MIZUNO Katsuya

STEP WORLD LL日進駅前教室 代表講師のブログ

英語教室の選び方

2019-01-14 00:39:39 | 英語教室

 「どの英語教室にしたらよいのか分からない」という声を伺うことがあります。確かに、沢山の英語教室があり、その違いはどこにあるのか、分かりにくいと思います。

 私は、英語教室を選ぶ上で、分かりやすい判断基準の1つとして、

「皆様の地域のその教室が、

独自のことをどの程度行っているか?」

ということがあると思います。これは、教室に通っていなくてもある程度は分かります。
例えば、以下の方法です。

 教室のホームページ

 それぞれの教室のホームページやブログをのぞいてみて下さい。STEP WORLD教室を例にとってみれば、全国に沢山の教室があります。教室によって、かなり個性があります。大まかには全国統一の事を行っていますが、各教室、そして、その教室の講師がそれぞれ色々とアレンジを加えているのです。

 新聞折込チラシ

 新聞折込チラシを見ても、その教室の独自性が分かります。チラシの中に、皆様の地域の教室が、その教室独自の情報をどの程度入れているか?ということが1つの判断材料になると思います。

 クチコミ&体験レッスン

 正直なところ、ホームページや折込チラシだけでは、その教室の本当の姿は分かりません。教室に通っている皆様からのクチコミ、体験レッスンなどが大きな決め手になると思います。(但し、1回だけの体験レッスンでも分からないと思います。教育は、結果が出るのに時間がかかるからです。)

 授業の質

 上記の判断基準では、LL日進駅前教室をどのように評価して頂けるでしょうか?
当教室では、授業の質にはこだわっています。
 そして、

 英検を基軸にして、幼・小・中・高の一貫指導を行っています。

 独自の指導法(5steps)で、4技能5領域(「聞く」「話す:やりとり」「話す:発表」「読む」「書く」)を自然に楽しくマスターします。

 スピーチコンテストを毎年行い、「発信力」を育成します。

 ただ、この「授業の質」は、英語教育関係者でないと分かりにくいと思います。

 LL日進駅前教室について言えば、手前味噌になって恐縮ではございますが、私(水野)自身が全国のSTEP WORLD教室講師が使用するPrimaryテキスト(主に小3~6年生が使用するNPAU・NPBU・NPCU)のLesson Design(指導マニュアル)を書かせて頂いています。

 だからといって、全国で一番良いことをやっているという意味ではありません。しかし、指導理論と指導技術については、“あたりまえを確実”に行う事を心掛けています。もちろん、さらに改善すべきことは沢山ありますので、より良くして行きたいと考えています。

 LL日進駅前教室では、これからも地域だけではなく全国でNumber One(一番)というよりは、Only One(唯一無二)を目指します。そして、数ある英語教室の中から選んで頂いた皆様方の信頼を裏切らないように、そして、新たに教室を選んで頂く皆様方に信頼をして頂く事が出来るように、これからも努力を続けます。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

<追伸>
関連事項は以下のクリック

「あたりまえが難しい。」
https://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/0d4c4fcabd56fbed14c36cf5f0c83f83

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「弱点補強」vs.「良い点を伸... | トップ | みんなのこえ »