goo

ペストリンクベルク登山鉄道/リンツ/6点

我故郷の大阪能勢には妙見山というところがありまして、のんびりしたローカル線の能勢電車に、かなり急勾配のケーブルカー、結構スリリングなロープウェーを乗り継いで、山頂の寺社にお参りし、初日の出なんかを拝むわけですが、こういう都市近郊の行楽地って、昔から何となく好きだったんですよね。手軽な非日常、小旅行気分。オーストリア第3の都市、リンツにも、そんな子どもの頃の興奮と郷愁が蘇ってきそうなナイスな都市近郊リゾート小山がありました。それがこのペストリンクベルク。

山頂の可愛らしい巡礼協会に参拝するために、ヨーロッパで一番急勾配な狭軌式鉄道を20分ほどかけてのんびり上がっていくわけです。沿線は緑茂る高級な住宅街になっておりまして、バリバリ観光客の我々に混じって、バイオリンなんかを担いだうら若き乙女が帰宅の途についているわけです。高台が高級なのは神戸も同じですね。とってもいい感じ。

教会の裏手には、戦後すぐにオープンしたというグロッタンバーン(洞窟鉄道)というエンターテインメント施設があります。平たく申せばグリム童話のテーマパークでして、人形やジオラマがたくさん置いてあります。中でも注目は電車のアトラクション。何と、あのディズニーの人形が出てくるほら、例のアレ(忘れた)、にクリソツ!同じところを3周回って照明の変化で3度楽しませるエコノミックなセンスも素敵です。地下には「本当に怖い」グリム童話の本当に怖いジオラマが所狭しと展開し、お子様のトラウマ形成に寄与すること請け合い。是非ファミリーで。

ペストリンクベルク登山鉄道/リンツ/6点
http://www.oberoesterreich.at/grottenbahn/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
« まりも/信濃... クロスターホ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
リンツの名所発見 (SUGIMOTO Tatsuo)
オーストリア第3の都市・リンツ。 ここは、のどかで美しい小さな街で結構気に入っています。 しかし、決定的な観光名所が見当たりません。 日本の旅行ガイドにはあま...