音とプリンの日常

麺類をこよなく愛する作曲家 水谷広実

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京国際映画祭「少年班」

2015-11-10 02:43:29 | Weblog
僕が劇中音楽を担当した中国映画「少年班」が、先月、東京国際映画祭で上映されました!

今年の6月に中国のみで上映されていたものなのですが、日本でも見ることができてとても嬉しかったですね。

「少年班」とは中国の飛び級制度で、中学生くらいの年齢の天才少年少女をエリート大学へ入学させ英才教育を受けさせるもの。映画では、学校生活での葛藤、恋愛などを描いているのですが、シャオ・ヤン監督が少年班出身のため、監督自身の体験がたくさん反映されているそうです。

先月27日に六本木のTOHOシネマにて上映後、監督へのQ&Aコーナーに僕もゲストとして出させていただいたのですが、「なぜ水谷さんを音楽に起用したのか」という質問に対して、シャオ・ヤン監督が「水谷さんの[Summer Holiday]という曲がとても気に入ったから」と答えていました。
僕の曲でそんな曲あったかな!?どの曲のことだろう?と思っていたのですが、どうやら、アニメのんのんびよりの「夏休み」という曲だったようです。
「のんのんびより」のお陰で海外の映画音楽を作れることになるとは、、、!

東京国際映画祭はもう終わってしまったのですが、今後「少年班」が日本で上映されるかは、、、、わかりません。
とても面白い映画なのでいつかまた上映されないかなあと願っています。
コメント

俺がお嬢様学校に 「庶民サンプル」としてゲッツされた件

2015-11-10 02:25:39 | Weblog
久々のブログです。
Mac bookのOSを10.11[El Capitan]にアップデートしたら、日本語入力の予測変換が精度良すぎるのか
なんか使いづらくなってしまいました。慣れるしかないですね、、、。

さて

10月から始まっておりますアニメ

『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』
の劇中音楽を担当させていただきました!

アニメの内容は、もう題名そのまんまなのです。
世間では知られていない閉鎖的なお嬢様学校に、普通の庶民である主人公(男)がいきなり転校することになって、、、、。
ドタバタコメディなアニメです。

劇中曲の多くはオーケストラ楽器を使用しています。
やはりお嬢様学校が舞台なので、クラシックを匂わせる方向の音楽かなと。
ヒロイン一人一人にテーマ楽器があります。どのヒロインがどの楽器か、、、なんてのを気にして見てみると面白いかもしれません。
コメント