帝塚山鍼灸院

不妊症や逆子、冷え性、肩こり、腰痛、頭痛、痺れ、鬱病、目の疲れ、難聴など鍼灸に興味のある方へ理解を深めて頂く為のブログ

不妊鍼灸 施術症例9ー2

2022-07-30 16:22:00 | 不妊・更年期・生理痛・冷え性・女性疾患
不妊鍼灸 施術症例9ー1 でご紹介させて頂いた患者様の産後〜2人目妊娠までの施術症例をご紹介させて頂きます。

東住吉区在住 C・H様(33歳)
2人目
再診時までの経緯
産後しばらくは忙しく腰痛、肩こりなどあり鍼灸治療を受けたいなと思いながら通院出来ず。
現在産後7ヶ月目で体調不良、2人目妊活に向け施術再開。
再診時所見
産後は慢性的に肩こり、腰痛、冷え症あり。
寝不足、気分イライラ、母乳出にくい。
2、3日前から頭痛、吐き気。
産後一年〜二年を目処に採卵済みの凍結杯を移植予定。

経過
出産によるエネルギー(気血)の消耗による気血両虚(エネルギー不足)の症状が顕著に見られる。
産後の体調不良を改善するよう気血を補い、2人目の妊活がスムーズにスタート出来るよう腎精を補う施術を月に一回程度のペースで行いました。
施術直後は産後症状改善するが2週間ほどで症状悪化を繰り返すも施術開始4ヶ月でほぼ改善。
施術開始から10ヶ月(施術回数7回)で自然妊娠に至る。
妊娠6週目〜つわり(嘔吐、胃の不快感)があり12週目で落ち着く。
20週目になり安定期迎える。

今回の症例では産後の気血両虚、腎精不足の改善が妊娠率を高め良い結果になりました。
東洋医学では気血両虚や腎精不足の状態が長く続くと老化が進み更年期障害の症状が出ます。
また二人目不妊症の原因にもなりますので要注意です。
不妊治療〜産前産後のお悩みお気軽にご相談ください。




~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~



この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 梅雨冷えと鍼、お灸 | トップ | お盆のお知らせ »
最新の画像もっと見る