帝塚山鍼灸院【大阪市阿倍野区阪南町】のブログ

帝塚山鍼灸院に通う方は大阪:阿倍野区・天王寺区・住吉区・東住吉区・平野区・生野区・西区・浪速区・中央区・堺市|東京・兵庫

不妊鍼灸 施術症例8

2019-05-09 19:47:08 | 不妊・更年期・生理痛・冷え性・女性疾患
当院にて不妊治療から施術にあたらせて頂いています患者様の施術症例のご紹介。
不妊症で鍼灸をお考えの方はご参照下さい。

住吉区在住 M・M様(32歳)
初診時までの経緯
2年前より妊活を始める。
1年間タイミング法で妊活も妊娠兆候なくクリニックを受診。
検査結果異常なし。
その後タイミング法での妊活を継続しながら当院を受診。
今後は人口受精及び体外受精を検討中
初診時所見
月経周期(28日)順調
月経痛(腹痛、吹出物)あり
月経前症状なし
下肢の冷え、便秘傾向、睡眠(夢多い)、胃弱傾向

経過
鍼灸治療の経験がないとの事でしたが初療時より不安なく施術を受けて頂けました。
施術ペースは月経前を中心に当院が推奨する間隔(月に2回程度)でご来院頂きました。
鍼灸治療開始2ヶ月後より人工授精を開始。
人工受精(計6回)行うが妊娠兆候なく初療から9ヶ月目に体外受精へ移行。
採卵(21個)→受精(胚盤胞10個)→移植と順調に進み1回目の移植で妊娠判定(陽性)となりました。
12週目まではつわり症状(胃痛、嘔吐、臭いつわり)もありましたが現在16週目でつわりも落ち着き体調安定しています。

今回ご紹介させて頂いた患者様は初療から9ヶ月目での採卵、11ヶ月目での移植という事で初診時にみられた腎虚や瘀血も改善され生理痛や冷えといった不妊リスクを高める症状もしっかりと取り除く事が出来ました。
また体外受精での施術スケジュールも採卵前移植前後とご来院頂けました。
不妊症に対する鍼灸治療では基本となる妊娠しやすい身体作りのお手伝い、高度生殖医療との連携でより妊娠率の向上を目指し当院では日々施術にあたっています。
不妊治療にプラス鍼、お灸、お気軽にご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 自律神経失調症と鍼灸治療 | トップ |   
最近の画像もっと見る