水間条項―国益最前線 (旧)

ジャーナリスト・水間政憲のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

緊急拡散《究極の要請:「重国籍法案」請願取り下げのお願いをしましょう!》

2010-05-09 08:00:14 | 拡散・緊急拡散
人気ブログランキングへ

水間条項は下記に引越しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。宜しくお願いいたします。




緊急拡散《究極の要請:「重国籍法案」請願取り下げのお願いをしましょう!》





「重国籍法案」の問題は、インターネット上に溢れております。

国民に不安を抱かさせている「重国籍法案」最大の問題点は、国会で同法案の審議に至る過程の手続きが、民主党と公明党の場合まったく見えてこないことに原因があります。

そんな中にあって、10人の衆議院議員が、それぞれ紹介議員になって、174回国会(今通常国会)に『国籍選択制度の廃止に関する請願』とか『成人の重国籍容認に関する請願』『復国籍の容認に関する請願』などの請願が提出されています。

●仮に、今通常国会で「重国籍法案」が強行採決されるとしたら、その根拠に「法務委員会」に提出された請願になるでしょう。

そうであるならば、逆転の発想で、法務委員会に重国籍法に関する「請願」が、提出されてないことに出来れば、法務委員会で「重国籍法案」を取り上げる「根拠」がなくなります。

そのあり得ないようなことが出来るのでしょうか。
それが可能なのであります。

●国会議員は、国民の生命と財産を守ることを使命とし、特定の団体や個人だけの利益のための法律をつくる権利を与えられておりません。ましてや国会議員は、外国の利益になる法律のために、国民を危険に陥れる「法律作成」など、あってはならないことなのです。

●平成7年、最高裁は「外国人参政権付与」に関して、「参政権は国民の権利」と、明確な判決を出しました。
ところがその時、判例として、「拘束力がない傍論」で「憲法上禁止されていない」などと、判事が個人的見解を付け加えたことで大問題になりました。

その傍論に論拠を与えた長尾一紘中央大学教授は、本年1月、「地域主権で国と地方を並列に置き、防衛と外交以外は地域に任せようとしていることは危険だ」と、自ら間違いを認め民主党を痛烈に批判しています。

また、本年2月、前述した「傍論」を付け加えた園部逸夫元最高裁判事は、「なだめる意味の政治的配慮」だったことを明らかにした。そして、民主党が一般在留外国人にまで、外国人参政権を付与しようとしていることに関して、「ありえない」とまで断言したのです。

●国家の基本法は、それから派生するあらゆることを想定して作成する必要があり、その立法過程に影響力のあった上記の二名は、覚醒されているインターネットユーザーの皆様方に遠く及ばない想像力しか持ち合わせていなかったのです。

現在、我が国の最高レベルの法律の専門家でさへ、信じられないような過ちを犯しているのが現状です。

まして、素人同然の国会議員は、覚醒されているインターネットユーザーの皆様方と比べられないほど無知なのが現実なのです。

●一昨日、衆議院事務局に重大なことを問い合わせて見ました。それは、「請願を提出した紹介議員が、後日、いろいろ勉強した結果、自分が提出した請願が間違いだったことが判ったとき、請願を取り下げることが出来ますか」との質問に、担当者はいとも簡単に「それはできます」の一言でした。

皆さん、知識の浅いまま請願の紹介議員になっている国会議員に、「重国籍法案」の問題点と危険性を、丁寧に説明した手紙・FAX・メールを出して、「請願の取り下げ」をお願いしましょう。
日本の国会議員であれば、日本が滅びるような法律を望んでいる訳がありません。

国内外からの日本人の要請を無視するものは、国会議員の資格などないのですから。必ず良い結果がでると思われます。

※請願を取り下げたかどうかは、下記のURLで国会の請願状況を確認して下さい。

国会の請願提出状況の一覧
http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/174_l.htm#1


【請願紹介議員一覧】
『国籍選択制度の廃止に関する請願』(174回国会・10件・525名)


【衆議院議員】

145号:高木美智代(公明党:比例東京)

FAX:
お問い合わせ先:http://www.michiyo-t.com/mail/

351号:柚木道義(民主党:岡山4区)

FAX:【 倉敷事務所 】086-430-2266 
   【 国会事務所 】03-3508-3301
メール:yunoki@yuzu.jp


366号:石毛えい子(民主党:比例東京)

FAX:03-3508-3373
メール:

419号:小林千代美(民主党:北海道5区)

FAX:011-382-2500
お問い合わせ先:http://chiyomi.jp/inquiry/

420号:仲野博子(民主党:北海道:7区)

FAX:0154-32-2173(釧路事務所)、0153-29-3212(根室事務所)FAX 03-3508-3237(国会事務所)
011-221-1019(民主党北海道)、0154-22-0908(民主党釧根(第7区総支部)
メール:

430号:稲見哲男(民主党:大阪5区)

FAX:06-6886-770(大阪事務所)、03-3508-3253(国会事務所)
メール:inami@inami-t.jp

438号:寺田学(民主党:秋田1区)

FAX:018-896-1006
メール:teratamanabu@manabu.jp

439号:藤田一枝(民主党:福岡3区)

FAX:03-3508-3896(国会事務所),092-851-2008(福岡事務所),092-324-6833(糸島事務所)

メール:minsyu3@nifty.com

481号:首藤信彦(民主党:神奈川7区)

FAX:
お問い合わせ先:http://www.sutoband.org/011/index.html

547号:古屋範子(公明党:比例南関東)

FAX:
メール:info@furuya-noriko.com

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『成人の重国籍容認に関する請願』(174回国会・10件・535名)

【衆議院議員】

146号:高木美智代(公明党:比例東京)

FAX:
お問い合わせ先:http://www.michiyo-t.com/mail/

352号:柚木道義(民主党:岡山4区)

FAX:086-430-2266(倉敷事務所), 03-3508-3301(国会事務所)
   
メール:yunoki@yuzu.jp

367号:石毛えい子(民主党:比例東京)

FAX:03-3508-3373
メール:

421号:小林千代美(民主党:北海道5区)

FAX:011-382-2500
お問い合わせ先:http://chiyomi.jp/inquiry/

422号:仲野博子(民主党:北海道7区)

FAX:0154-32-2173(釧路事務所)、0153-29-3212(根室事務所)FAX 03-3508-3237(国会事務所)
011-221-1019(民主党北海道)、0154-22-0908(民主党釧根(第7区総支部)
メール:

431号:稲見哲男(民主党:大阪5区)

FAX:06-6886-770(大阪事務所)、03-3508-3253(国会事務所)
メール:inami@inami-t.jp

440号:寺田学(民主党:秋田1区)

FAX:018-896-1006
メール:teratamanabu@manabu.jp

441号:藤田一枝(民主党:福岡3区)

FAX:03-3508-3896(国会事務所),092-851-2008(福岡事務所),092-324-6833(糸島事務所)

メール:minsyu3@nifty.com

482号:首藤信彦(民主党:神奈川7区)

FAX:
メール:sutoband@gol.com


548号:古屋範子(民主党:比例南関東)

FAX:
メール:info@furuya-noriko.com

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『復国籍の容認に関する請願』(174回国会・1件・233名)


344号:藤田一枝(民主党:福岡3区)

FAX:
メール: minsyu3@nifty.com

※この藤田一枝衆議院議員は、今通常国会に同じような「重国籍法案」を求める請願を、2回も出しているように、熱心な国会議員です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

皆さん、5月末までに「重国籍法案」の審議入りが決定できなければ、今通常国会で成立することはありません。しかし、参議院選挙で民主党と公明党で、過半数になれば成立することになります。

それを阻止するには、「重国籍(二重三重国籍)法案」の危険性を、参議院選挙の「争点」にすることも視野に入れて、国会議員に「重国籍法案」の危険性を要請することが大事になります。

それに必要な国会議員は、各政党の国会対策委員長、選挙対策委員長、幹事長、そして衆参法務委員会の理事と委員全員と、上記した「請願紹介議員全員」に、手紙かFAXで真摯に要請することが有効になります。


憲法についての重要法案が、国会議員の中で関心を寄せていた議員は、昨年の総選挙で殆ど落選してしまいました。

『重国籍法(二重三重国籍法)』が国会で可決したら、「外国人参政権付与法案」を与えたことと、同様以上に危険なのですが、まだ、危険性が国民に認知されていません。


覚醒されているインターネットユーザーの皆様方には、まず国会議員と地方議員に、徹底的な周知を淡々と行って戴けることを願っております。


◆◇◆◇◆

【バナー転載フリー】


「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】


■塾長: 中山成彬先生

■講師陣: 伊藤玲子(日教組問題など)、島袋伸子(お産問題など)、土屋たかゆき(民主党マニフェスト違反問題など)、戸井田とおる(靖国神社公式参拝問題など)、西川京子
(女性問題法案など)、牧原秀樹(二重・三重「重国籍」問題など)、小山和伸(CO2、25%削減問題など)、
水間政憲(歴史認識問題など)

■事務局: 中山成彬東京事務所
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
*FAX03-3269-5873
*お問い合わせ先: kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@を半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

■塾員に登録希望の皆様は、事務整理の都合上、往復「ハガキ」にてFAX番号かメール番号を明記の上お申し込み下さい。講演会の御案内等をFAXかメールにて送信します。

■尚: 塾員会費は無料です。

■今後、「過去現在未来塾」は、覚醒されているインターネットユーザーの皆様方にご協力をいただき、より多くの国民が参加しやすい企画を整え、国内外へ向けての「オンライン塾」とか「シンポジウム」などを企画し、一人でも多くの国民の賛同を得られるよう展開していきます。

尚、「過去現在未来塾」は、中山成彬塾長のもとに集結した同志と活動して行きますが、アメリカ大統領戦でも明らかになっておりますが、広く国を憂うる市民の皆様方からのご支援を浄財として、周知活動を国内外に発信してまいります。

★塾へのご支援は、

【みずほ銀行市ヶ谷支店 普通2098113 口座名:過去現在未来塾】

何卒宜しくお願い申し上げます。

以上
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


「4・10:過去現在未来塾:講演会」登壇者動画一覧の拡散をお願いいたします。
http://bit.ly/9iiNQj

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/

■ニューヨーク在住の邦人の方が「頑張れ!日本」の思いで、立ち上げられたブログ【WE LOVE JAPAN!】です。また、日本で報道されない心和む米国の日常風景も綴られています。
http://applecosmos.blog123.fc2.com/

■朝日新聞でも紹介されていた「しーたろう」さんが運営している、請願書のひな型をアップしてある護国サイトです。「『日本解体法案』反対請願.com」http://sitarou09.blog91.fc2.com/


※添付した写真は、遅咲きの白い「つつじ」の花です。

【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲 http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou

◆◇◆◇◆◇

旧水間条項に掲載しているスクープ論文は、公的に貴重な第一級資料の発見を発表したものが殆どです。しかし、発見した資料は、その極一部しか掲載されておりません。

『正論』や『SAPIO』誌に発表したスクープ論文の中には、日中尖閣問題が勃発する前に、中国・台湾で発行した国内に一冊しかない地図もあります。

その地図には、尖閣諸島は日本領と判るように表記されています。
また、ソ連関係では、スターリンがワシレンスキー極東軍最高司令官に指令した「北海道占領計画書」もあります。そして、最大60兆円が中国に毟り取られることを防いだ遺棄兵器問題を終結に導いた、「兵器引継書」も一部雑誌に掲載していますが、これらの資料は、国益を守る国家的第一級資料です。

日中や日韓など国家間の歴史認識問題は、議論を必要としない公的一次資料で、批判を封じ込めることが重要なのです。それらの第一級資料は、本来、国が率先して残す必要があるのです。

しかし、残念なことですが我が国には、その意思はまったくありません。

IT関連記録ツールの保存期間は100年位とも云われております。
それに引き替え「紙」は、1000年を超え、現在も貴重な資料として訴え続けているものが多数あります。


そこで、皆様方からのご協力を得て、雑誌に未掲載の国際的第一級資料と論文を纏めた「捏造歴史認識」を撃破する武器として、今夏までに【「国益最前線」資料:尖閣・竹島・北海道占領計画書・兵器引継書・真相箱・南京など】として出版するための、編集作業に取り掛かりました。このような資料本は、本来、国家事業としてやることなのです。

皆様のご協力もと、この資料本が出版できた暁には、中国が仕掛けてくる捏造歴史認識問題を封じ込める最強の武器になると確信してます。

尚、ご支援していただくにあたっては下記に記載した口座にて承りさせて戴きます。
宜しくお願い申しあげます。


三菱東京UFJ銀行

【 金融機関 】    三菱東京UFJ銀行
【 支店名 】     阿佐ヶ谷支店
【 店番号 】     156
【 口座番号 】    (普通)0422458
【 口座名 】     ミズマ マサノリ


ゆうちょ銀行

【 金融機関 】    ゆうちょ銀行
【 記号 】      10030
【 口座番号 】    78636041
【 口座名 】     ミズマ マサノリ



この記事についてブログを書く
« 《注意:政局と日本解体法案審... | トップ | 《「過去現在未来塾」の啓蒙... »
最近の画像もっと見る

拡散・緊急拡散」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事