帝塚山鍼灸院

不妊症や逆子、冷え性、肩こり、腰痛、頭痛、痺れ、鬱病、目の疲れ、難聴など鍼灸に興味のある方へ理解を深めて頂く為のブログ

夏の冷えのぼせと鍼、お灸

2021-07-31 19:12:00 | 頭痛・疲労感・不眠・うつ・自律神経失調症・内科総合疾患
気温の低い冬場に多そうな冷え症ですが実際は夏場の冷え症で体調を崩している方も多いです。
冷え症は身体が部分的に極端に冷える状態を言います。
冬の冷えは手、足、腰に感じる冷えですが夏の冷えは下半身に集中して出ます。
これは冷たい空気が下に暑い空気が上に溜まっている冷房の効いている環境が原因となりこの状態が身体でも起こって「頭寒足熱」が保てず「上熱下寒」となる事で体調を崩してしまいます。
冷え症で起こる症状肩こり、頭痛、腰痛、胃腸の不調、倦怠感、めまい、イライラ、不眠などです。
「頭寒足熱」は頭は涼しくスッキリし足は温かくポカポカした状態で健康を維持するために理想的とされています。
人体はもともと上半身が下半身に比べ体温が5℃〜6℃ほど高く上半身と下半身温度差を極力減らす事で全身の血の巡りが良くなります。
西洋医学での冷え性は冷える性質と考え何らかの病気(膠原病、甲状腺機能低下症など)がなければ治療法がありませんが東洋医学での冷え症は冷える症状との考えから「冷えは万病の元」とされ冷えから様々な病気や身体の状態を推測し治療に至ります。
また夏は多くの気が発生し血の巡りが盛んな時期で心臓への負担が増加します。
近年の夏の暑さは尋常ではなく血液が過剰に熱っせられ血熱となって巡り身体がのぼせ、イライラや不眠、頭痛やめまいが起こります。

夏の冷えを予防するには状況に応じて身体を冷やさない事、適度な運動、身体を温める食事です。
鍼灸治療では夏の様々なお身体の不調に対する施術を行いながら「頭寒足熱」を維持できるよう調節機能を高めていきます。
夏の「冷えのぼせ」に鍼、お灸はお薦めです。
お気軽にご相談ください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 更年期の鍼、お灸 | トップ | 肩の痛みと鍼灸治療 »
最新の画像もっと見る