転車を飛ばしていました)、学校に着いてからは、一人、ネパールの女子学生が寮費を持って来ました。

「アルバイトへ行く途中」という言葉がなければ、休み中の様子などを訊いたりできるのですが、途中とあれば、なかなか捕まえて、話をすることもできません。

木曜日は「今、終わったところ…」と、正直に言った(今年の)四月生に、勉強の様子を尋ねると、一様に「『N5(漢字)』はいいけれども…、『N4』は…」という返事。「N5」を終えたばかりの学生にとっては、「N4」の漢字は、とても量が多く、形も複雑に見えるのでしょう。これが、「N4」まで終わると、そうでもないのですがね。もちろん、「N4」までの漢字試験に合格した学生は、ですが。それが「N3」まで合格してしまうと、かなり自信がついてきます。

「難しい」で、諦めてしまうと、そこで止まってしまい、後がありません。とにかく、諦めずに、「書いて、書いて、書いて」いくと、いつの間にか、難しかったのが噓のように思えてくるものなのでしょう。何事によらず、そうなのでしょうけれども。

日々是好日
コメント

少し、秋の気配がしてきたような…。

2018-08-16 10:11:04 | 日本語学校

晴れ。

まるで台風のような強い風が吹いています。しかも秋の風のように、ひんやりとしています。

「立秋」が過ぎた頃には、「へえ。これからは、残暑となるの?まだ猛暑でしょ」と巷では囁かれていたのに、お盆が過ぎると、これです。

とはいえ、8月中はよく台風がやって来ました。なのに、関東のこのあたりでは雨が恋しくなるほど…降らなかった…。けれども、天気予報図を見ていると、同じ関東の、あっちゃこっちゃで、雷様のマーク、オレンジ色のバッテンがついている。ここでも、1度だけだったと思うのですが、遠くで雷様の太鼓の音が聞こえていたことがあったような…、それくらいのもの。

ただ、台風の卵の熱帯低気圧が、南の海のそこかしこで、生まれているようですから、これからどうなるかわかりませんけれども。

さて、学校は…どうですかしらん。

「お盆」前には、二人ほど学校に勉強に来ていました。一人は毎日のように来ていたのですが、これも高校受験を控えていれば、ノホホンと帰国して遊ぶというわけにはまいりますまい。そしてもう一人は、「珍しいね」と問いかけると、「部屋では勉強できないから…」。言われてみれば、確かにそう。休みだからと言って勉強するようには見えない…他の面々は。

こういう東南アジア(ベトナムを除く)、南アジアから来ている学生達の、共通点の一つに、自分のレベルが見えないということがあります。これは日本人の私たちだから、特に強く感じてしまうことなのかもしれませんが。

彼等は、つまり、話せれば、いいのです。おそらく、何語によらず、会話さえできるようになれば、それで終わりなのです。日本語にしてもそうなのでしょう。読んで知識を増やすとは、ならないのです。「学ぶ」とは、「『アルバイトで困らない言葉が話せればいい』のとは違う」のが、わからない。日常会話レベルで終わってしまい、これではなんのために学校で勉強しているのかわからない…。

学校では、読めなければ…と言い、そのためには文字を覚えなければ…と言う。文字も「ひらがな」だけでなく、「カタカナ」も覚えなければ…と言う。一応、「ひらがな」「カタカナ」ができれば、次に「漢字」となる。それなのに、だいたい「カタカナ」で躓いて、その後の「漢字」というのまで続かない…。

だいたい、アルバイトでも、電車などで出会う日本人でも、日本語でそれなりに話せさえすれば、皆、一様に「日本語が上手ね」と言います。それで、「そうか、(自分は)上手なのか。じゃあ、勉強する必要なんてないや」となる。それでも「やれ、やれ」と言うのは、学校の教師くらいでしょう。

文字が読めなくて、彼等の最終の目的である「日本の会社に就職」できるものか。

ところが、話せるだけで、入れたりするのです。でも、後が大変。猫を被って面接をしているわけではないのですが、日本人にとって「外国語はヒアリングが一番難しい」ものですから、「ペラペラ話してみせる」だけで、「すごい」になってしまう。ほんとうは、適当に話せるだけで、社会人が普通に使う言葉も文法も全然わかっていないのに。

アルバイトでは、それほど複雑な思考は必要としませんから、日常会話でどうにかなる。ところが、そこで、ある程度の責任を持たされたりしますと、「理解力」も必要になってくる。まず、相手の指示を正確に理解し、その指示通りに事を運ばなくてはなりません。あるいは、スタッフに指示を出さなくてはならないこともあるでしょう。

ここで躓くのです。やはり「ひらがな」の世界で生きているだけの人は。

私たちが思っている以上に、会社では(日本人同士の)、「漢語」が多用されているのです。「ひらがな」だけの言葉で、指示を出そうとすると、これが思いの外に難しい。子供相手はいい、しかし、相手は大の大人。仕事も普通にできる。ただ指示を出しても正確には分からないし、相手の指示もはっきりとは伝わらない。

ということで、日本の会社に入っても、日本人から見れば、「判らないのに、訊かないで誤魔化すヤツ」となるし、向こうから見れば「指示を出しているのに、その通りにできない、あるいは遣ってくれない嫌な日本人」ということになる。

漢字を書けるようになって、そしてその時に訓読みも音読みも覚えて、音読みの単語をどんどん覚えていけば、将来役に立つ。そうしなければ、日本にいても、いずれ困ることになる。

そういうのは、判っていることなのですけれどもねえ。

彼等が、今、いわゆる「日本人と話しているという日本語」、アルバイトで使うような日本語の世界とは、違うのですけれどもねえ。いくら言っても、それは判らないようです。

ペラペラ話せるようになってからが、「始まり」なんですけれどもねえ。やはり、目的意識がそれほどない人には、これは、とても難しいことのようです。

日々是好日
コメント

昨日「富士山五合目、1日バス旅行」をしてきました。

2018-08-03 09:56:53 | 日本語学校

晴れ。

猛暑が続いています。

昨日、無事、「富士山五合目・河口湖・白糸の滝」から戻ってきました。

運転手さんも、ガイドさんも、馴染みの方で、「お久しぶりです。また、お願いします」「こちらこそ、どうぞよろしくお願いします」という挨拶から、バス旅行は始まりました。一人のガイドさんはそれこそ何年もお願いしている方で、もう一人の方も2年目で、印象に残っている方です。お二人とも、タイプは全然違うのですが、話していても気分がよく、学生達がなついているというのが共通です。…外国人の学生たちが親しめるというのが一番のポイントです。

世話をしてくださる方が同じだと、年ごとの感想もかなり具体的になってきます。「前回よりも、○○の歌が上手になっていた」とか、「昨年は雨で気の毒だったのに、今年は富士山が裾野まで見えてよかった」とか。こちらも肩の荷を半分どころか、かなり下ろせます。

実は、数年前でしたが、外国人に対して、かなり失礼な言い方をするガイドさんに出くわして、イライラさせられたことがありました。それで、今、お世話になっているガイドさんに当たった時、「大当たり。来年もこの人だといいね」。で、次の年もこの方、その次も…で、今は、安心してお任せできるので、大助かり。

そして昨年、車一台では収容しきれないということで、もう一人、ガイドさんがいらっしゃったわけですが、もう体当たりという感じの方で、元気のいいこと、いいこと。学生達は完全に呑まれていましたね。

学生達は、国が違うと言うことで、つまり、皆それぞれ、多少なりとも習慣に違いがあるのです。ある年は、スリランカの学生が多かったり、ベトナムの学生が多かったり、そして今は、スリランカとベトナムとネパールが拮抗しているのですが、その間に、フィリピンやバングラデシュ、パキスタン、インド、中国、台湾などの学生が入ります。

日本語が未熟な人達ですので、慣れていなければ、時々、イラッとさせられることもあったでしょう。このガイドさん達は、あれっと思った時には理由を考えて、それなりに答えを見いだしたり、あるいはどうしてかと私たちに訊いてくれたりしました。

私たちも話し甲斐のある人だと思っていますので、気がついたことは話しています。すると、次に生かしてくださるのです。彼らに合ったゲームや、小話、身振り手振りの歌など。学生達が飽きないように考えてくれていることがよくわかります。ただ、今年の学生達は、歌が好きで、自分たちが歌っていなくても、聞いていたい人が多かった…。で、せっかく準備してくださっていたのが活かせないこともあったでしょう。申し訳ない。

人と人との間のことですから、言葉は不自由でも、失礼なことを言われれば、感じでわかります。結局は相手のお人柄次第なのです。

二人の運転手さんも真反対の性格の方だったようで、1号車は、真面目一方、2号車は「何なら演歌を聴かせてやろうかい」くらいの方だったという話。

今年の学生達は、ネパール人学生が多かったからか、集合時間にインドの在日生が一人遅れただけで、あとは問題なく、やって来て、言われるままに整列。お陰様で、15分ほど早めにやって来たバスを待たせることなく、そのまま、スルスルと学生達は乗車し、富士五合目へ。帰り、渋滞は2,3度ありましたが、それでも止まってしまうようなことはなく、予定を、30分ほど遅れるだけで戻ってこられました。

普段、会うことのほとんどない午前、午後の学生達。同国人であれば、浅草やお台場など近場での見学で仲良くなれることもあるでしょう。が、国が違ってしまうと、同じ学校にいても、なかなか話をするということにはなりにくい。

物の言い方一つ取っても、ある国では当然のことであっても、他のある国から見れば失礼千万の言い方になることもある。そこは、慣れた教員がいますから、間を適当に取り持つこともできる。判れば、なんと言うことはないのです。話しにくいなと思えば、無理に話す必要はなく、他の話しやすい人と話せばいいこと。それでも、知っているということで、挨拶くらいはしあえるでしょう。面白いなと思えば、そこで交流が始まったりすることもある。

人と人との関係というのは、本当に面白い。同国人の場合、なかなか変われないところがあるのに対して、異国の人との場合、却って、誤解が「瓢箪から駒」になったりすることもある。しかも、その確率がかなり高いときている。

こういう「1日バス旅行」というのも、そういう出会いのチャンスの一つだと言えましょう。

みんな楽しかったそうで、まずは、よかった、よかった。あとは夏休みを有意義に過ごしてくれることを祈るだけです。時間があったら、学校に勉強しにおいでと、言ってはいるのですが、果たして何人来るかしらん。

日々是好日
コメント