MIZUNO Katsuya

STEP WORLD LL日進駅前教室 代表講師のブログ

2017年スピーチコンテスト中日本ブロック大会を終えて

2017-12-30 02:12:39 | 英語教室

 スピコン中日本ブロック大会を終えて、特に次の3つのことを考えました。

1つ目。

どんな結果が出ても“改善点”はある。

 中日本に出場した4人は、ベストを尽くして、本番ではすばらしい発表をしました。本当に「よくやった」です。しかし、何も反省することがないかと言えば、そうではありません。

 中学生の部で最優秀賞(優勝)の中3女子さんに、大会後、こう伝えました。「本番では、練習よりも良かったよ。(中1~2でも全国に出場していますが)ひょっとしたら、今までで一番良かったかもしれない。でも、改善点はあるよ。どんな結果が出ようと、たとえ優勝しようと、これで“全てOK”ということはないからね

 小学生の部で優秀賞を受賞した小6女子さんにも同じことを言うことが出来ます。中日本での発表は、とても良かったですでも、さらに上の発表を目指して練習を続けて下さいね

 ということで、4人とも中日本での経験をこれからに生かして下さい

2つ目。

 その“瞬間”を大切にすること。

 中日本大会の直前、出場する4人に教室大会の出場者全員にお話ししたことを再び伝えました。『“明日がある。”とは幸せなことです。でも、ひょっとしたら、“明日はないかもしれない。”ということも、頭の隅に入れておいて下さいね。』

 皆さんはまだ若いので、きっと「明日はあります」。それなのに、「明日がない」と言って、妙に皆さんを不安にさせてはいけないとは思います。しかし、災害・事故・病気などで、ある日突然、明日が無くなってしまうこともありえます。

 また、そのような事態は発生しなくても、様々な理由で、その“機会”はそれが最後かもしれないということも考えられます。

 だから、「悔いが残らないように、今日一日、その瞬間を大切してください

3つ目。

“感謝の気持ち”を忘れないで下さい!

 毎年、教室大会の時から、繰り返し皆さんに伝えています。「自分が大会に出場することを当たり前だと思わないように“感謝”の気持ちを忘れないようにと。中日本ブロック大会に出場した皆さんならばなおさらです。“感謝”と口先だけで言うのは簡単です。心の底からそう思い、その気持ちを持ち続けて下さいね

 全国大会に出場する2人は、多くの皆さんの々な「想い」の頂点に立っているのだという事をしっかりと心に留めて、自分が出来る最高の発表を目指して下さい

<追伸>
関連事項は以下のクリック

「LL日進駅前教室の全国ジュニア英語スピーチコンテストの過去の結果」
http://llnisshin.com/eleven.htm

「2017年スピーチコンテスト中日本ブロック大会の結果」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/76d897b36e98e13dc36299a6e2f23f5b

「2017スピーチコンテスト教室大会を終えて」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/93965b754460795be3e2e64bdbcd8b33

「2017スピーチコンテスト教室大会が終わりました」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/ce1a4188db0fd593315835f849f0167b

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 小学校で英語が教科化される... | トップ | 英検の勉強って何をやればい... »