肝臓病と共に生きる人たちを応援します

肝臓友の会との関わりで成長した肝臓専門医のブログです。2017.2.12より新規開始しました。

マヴィレット製造承認 パンジェノ型リバビリンフリー 3例目開始 2017.11.27から

2018年05月09日 | C型肝炎ウイルスの治療
 

  ←大きく見たい方はこちら
 

  ←大きく見たい方はこちら
  
 いよいよ、C型肝炎の最終治療薬とも言えるパンジェノタイプがでます。この薬が出て次の薬の開発をやめた会社もあるそうで、効果はかなり高い。耐性ウイルスの測定もしなくてもいいってことになったそう。うーん、とうとう来ましたねえ。なかなか治らないウイルスはそれでもいることはわかっていますが、ほとんどが治る時代になったことは確か。そして、リバビリンもとうとう使わないでこの効果。ほぼ100%の治癒率なんだそうです。学会でももう報告されている薬ですが、本当に凄い時代になりました。
12週投与が普通だったのも、1,2型の慢性肝炎(前治療がない人だけど)なら8週間ですむってことで凄いです。
一日一回食後に3錠と量は多いけど、期間が短くなって副作用も減っているとなれば、嬉しいニュースです。
この調子であれば、11月中から末には使えるようになるってことでした。
ちなみに、グレカプレビル(NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤)とピブレンタスビル(NS5A阻害剤)の合剤です。
NS5Bポリメラーゼ阻害剤はソフォスブビルとかで、今回は入っていないのに、こんなに効くのかいってはなしです。2017.10.11作成 2018.5.9更新

以下はアッヴィさんのホームページから
C型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善に対して、
NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤であるグレカプレビル水和物(100mg)とNS5A阻害剤であるピブレンタスビル(40mg)を配合した経口の抗ウイルス化学療法剤「マヴィレット®配合錠」の製造販売承認を取得いたしましたので、ここに謹んでご案内申し上げます。
マヴィレット®配合錠は、本邦初の最短8週間治療を可能にするパンジェノ型リバビリンフリー製剤です。
近年、進化し続けているC型慢性肝炎治療において、本剤が少しでも多くの患者さんのお役に立てるよう、努力を重ねて参る所存でございます。

2017年9月吉日
アッヴィ合同会社
代表取締役社長
ジェ ー ムス・フェリシア ー ノ

2017.11.27処方 11.28服用開始 2018.1.22終了
1例目 40代 女性 2a 高ウイルス ASTALT高値にて早めに投与
飲み始め下痢あったがすぐおさまった。
吐き気が続いたり、やる気が出ないこともあったが薬飲むほどではないとのこと
2017.12.11 2週目で陰性化確認

2018.5.7処方開始 5.8〜飲み始め、7月9日終了予定 8週間
2例目 25才女性 風邪にて受診し、採血検査でみつかる 2a 5.6ウイルス量

2018.5.9処方 5.10内服開始 7月4日終了
3例目 82才 2b 高ウイルス量6.8
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« にこたまダイエットと呼ぼう... | トップ | 安心6月号 届きましたー 販売... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ギリアドが (開業医)
2017-10-11 15:00:07
さっき来て
『ハーボニーのSVR例には
8週目陽性の方もいるでしょう?
チェーンターミネーターはうちだけですし』
なるほど・・・???
できるなら (Kawanishi)
2017-10-11 15:06:23
開業医さん こんにちは
そうなんですよねえ。より完璧にっていうならソフォスブビルもあわせて飲めるようにしてくれたらいいのにって思っちゃいます。薬が無料ならそうしちゃいたいです。。。
DDWでは (開業医)
2017-10-12 19:39:55
C型肝炎はSVR後の話が盛んになり
NASHのワークショップは大盛況
でも学会としてC型の掘り起こしに力を入れないと・・・
先生には頭が下がります
そうなんです。。。 (Kawanishi)
2017-10-12 19:51:24
開業医さん こんにちは
ウイルス性肝炎にかかっている患者さんを全て見つけていくことは大事。
治った後の脂肪肝予防も大事。何もかも並行して頑張っていければいちばんなんでしょうねえ。
流行になるのも大事だったりしますしね。
最近経験したんですが (開業医)
2018-06-14 13:05:29
会社にもよるでしょうが、
検診でALT:50~70前後で要精密検査にならず、
たまたま当院に来た2人。
C型肝炎とNASH疑いでした。
検診の意味ないですね!?
そうなんですね。。。 (Kawanishi)
2018-06-14 16:33:34
開業医さんこんにちは
肝機能の精査の進め方は、少しでも高ければ一度受診をでお願いできればと思いますね。。。
データがあがっていなくても肝炎だったりしますからね。。。
そうじゃなくて・・・ (開業医)
2018-06-14 19:32:25
検診会社が
ALT高値をスルーしてたんです。
だから本人は受診するはずがない・・・
それは (Kawanishi)
2018-06-14 19:48:14
開業医さん こんにちは
それは、異常値に登録されていないというレベルの話しでしたか。わっ。
札幌の (開業医)
2018-06-14 20:00:23
検診会社もそうかもしれませんよ。
全国的な問題じゃないですかね?
先生が新聞に載せれば変わるかも?
えええええ (Kawanishi)
2018-06-14 20:15:14
開業医さん こんにちは
私はその手の検診結果はみたことがないので、開業医さんが受けとった検診結果の会社に問い合わせてみるのがいいのではないでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

C型肝炎ウイルスの治療」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事