Mizpoco in シンセン

中国人と結婚し深センに住むことになりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青い鳥

2007-12-18 23:08:14 | 深セン生活
12月18日(火)

最近、私の部署にいる私より3、4歳上のLさんが私に「私が広州支社に行くことをどう思う?行くべきかな、行かないべきかな、正直わからないのだ…」と言いました。

私の職場は近々広州に支社を出します。深セン支社にいたのでは、今よりも上のポジションにつく機会は望めなそうだ、それに長いことこの支店にいるのでここにも飽きてきた、ならば心機一転新しい支社に行き、高いポジションをもらおう…ということで自ら志願し、彼女は広州に行くことになっています。でも、報酬は少し上がるだけだし、ポジションは上がるものの約束された部署は今までとは違う部署で、この判断は良かったのかと迷っているのだそうです。

なぜ私に聞いたのかわからないけど、長いこと勤めた東京の仕事を辞めて異国にやってきた私の意見を聞きたくなったのかもしれません。ならば、と私が本気で語ろうとしたところで、他の同僚女性達がガヤガヤと私達二人の会話に割ってきて、いつの間にか私の存在はフェイドアウト・・・してしまいました

同じく現在の職場での職歴が10年以上の同僚Fさんがいます。彼女も「ここにいてももう変化が無い。環境を変えたくなった、新しいところに行っても良い気がする」と言います。


そういう時、私は、「辞めることはない」、と言います。人は無くしてから初めてその失ったものの大切さに気が付くと言いますが、私はそれを実感しているから。よほどのキャリア志向の人であったり、現状があまりに悪いという人ない限り、「環境の変化」を求めるために職場を変えたのでは、そのために失うものは多過ぎるのではないかな・・・。「慣れ過ぎた環境」だからこそいる多くの友人、「慣れすぎた職場」で困った時に頼れる他部署の同僚。退屈に感じる毎日だけど、自分を理解してくれる同僚がいる、毎日を無理なく過ごせる・・・それが実はとても自分にとって快適な環境のような気がする。

自らを高めるために新しいことにチャレンジするのも勇気だし、快適さに身を任せることも勇気。「何かを決断し実行する」、そのことだけで人は十分勇気のある行動をしているのだから、迷ったらならば、自分が楽しくいられる選択をしてみるというのはどうかな。

私が中国に嫁ぐと決まった時、母は「あなたは遠い所ばかりを見ていて・・・」と言いました。「中国なんて近いよ」と言いましたが、娘を持つ母親にしたら、市外、県外に嫁ぐだけでも「遠い所」と思うのかもしれません。今来てみて思うのは、中国はやっぱり、日本からも日本の家族・友人からも遠いところのようです。

だからもう少し、近くにあるたくさんの小さなささやかな楽しさに気づいても良いのでは、気づかなくてはいけないのでは…。

結婚するよりもず~っと以前、私にボーイフレンドがいないと心配した東京の友達が「チルチル・ミチルの青い鳥はあんなに近くにいたよ」と言いました。きっと、同じようなことが言いたかったのかな。


12月だから・・・というわけではないですが色々と思うことあり、今日は徒然なるままに自分の思いを綴ってみました 勝手な私感ですので、「あぁ・・・慣れない深センのサラリーマン生活でちょっと疲れているのかな?」くらいに流してくださって結構です

日本は今年はクリスマス・イブが振替休日で祝日ですね。香港はXmas休暇らしきものがあるのに中国大陸は一切無関係ですでも、私は年末年始に久しぶりの帰国を予定しています。今から気分はXmasを飛び越して年末年始休暇に向けてカウントダウンです。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« カラオケ下手泣かせ | トップ | よも山 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えんじぇる)
2007-12-20 00:09:42
まあ、なんだかとっても感傷的な・・・
きっと慣れないサラリーマン生活に疲れてるだけだよ
年末年始には日本に帰ってくるんだね~!!
ほんのちょびっとでも会えるのを楽しみにしてます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

深セン生活」カテゴリの最新記事