水間条項―国益最前線 (旧)

ジャーナリスト・水間政憲のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

《9:知られざる反日包囲網を撃つ!》(SAPIO連載より)と解説。 

2010-03-08 21:10:05 | S A P I O
↓クリック支援よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ

《9:知られざる反日包囲網を撃つ!》(SAPIO連載より)と解説。





『中国が大々的に報じた日本国内の「反日拠点」』

2006年11月3日、「中帰連平和記念館」なるものが埼玉県川越市にオープンした。国内メディアでは共同通信が配信、朝日新聞がベタ記事扱いだったが、中国にとっては重大ニュースということだろうか、新華社が「日本国内で中国侵略戦争の記念館建造」と特別記事で報じ、人民日報ネット版(2006年11月6日)でも大きく扱われた。

 新華社の報道によれば、この記念館は「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」(後述)が資金を調達し「歴史を鑑にして平和を愛する心を養うこと」を目的にしている。どこかで聞いたことのある台詞だ。そして、書籍、映像資料、写真など計2万数千点が所蔵されているという。

 「中帰連」とは、「中国帰還者連絡会」のことで、「戦犯」として旧満州国の撫順強制収容所(中国名・撫順戦犯管理所)に収容された旧日本軍人による組織だ。

 撫順強制収容所では「自分たち(日本軍)は悪だ」という徹底した洗脳が行なわれ、日本軍兵士969名と旧満州国高級官吏と合わせて1000余名のうち、洗脳に反抗したのは45人だった。彼らは有罪となり、洗脳が完了した残りの者たちは無罪として釈放された。その「無罪釈放組」が組織したのが中帰連である。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

日本人が目の前の事象に一喜一憂している間隙をついて、日本国内に反日拠点が着々と構築されています。

中国の強かさは舌を巻くくらい狡猾です。

それは、日本を日本人に内部から解体させるための準備を、終戦後すぐに実行していたのです。そのための傭兵として、旧軍人に旧軍の悪口を組織的に行わせると言う、いたってシンプルな方法を採用していました。

IT社会と言っても、情報を取得するも拡散するのも人間です。そして、ネット上の一次情報などを作成しているのも人間ですし、ネットに流れている情報は、海に浮かぶ氷山のように一部です。小生が把握している情報でも、流れていない情報(流せない!)は計り知れないほどあります。

小生の歴史認識問題の論文は、殆どが未発掘の一次情報ですが、ジャーナリストとしての時事問題ネタの中には、ネット上に出ていない関係者からの一次情報を含んでおります。

中国や韓国を専門的にウォッチしている方のパソコンが、外国からのサイバー攻撃で破壊されたことなど度々あります。

それらの中には、サイトを立ち上げていない方のパソコンが一瞬に、世界中から数千アクセスの攻撃を受けてダウンさせられたこともあります。当然、公安警察の調査対象になっています。

コメント欄を開放しているいないと批判している方がおりましたが、小生がITに詳しくなくても、公安関係のプロ中のプロからの一次情報に基づくアドバイスであり、国際的情報戦の先端では、日本の一般ネットユーザーの想像以上に進化している現状を理解しております。

カナダ(トロント)やカリフォルニア州の教科書に「南京大虐殺」が掲載されたことが問題になっていますが、今回、アップしている「知られざる反日包囲網を撃つ!」を連載していた3年前に、それらの動きを把握していた上での警鐘でした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

現在、6月に訪中する鳩山首相の南京大屠殺記念館訪問と鳩山政権承認の賛否投票を兼ねたお祭りを実施中です。
いずれも反対の方は、『「南京事件」の総括』(小学館文庫)の解説で、櫻井よしこ先生が「日本再生の力を生み出し、日本国の名誉の回復につながる貴重な書…この書を日本人全員に読んでほしいと願うものである。」と絶賛されていることを尊重し、投票書籍を同書にしました。尚、投票結果がデイリーランキングで客観的に確認できるように、紀伊國屋書店ネット販売への集中をお願いしております。また、南京問題を終結させた資料を満載の『南京の実相』〔国際連盟は2万人虐殺すら認めなかった〕(自民党歴史議連監修、日新報道:推薦文・故中川昭一先生、平沼赳夫先生、島村宜伸先生)を、座右の書にして戴ければ幸いです。
◆紀伊國屋書店ネット購入URLは《http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4094060022.html 》です。

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/

■ニューヨーク在住の邦人の方が「頑張れ!日本」の思いで、立ち上げられたブログ【WE LOVE JAPAN!】です。
http://applecosmos.blog123.fc2.com/


※添付した写真は、蕾ばかりのポピーを廉価で購入して、三日目に咲いた中にめずらしいピンク色があったので写して見ました。

【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲 http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou

人気ブログランキングへ

この度、新しくブログ「水間条項」を立ち上げました。
旧水間条項に掲載しているスクープ論文などは、公的に貴重資料発見を掲載したものが殆どです。
インターネットは、現代社会に欠かせない情報手段ですが、予想できないトラブルに巻き込まれ、旧水間条項に掲載されている「論文集」も見れなくなる可能性もあります。

『正論』『SAPIO』誌に発表したスクープ資料の中には、日中尖閣問題が勃発する前に中国・台湾で発行した両地図帳(国内に一冊しかありません)では、尖閣 諸島は日本領と分かるように表記されているものや、スターリンがワシレンスキー極東軍最高司令官に指令した「北海道占領計画書」の原文の写し、また、最大 60兆円が中国に毟り取られることを防いだ遺棄兵器問題を解決に導いた、「兵器引継書」も一部雑誌に掲載していますが、これらの資料は、国益を護る国家的 スクープ資料です。小生は、歴史認識問題で個人の評論にさほど価値があると思っておりません。重要なのは、論議を必要としない公的一次資料なのです。

IT関連記録ツールの保存期間は100年位とも云われております。
それに引き替え「紙」は、1000年を超え、現在も貴重な資料として訴え続けているものが多数あります。

そこで、皆様方からの貴重な浄財のご支援に、感謝の「意」が形になるよう、雑誌に未掲載の国家的スクープ資料と論文を纏めた資料本を、今夏までに【「国益最前線」資料:尖閣・竹島・北海道占領計画書・兵器引継書・真相箱・南京など】として出版することにしました。
尚、ご支援していただくにあたっては下記に記載した口座にて承りさせて戴きます。
宜しくお願い申しあげます。


三菱東京UFJ銀行

【 金融機関 】    三菱東京UFJ銀行
【 支店名 】     阿佐ヶ谷支店
【 店番号 】     156
【 口座番号 】    (普通)0422458
【 口座名 】     ミズマ マサノリ


ゆうちょ銀行

【 金融機関 】    ゆうちょ銀行
【 記号 】      10030      
【 口座番号 】    78636041
【 口座名 】     ミズマ マサノリ

↓クリック支援よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ


この記事についてブログを書く
« 《米国の反日包囲網の現状を... | トップ | 《10:知られざる反日包囲網... »
最新の画像もっと見る

S A P I O」カテゴリの最新記事