Yoriko ~Koto & Sangen Player~ Official Blog 『ひかりね』

Yoriko ~箏・三絃奏者~
お箏のこと
音楽のこと
日常のこと
心のまま日記。。。

女子会?!

2012年03月31日 03時09分21秒 | 日常
こんばんは


人生初 女子会してきました


っていうか、私の送別会でした…


1年間お世話になった『炭火焼肉・楽座』を卒業しました


女性店長・タイコさんを筆頭に、若者女子スタッフで送別会をして下さいました


大好きなアイリッシュパブ『ドヨーズ』で、女子5人でタップリ飲んじゃいました



ミ~ちゃん、タイコさん、アヤカ、ホッシ~。 …そして、なんでかコウさん

私が手にしている花束は、みんなで用意してくれた花束です

とっても個性的な色合いの、かわいい花束です


アルバイトをしたのは1年足らずだったし、申し訳ないくらい不出来な私だったので
こんな風に送別会をしていただけて、すご~く嬉しくて、感激でした


店長のタイコさんは、10年来の友人、っていうか飲み友なので
色んな事を相談できる大切なお姉さまです。

ソムリエールとして勉強を重ね、また新たにチーズ講座で勉強をしていて
とても素敵な女性です これからも、飲み友は変わらないかナ


そして若者3人組も、テキパキと働く、頼れる3人でした


タイコさん、ミ~ちゃん、ホッシ~、アヤカ… お世話になりました。
本当に ありがとうございました
花束も、すっごく嬉しかったです


昨年末に「3月末で辞めます」と、つい…言ってしまって…
収入源を減らして、この先 『どうする私』 な所もありましたが


つい…  にしろ何にしろ、言ってしまったなら、そのように動くんだろう…
と、いつもの様に… 「どうにかする」しかないわけで…


自分の中で『3月末』が気になる時期だったのなら仕方がない

きっと、どうにかなる… どうにかするんです


がんばれ わたし

がんばる わたし











































コメント

和心プロジェクト

2012年03月30日 10時35分18秒 | 日常
こんにちは


やっと…お知らせ出来ます

ブログトップにもアップしました 

以前、おさらい会とコンサートをさせて頂いた カフェ『農夫の台所』とコラボです



食と音から感じる日本の心
   『農夫の台所・和心プロジェクト』 ~ 琴の音色にのせて ~


『日本の四季・春夏秋冬を感じる』 
日々の生活の中に ちょっとだけ感じてみませんか?

季節の野菜を食べる事で、身体の中の細胞はその季節に対応する
身体作りをするといわれています。
そして和楽器・箏の音色は、初めて聴いても懐かしさを感じさせ
眠っていた日本人の心の琴線を呼び覚まします。 
日本の四季・春夏秋冬、四季折々の行事を大切にしていきたい
皆さんと季節を感じる五感を楽しんで行きたいと思い
農夫の台所と琴の共演による『和心計画』が始まります。第一弾は『春』!
『農夫の台所』初の和テイストのランチプレートを頂きながら
琴のコンサートをお楽しみください♪


日時:2012年4月22日(土)   ←『幸せ夫婦の日』です
   ①11:00~12:30  ②13:00~14:30

チケット:2000円(料理・コンサート込)  ※各回先着15名様・完全予約制です

料理:22日限定・スペシャルプレート『春風ランチ』(デザートと飲み物付)

コンサート:『春風に誘われて』 
            ~プログラム 「風に聞けpartⅡ」「さくら」「ほのか」…ほかポップスなど~

ご予約いただいたお客様に『琴で聴いてみたいポップス』のリクエストを頂きます。
 その中から各回1曲、琴にアレンジします!どの曲を弾くかは当日のお楽しみに!
 あなたの春の想い出は?? エピソードを添えてご応募下さい

お問合せ:農夫の台所  茨城県ひたちなか市西大島1-9-26  TEL 029-274-8260 





『農夫の台所』のアキト君と、日本の四季折々の行事や季節感
なにより、日本人の心を忘れたくないよね…という
同じ想いから産まれた『和心プロジェクト』です


『日本人』を語れるほど私たちに奥深さがあるかは…はてさて…ですが。
そんな心持は大切にして行きたいと、心から思うので
手探りしながら、皆さんと『和心』を育てていけたらと思います


アキト君が作り出す『春風ランチ』も楽しみです
春の食材…。どんな素材を使って料理するかは当日のお楽しみだそうです

和風にアレンジは『和心』限定です
いつもとは違う、いつもは食べられない『和風』も魅力的


ぜひ、ご一緒に楽しい時間を過ごしませんか
ご予約お待ちしております



コメント

スタートするか!

2012年03月28日 16時36分23秒 | 日常
こんにちは


昨日、ミホから呼び出しがあり、自宅に伺ってきました

なんの呼び出しだったかと言うと…

事務所を『オープン』した… する… します… って宣言
つまりは、プレオープンってこと…かな?


自分の部屋だけでは物が増えすぎてしまったこともあったようですが
何より、寝室と仕事部屋を分けることでメリハリをつけたかったとか


空き部屋を掃除し、荷物を運び入れ、打合せが出来るスペースを作り…
なかなか居心地の良い空間になっていました


屋号(?)は…『Laughy children』
「あなたは どんな種を 未来に残しますか?」
こんなステキなメッセージが込められています。


世界中あちこち飛び回って経験したことを、今年は本にするお話があるそうで
まずは、じっくりと物書きが出来るスペースを作ることから始めて
なんだかとっても楽しそうなミホ


もしかしたら 大作家先生になるかも??  ね。 ミホ先生



中学3年生で同じクラスになって、それ以来の幼なじみ。大切な友達です。
学校のベランダで日向ぼっこしながら、恋の話や将来の夢をたくさん話しました。

「おばあちゃんになって、若い頃を振り返ったとき、
『あんな事もしたね。こんな事もしたよね。あれは失敗したけど
やらないよりはやって良かったよね。』って話せるおばあちゃんになろうね

これは、いまだに2人の記憶に残る会話です。

昨日は、「つくづくと、そんな人生を送らせていただいてるよね~」と笑っちゃいました


中3のあの日、青空の向こうにいた神様は、聞き逃さなかったのかもね


私は学校を卒業し、新たなスタートラインを引き、ミホは事務所を開く宣言をしました。



さて。 あの日の神様。

これから私たちには どんな面白い事が待っているんでしょうか ふふふ…













コメント

終わりました!!

2012年03月26日 18時18分25秒 | 日常

ブログを読んで下さっている大半の方は御存知だと思いますが…


私、けっこう大人ではありますが、2年間、大学生をしておりました


今日は『卒業・修了式』でした


パンダちゃん公園の近く ・・・東京藝大音楽学部別科に通ってました
2年間・週1で、実技レッスンのみで通っていました。


卒業(別科は『修了』です)するまでは、なんとなくブログに書けずにいました。
書くことで学内の方に迷惑を掛けることがあっては…と、思ったりして


色々とありました。
思い悩むこともたくさんありました。

やめたい…と落ち込んだり
自分の音楽が分からなくなったり
理不尽だな~とふてくされる事もあったり


でも、こうして終わりを迎えると、意味ある2年間だったなぁと素直に思います。
私にとって必要な事だから、経験させて頂いたんだな~と


自分にとって『大切』と思うことが、より一層クリアに見えるようになったのは
この2年間、音楽を通して自分自身と向き合わざるを得なかったからこそ
見えるようになったんだと思います。


学内でお世話になった先生方にも感謝しています。
レッスンで得たことは、私の中の『音楽の引き出し』を増やすことが出来ました。
これはとても大事なことだと思っています。
先生方の経験を分けて頂いた…ということだとも思うので
大切にしていきたいと思います。


卒業したからって、急激に何がどう変わるわけではないんですが
とりあえず、開放感でいっぱいです



















コメント

とある街で。

2012年03月23日 19時55分04秒 | 日常
こんばんは


今日は、とある県のとある街で行う演奏の打合せでした

この演奏、実はサプライズなので、今は『とある』としか書けません

お世話になっている企業の社長の提案で実現したサプライズ演奏。

私自身「そういう場で演奏したい」と思い描いていた場だったので
とても嬉しい依頼でした


主催者の方もとても熱心な方で、そんな熱い打合せはとても楽しかったです


『意味ある時間を提供したい』という想いが形になっていく過程を見せて頂けるのは
それが例えば演奏が主の物じゃなくても、とても勉強になるし、本当に嬉しいことです


それぞれの世界で『プロ』のお仕事をしている方と話すことは刺激を受けます


どんな曲を演奏しようかな~
本番はまだまだ先だけど、楽しみです


コメント

🎶 最新情報はYoriko Official Websiteへ!

演奏スケジュールやCDリリース情報など、随時更新中です。是非ご覧ください!
ファーストシングル『古蝶-kocho-』とファーストアルバム『hikarine』は、こちらにてご購入いただけます。
Yoriko Official Website 『YORIKOTO』