Yoriko ~Koto & Sangen Player~ Official Blog 『ひかりね』

Yoriko ~箏・三絃奏者~
お箏のこと
音楽のこと
日常のこと
心のまま日記。。。

鎌倉と銀座♪

2014年06月22日 23時20分20秒 | 日常
今日もまとめてUPです


つい先日、ここ2ヶ月くらいの間で4度目の鎌倉へ行ってきました

その日のメインの予定は、銀座で行われるコンサートへ行くこと
でも、夜まで時間があるし…、朝から出れば鎌倉に行けちゃうじゃん
鎌倉の紫陽花は見ごろかな~花菖蒲は終わりかけかも~って事で、
前日の夜、ネットで紫陽花と花菖蒲の情報を調べていたら、
『英勝寺』というお寺が目に入って…、気になったので、行ってきました~



なぜに気になったかと言うと…
お寺を建てた方は、徳川家康の側室だったお梶の方(英勝院)で、
お梶の方は、水戸徳川家の初代頼房の養母だった人。

水戸徳川家と縁が深く、代々、水戸家の姫が住職を務めた尼寺で、
江戸時代は『水戸御殿』と呼ばれたほど格式の高いお寺で、
武家屋敷のような境内だったそうです。

鎌倉に水戸徳川と縁の深い場所があるなんて、知らなかったよ~

門をくぐってすぐに、やわらかいお香の香りがして、とても優しい空間でした




「水戸家出身の姫が住職か~、ってことは、、、
   水戸藩の家来や女中の方も出入りしたよね~」
っとか、歩きながら、ちょっと想像しちゃいました

女性らしい、やわらかな空気がただよう雰囲気は、尼寺だからかな
現在、鎌倉で唯一の尼寺だそうです


そして、もう一か所…紫陽花寺とも言われる『明月院』へ
ここは、何度も訪れている、大好きなお寺

なんでかしら、とても落ち着くんです


ふっくらぽってりふくよかな紫陽花と
清楚でスッとした紫陽花もどれも女性的だと思いませんか

本堂脇の和室の円窓から庭園を眺める…というのが有名なお寺で、
その円窓から見える庭園に、今の季節と秋にだけ入れます。
この庭園が落ち着くんですよ~

庭園から見た円窓です


そして、その庭園

たくさんの花菖蒲です

申し訳ないように、『見頃の時期を過ぎています』と書かれていましたが、
それでもやっぱりキレイでした

いつも中に入ると思うんですが、
この庭園だけ、ポコッと違う空間の中にあるような感じがして、
どんな時間帯でも、朝の澄んだ空気の中にいるような気がするんです

ベンチに座って、ゆっくりしちゃいました

どちらのお寺も、やわらか~で、たおやか~で、それでいてシャンとしている雰囲気で、
そのパワーを頂いて、女子力UPするかもな~・・・なんてね


夜は、本日のメイン『CHANEL Pygmalion Days』コンサート
銀座シャネルのネクサスホールで待ち合わせ

誘ってくれたのは、先住民映画を観に行ったサナエちゃんでした
サナエちゃんは、ちょいちょい東京に生の音を聴きに、色んなコンサートに行くそうです

自分では、自分の興味あるものしか聴かないから、
こうして誘ってもらって出向くと、新しい発見があったりして、
とても勉強になることがあります


この日は、邦楽器(笙、龍笛、尺八)と洋楽器(ピアノ、チェロ)の現代音楽でした

演奏された4曲は、どれも斬新な音楽…というか、
表現するのも理解するもの難しそうな曲だったけど、
作曲者の頭と心の中をのぞき見れたような気がして、
ちょっと面白かったデス

さすがシャネルって言う事かどうかはさておき、
スタッフの方たちの立ち居振る舞いが、どのかたもカッコ良かった~

しかも、演奏終了後にドリンクがふるまわれましたしかも大好きなシュワシュワ系
グラスに注いでくれる男子が、わざと??って言うくらい、いわゆるイケメン風情で、
なんだかテンション上げられちゃう感じが面白かったデス

この雰囲気を、地元で出来たら、ステキかも

実は、出演者の中に、ずいぶん前にお世話になった方がいらっしゃって、
もしかしたら御挨拶できるかもって期待をしていたら…、
ドリンクタイム中、お客様と交流しているところで、逢えました
名前も忘れられてるかも??ってくらい、本当に長い年月御無沙汰してしまっていたんですが、
覚えていて下さって、嬉しかった~


あちこち歩いて、長い一日でしたが、とっても満たされた日でした

サナエちゃん、楽しい夜をありがと~








コメント

映画。

2014年06月22日 16時27分41秒 | 日常
こんにちは

遊んでばかりいるような記事が続いておりますが、
心の中は、そろそろ、微妙~に緊張感を感じ始めています

でも、確実に心の充電は満たされてきているので
充電後の演奏は、ドド~ンっとパワフルなはず

こんな風に、長い日数をかけて、意識的に心の充電をしたのは初めてなので、
充電後の自分自身に、どんな変化を感じるのか楽しみです

7月のママノエル音楽祭は、フル充電して間もなくの演奏会
久しぶりの本番に、良い緊張感を感じながら、皆さんと楽しい時間にしたいデス


さて、そんなこんなで色々と出かけてますが…

『邦楽あやいと』のコーディネータをお願いしているミホが関わっている映画を観てきました

ドキュメンタリー映画『SHIFT OF THE AGES』デス

アメリカのスティーブ監督が、神聖なるマヤの預言を携えた一人の長老の歩み…軌跡を
7年間撮り続けてきたドキュメンタリー映画です。

すでに昨年、東京で公開し、その後は、自主上映会という形で全国各地で上映されています。

今回の自主上映会の会場は、ひたちなか市の那珂湊駅の近くにある『百華蔵』。
こちらは、約60年前に創られた石蔵を再生した、とってもステキな蔵でした


映画の主人公は~

マヤ・キチェー族の大長老

そして、字幕翻訳をしたのは~

ミホ助~

同時通訳などもする彼女ですが、映画の翻訳はこの映画がデビュー

ずいぶん、かな~り昔々・・・
「映画の字幕翻訳をしたい」と言っていたミホ。
昨年の公開日にも観に行って、エンドロールに名前を見つけた時は、
なんだか感無量~でウルウルしてしまったのを思い出します

字幕完成までの膨大な作業を終えるまでの大変さを見ていたので、
舞台で、この映画に関わることになった経緯など、ニコヤカに話す彼女を、
ホッとした気持ち…家族心で見守っていた自分がいました

そしてそして、初めて観に来たのは~

この日誕生日だったサナエちゃ~ん
私の生徒ちゃんであり、邦楽あやいとスタッフであり、飲み友なサナエちゃん
「新しい世界を観ました来て良かったデス」って…、ありがと


映画のストーリーは、先住民の長老のドキュメント。

先住民…長老…というと、実際特別な存在なんだと思うけど、
でも、映画を観て思ったのは、長老だから出来る事、出来た事…ではなく、
私達も同じ、人として…出来る事をする…という事、
まずは出来る事を、ひとつづつやって行こうよ…と、
背中を押されたような、そんな気がします。

自然破壊、戦争…
傷つけあう事をしない。

人の命って大事、自然は大事、
そぉ思える気持ちが心の中にある事を、
そぉ思える自分をも大事にして欲しい。

それぞれの心の中に、もともとある『感覚』を呼び覚ます。


私達、それぞれが、自分に出来る事からはじめよう。

「はじめるニャー」ってポーズな、アホな2人・・・



映画『HIFT F HE GES』
全てのことには“時期(AGES)”がある。
あなたは“その時(SHIFT)”
未来に どんな種を 蒔きますか。  

――― SOTA JAPAN ―――

コメント

夏の音楽祭@ママノエル

2014年06月18日 01時15分03秒 | お知らせ
こんばんは

心の充電をするべく、
あちこちとお出かけして、

お友達に逢ったり、
美味しいモノを食べたり、
自然を肌で感じたり、
たくさん眠ったり、

音楽を聴いたり、
練習もしてみたり、

とってもノビノビとしています

今まで弾いてきた曲を、同じように弾いても、
新しい風景や、感情、色彩が心の中に広がって、
また少し表現の引き出しが増えたような気がします

目で見て、手で触れて、耳で聞いて、味わって、
感じた感覚を心にしまう。

それは、私にとって大切なこと。


そんな経験が、私らしい音楽になるってことって思います


さて、充電後、最初の演奏会は、レストラン ママノエルさんとのコラボです
コラボも3年目を迎えられて、嬉しいかぎりです

「どんな曲をやるのか事前に知りたい」というお客様の声にお応えして…
プログラムをお知らせいたします

私が思うキラキラをイメージした曲ばかり
 ポチってしてね拡大表示になります
お食事はどんなキラキラなメニューになるのかな~

今までのカジュアルなライブ風とは少し雰囲気をかえて…と思っています

夏の午後皆さんの心がキラキラになるよう…
心をこめて演奏いたします


お待ちしています
コメント

島へ♪

2014年06月12日 18時25分08秒 | 日常
今日は、頑張って、もうひとつUPしま~す
なにげに充電予定が色々あって、ちゃっちゃとUPしない溜まっちゃう

先日、急きょのお誘いで、江島に行ってきました

お友達が、江の島神社で舞の奉納をすることになって、
見届け人で同席させていただきました

鎌倉、湘南・・・好きな街で何度も訪れているけど、
江の島へは、行ってみたいのに、なかなか機会がなくて…

なので、今回は「みんなと一緒なら…。やっと島へ渡れるっ」って思って、
即答で「行く~」って手を上げました

江島神社には、弁財天様が祀られています。
そぅ、芸能の神様です

なので、ずぅ~っと行きたかったんです
参道入り口『青銅の鳥居』前で、いつもの記念写真

嬉しくてたまら~んって顔してます

 
境内へは、なかなかな段数の階段を上ります。
エスカーというエスカレーターもありますが、初めはちゃんと足で上りました
っというのも、上まで行って知ったんですが、
江島神社さん・・・かなり広くて、神様があちこちに祀られていて、
しかも上ったり下りたりするんです
なので、ご祈祷して頂いたあとは、神職さまと一緒だったし…エスカーで移動しました

こんなカワイイ情景も


どんだけ高い場所にあるか、わかるかな~
 

奉納の舞を終えたアキちゃん

鳥居奥に見える、龍様と同じポーズで

感じたままに舞うアキちゃんの姿は、
熱くて、そして流れるようで、
アキちゃんの周りに水の流れが見えてくるような、
そんな、舞でした

同席させてもらえて、ホント、光栄な時間でした
アキちゃん、ありがとっ


御挨拶を終え、階段を降りてくると、
参道はたくさんの観光客でにぎわっていました
 
行列が出来るおせんべい屋さんの、タコの姿焼きとエビの姿焼き

テンション上がる大きさです

観光客っぽい事をしたあとは…
御飯屋さんで打ち上げ~
 
さすが江ノ島 お通しがシラスでした 

前日から、しらす丼を食べるって決めていた私
 
生しらすが甘くて美味しかったデス


神様の前に立った時、メッセージを心の中に感じる事があります。
頂いた『言葉』は、私を導いてくれたり、強さを持たせてくれたり、
迷いを解き放ってくれたりします。

そして、今回は… 問われました。

そしてそして、とっさに、神様に宣言しちゃったんです

言った後、そんな事を咄嗟に口にした自分にビックリしたりして

でも、それが私にとって、真ん中な部分で、
大事にしていきたい事であることは間違いなくて、
そうしたい自分は、これからどうあるべきか、
いろいろと、思いが巡りました

弁財天様は、優しく、「わかった」と、うなずかれたような…

やっと弁財天様の前に来れたのは、
こういうことだったのか~と、
ひとり納得。


宣言した思いを胸に、
精進してまいりまっす









コメント

山へ♪

2014年06月12日 15時47分32秒 | 日常
こんにちは


ブログアップせずにいる間に、梅雨入りしましたね
ジメジメ期間をやり過ごせば、大好きな夏デス

早く来い来いあつい夏~

さて、今月は、あっちこっちへ出かけて、心の充電をしています

とある神社のお掃除に、山へ行ってきました
お掃除というよりは、再生作業と言う感じ。

 

悲しい事に、数十年放置されてしまった神社。
この神社に、また人が集まれるように…と、
再生プロジェクトを立ち上げた、まーさーさん(FMパーソナリティ)。

作業日の内容に、『弁天様のお掃除』とあって、
なんだか勝手に使命感を感じてしまって、「やる~」って、手を上げました

私が箏弾きだから、手を怪我しないようにと皆さん心配してくれて…
「お掃除はホドホドで、川で遊んでてイイからね」と言ってくれて、
本当は、チェーンソーで木を切るのをやってみたかったんだけど…
我慢しました

っということで、川で遊びつつ、弁天様のお掃除をして、
一日中、川の流れを耳にしながら、自然を満喫しました

 

朽ち果ててしまった神社を再生させる…ということは、
「日本人と寄り添って来た神社を再生する事が、里山再生につながる」と
まーさーさんは言っていました。

一緒に作業をした皆さんは、自然保護や森林再生などなどを、
とっても大事にしている方ばかりで、
色んなお話を聞けて、勉強になりました。


じゃぁ、私に何が出来るのか??って??


自然ていいな~、とか、自然を大事にしよ~と思う気持ちが芽生えるような、
そんな、やわらかい心になるような演奏をしていきたいな

まーさーさんと


まーさーさんの番組に出させて頂いたときも感じたんですが、
久しぶりにお会いして、やっぱり、言葉に元気の『種』がある人だな~と思いました


まーさーさんが何気なく言ってくれた言葉に、とっても励まされて、
「これでいいのだ」って思えたりして


心の充電になりました










コメント

🎶 最新情報はYoriko Official Websiteへ!

演奏スケジュールやCDリリース情報など、随時更新中です。是非ご覧ください!
ファーストシングル『古蝶-kocho-』とファーストアルバム『hikarine』は、こちらにてご購入いただけます。
Yoriko Official Website 『YORIKOTO』