帝塚山鍼灸院【大阪市阿倍野区阪南町】のブログ

帝塚山鍼灸院に通う方は大阪:阿倍野区・天王寺区・住吉区・東住吉区・平野区・生野区・西区・浪速区・中央区・堺市|東京・兵庫

夜尿症(おねしょ)と小児はり

2017-09-06 19:53:04 | 夜泣き・おねしょ・疳の虫・小児鍼について
おねしょは小学校入学前の歳位までは排尿調節機能の未成熟により起こりさほど気にする必要はないのですが小学校に入っても治らないようであれば夜尿症として治療をお勧めします。
男女比は男児に多く見られ5歳以降で約1割の児童で発症します。
はっきりとした原因は定かでない部分も多いのですが子供は大人に比べ尿量の割に膀胱容量が少なく睡眠の質も深く目覚めにくい為に尿意を感じても起きない事が主な理由と考えられています。
また家庭環境など心因的なストレスも関与しているとも言われています。
これらを踏まえ夜尿症は大きく分けてつのタイプに分類されます。
1、尿量が多い→多尿型
2、膀胱容量が少ない→膀胱型
3、多尿であり膀胱容量も少ない→混合型
これらのタイプは夜間尿量の測定、尿意を我慢させての尿量の測定などで診断します。

東洋医学では夜尿症は「腎気虚」「脾肺気虚」とされ下記の機能が著しく低下する事で起こります。
温照作用:体温調節、内臓を温める。
固摂作用:血液、尿や汗などの異常に漏れる事を防ぐ
夜尿症に対する鍼灸治療ではお子様の身体の冷えや心の状態を勘案しながら全身のツボをお灸や小児専用の鍼で刺激していきます。
稀に治癒期間が長く(1年以上)かかる事もありますが当院では週に1回〜2回程度の通院と家庭で出来る治療法(指導させて頂いています)を合わせる事でヶ月〜ヶ月以内で治癒することが殆どです。
おねしょ(夜尿症)のお悩みにお灸や小児鍼はお勧めです。


↓当院では使い捨ての小児専用の鍼を使用していますので衛生面でも安心して施術を受けて頂けます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 不妊鍼灸:施術症例1 | トップ | 不妊鍼灸:施術症例2 »
最近の画像もっと見る