応援ブログ

何でも好きに書きたいと思います。

第二回 海から富士山

2010年08月23日 | マラソン
 千○さんから「一度も登らぬ馬鹿」「二度登る馬鹿」と言うけど、一年に二度登るのは「取り返しのつかない馬鹿」であるとの太鼓判をいただき、この夏二度目の海から富士山に参加。今回は、前日に急用が入ったので、海抜115メートルの富士宮駅から合流する事になった。支部長も一緒だ。
新幹線、東海道線、身延線を乗り継いで富士宮に着くと、私と同じ「取り返しのつかない馬鹿」の北○さんと中○さんが駅で待っていた。今回はコンビニ休憩に加え、「まつや」にも寄って牛丼とビールをいただき、栄養補給満点で坂道を登る。
 途中、鳥や蛇が死んでいたり、事故で車がひっくり返っていたりしたが、北○さんが先頭だったので、そう怖い思いをしないで済んだ。星は前回や前々回程は見えんかったけど、月が明るくて歩きやすかった。
 五合目からは、前回の反省を踏まえ造血剤(鉄分とビタミンと葉酸)を飲んで、膝に手を置きながら低姿勢で登ったら、かなり楽に行けた。時間も30分位早い。頂上で御殿場口から登ってきた浅○さんとも合流でき、支部長は未だ9合目との連絡があったので、北○さんと三人でお鉢めぐりをした。富士山頂5回目にして初めてのお鉢めぐり。浅○さんの解説で楽しく一周し、トイレに行ったりしていたら、ようやく支部長がお腹の浮輪が重そうな感じで登ってきた。支部長はこれで「一度も登らぬ馬鹿」返上だ。それからしばらーーくして中○さんがフラフラになって登ってきた。足を前に出して、前掲した姿勢で止まっている。面白くてケラケラ笑っていたら、浅○さんは、「きつそうなのに、凄く頑張ってる」と天使のようなコメントをしてその面白い姿をズームで撮影していた。たまたま隣に居たおばさんも「あの人、途中で天を仰いでいたわ。」との事で見ず知らずの方々も一緒に中○さんの最後を応援した。
 下りはずっこけながらも、これまた適確な浅○さんのアドバイス等をいただき、砂走りを爽快に走った。
 帰りは浅○さんの車で御殿場駅近くの温泉まで送ってもらい、車の中でビールやおつまみもいただき、至れり尽くせりのご好意に甘えました。ありがとうございました。
 今年二回目の富士山も凄く楽しかったので、気候が一年中変わらないなら、1カ月に1回は行きたいなぁと思った。
コメント

海から富士山

2010年08月14日 | マラソン
昨年に引き続き、今年も海から富士山に登った。
吉野の駅に集合してすぐそばの海に向かい、それから富士宮口を目指す。今年は、昨年も一緒だった北○さん、浅○さんに加え、Pちゃん、高○さん、小○さんも加わって、男性3名女性3名で山頂を目指した。
コンビニ休憩をしながら、富士宮市を通過。海から離れるにつれ段々登り坂になっていき、歩いていてもばらついてきたので、坂の途中で小休止をした。止まっているとちょっと寒くなってきたし次は五合目で集合する事にして再出発。ここからはもうばらけても問題無いので、ちょこっと走ったりもしながらひたすら登る。
五合目の手前で明るくなり始め、眠くなったところでちょうど五合目。小○さんにいただいたみかんとうどんを食べて速攻で1時間ほど仮眠した。高○さんに起こされて、ここからは本当の山登り。7合目位からは体がスローモーションになってしまい、9合目を過ぎると前の人を追い越すスピードも元気も全く無くなった。北○さんを1時間以上待たせ、高○さんにも結構待ってもらって、やっと山頂で合流。あとは下るだけだ。
下りはもともと好きなので、体も動く。砂走りを楽しんで予定通り13時位に御殿場口に到着。
そこから温泉に行って、ホッピーを飲んで、電車の中で睡眠を補給しながら家に帰った。あれ、もう日曜日の夜
何でも第二弾があるとか、ないとか・・・
コメント (5)

明るくなってきました。

2010年08月08日 | Weblog
もうすぐ五合目。
コメント (2)

今回のゴール、まだまだ遠い

2010年08月07日 | Weblog
コメント

今から富士山〓に登ります

2010年08月07日 | Weblog
コメント

奥武蔵ウルトラマラソン

2010年08月02日 | マラソン
しなや飲兵衛さんもやってきて、13人で前夜祭
当日、暑いのは解っていたので、帽子と手ぬぐいを予め濡らしてスタートした。
それでも暑さは半端じゃなくて、最初の10キロで辞めたくなった。自販機で3回もジュースを買って、何とか鎌北湖から上り始める。川の道の応援や野辺山、おんたけで一緒だった色んな人と話をしながら、えっちらおっちら上った。
北○さんは、顔振峠でビールを飲んだら辞めたいなーと言っていたが、井○さん、支部長とビールを飲んだ途端に元気になり、上りもどんどん走っていった。多少緩やかな上りはちっとは走りつつ、制限時間をオーバーしないように時計を見ながら進む。
暫く行くとトップの人が折り返してきて、それからしばらくするとしなが来た。しな達は飛行機の時間があるので私のゴールまで居れん。「気を付けて帰ってね。」とハイタッチ。その後飲兵衛さんから「どんどん走れ」と激励(?)された。
折り返し後は少しスピードアップして、下りをどんどん走ったら、体が濡れた服で擦れて、痛くてお風呂が大変だった。チーム100の上位5人は福岡組4人プラス誰やったんやろー。
めでたくゴールした後はいつもの宴会

来週は海から富士山なので、飲み物をきちんと揃えて臨みたいと思う。
コメント