帝塚山鍼灸院【大阪市阿倍野区阪南町】のブログ

帝塚山鍼灸院に通う方は大阪:阿倍野区・天王寺区・住吉区・東住吉区・平野区・生野区・西区・浪速区・中央区・堺市|東京・兵庫

不妊鍼灸:施術症例3

2018-01-29 20:21:40 | 不妊・更年期・生理痛・冷え性・女性疾患
当院で不妊鍼灸治療からあたらせて頂いています患者様(現在妊娠28週目)の不妊症〜妊娠初期〜中期にかけての施術症例をご紹介させて頂きます。

東住吉区在住 N・H様(35歳)
初診時所見
2年間タイミング法にて妊活(2人目)も妊娠に至らず。
1人目の妊活は約半年で自然妊娠されています。
クリニックにて卵管造影、血液検査行うも異常なし。
お1人目の出産後に睡眠障害(浅眠)や手足、腰、腹部の冷え症状、肩コリが悪化。
月経(順調)月経痛(軽度腹痛)月経前(イライラ)
治療経過
月経周期(29日)に2回程度の施術計画を立てて治療開始。
3ヶ月目(施術回数5回)で妊娠検査薬で陽性とのご報告がありました。
妊娠4週目辺りからつわり症状(ほてり、多汗、胃もたれ、食欲低下、倦怠感、便秘など)
妊娠4週目〜13週目までは10日に一回程度の施術でつわり症状の軽減をはかりました。
13週目以降はつわり症状は消失しましたが15週目に原因不明の微量出血がありましたが3週間の安静で回復する。
17週目〜20週目にお腹の張りが強くなり張り止め服用しながら鍼灸治療でも対応。
20週目以降は冷え症状がやや気になるが食欲もあり気分も良く安定しています。
現在28週目で月に1回程度の施術継続中です。

先月、今月と二名の患者様から妊娠のご報告頂きました。
また機会がございましたらご紹介させて頂きたいと思います。
さて本年もブログを通して当院での施術実績を交えながら鍼灸治療の効果など分かりやすくお伝えしていきますので治療院探しにぜひご活用下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 季節性情動障害(SAD)と鍼灸... | トップ | 不妊鍼灸:施術症例4 »
最近の画像もっと見る