帝塚山鍼灸院【大阪市阿倍野区阪南町】のブログ

帝塚山鍼灸院に通う方は大阪:阿倍野区・天王寺区・住吉区・東住吉区・平野区・生野区・西区・浪速区・中央区・堺市|東京・兵庫

秋の不眠に鍼、お灸

2019-10-17 12:08:43 | 疲労感・不眠・うつ・自律神経失調症・内科総合疾患
秋色が濃くなってくると不眠症の相談を良く受けます。
不眠といっても様々なタイプがあり寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める、いくら寝ても疲れが取れないなどあります。
睡眠には自律神経が大きく関与します。
特に秋の不眠は寒暖差(±5度以上)や秋雨、台風による気圧の変化など自律神経のバランスを乱す要因が重なり秋の夜長に寝つきが悪くついつい読書やスマホ、テレビを長時間見てしまいがちで悪循環に陥りがちです。また夏の胃腸疲れも自律神経を乱します。

東洋医学では不眠は七情(感情)の急激な変化や体力の消耗により「心」「肝」「脾」の機能が低下し発症すると考えられています。
特に秋は夏に冷たいものを摂取するなどして胃腸疲れや暑さにより大量に発汗し体力を消耗してしまう為「心」が痛みやすいとされています。「心」は血を全身に送るポンプの役割を果たしているとともに意識や精神の中枢であり「心」を傷めることで調節機能を失い不眠に陥ります。
鍼灸治療では五臓六腑の機能を正常化し気血津液の巡りを整える事で眠らせるのではなく自然な睡眠へ導いていきます。不眠症に鍼、お灸ぜひご相談ください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~
この記事についてブログを書く
« 夏の疲れに鍼、お灸 | トップ |   
最近の画像もっと見る