帝塚山鍼灸院

不妊症や逆子、冷え性、肩こり、腰痛、頭痛、痺れ、鬱病、目の疲れ、難聴など鍼灸に興味のある方へ理解を深めて頂く為のブログ

眩暈(めまい)症状と鍼灸治療

2021-01-28 19:41:32 | 疲労感・不眠・うつ・自律神経失調症・内科総合疾患
一言で眩暈(めまい)と言っても症状は様々あります。
一般的には「眩」目の前が暗くなり意識が遠のいていく、「暈」意識がぼんやりとしてくる
が眩暈の症状ですがこの他にも浮遊感や身体が傾倒する目まいや回転性のめまいなどもあります。
眩暈は耳鳴りや難聴といった耳の疾患を併発する事も多くこれは平衡感覚と聴覚を司る器官が内耳で隣接している為です。
殆どの場合は定期的に繰り返し起こる慢性的なめまいですが急に発症する強いめまい症状には注意が必要です。
非回転性の強い眩暈では脳や心臓の重篤な疾患が疑われますし強い回転性のめまいでは脳の重篤な疾患が疑われます。
突発的におこる強い眩暈は初期の処置で重症化を免れる事もあるので暫く様子を見たりせずクリニックを受診する事をお勧めします。

慢性的な眩暈は男性よりは女性に多く、加齢とともに増える傾向にあります。
繰り返し起こる眩暈はメニエル病やBPPV(発作性頭位眩暈症)のように原因の特定されるものは少なく原因不明で長年患っている方が多くクリニックでは原因不明の眩暈には治療が難しい現状があります。
また女性に多い眩暈は生理前から生理中に多くみられ生理前にはイライラや不安感が併発したり生理中は虚血性の貧血でめまい症状がでます。また閉経後には女性ホルモンのバランスが崩れ眩暈が発症します。

東洋医学では眩暈は「水毒」とされ原因は様々考えられます。
「水毒」は津液が停滞する事で起きる状態ですが潜在的に「脾」の機能が低い事が原因となったり気温や湿度によって「腎」「肝」が弱り津液の代謝調節機能が失われ津液の流れが悪くなる事で起こります。
鍼灸治療では患者様に応じて西洋医学、東洋医学の原因別に施術していく事で慢性的に起こるめまい症状を改善していきます。
めまい治療のお悩みに鍼、お灸。是非ご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~
この記事についてブログを書く
« 年末年始のお知らせ | トップ |   
最新の画像もっと見る