みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『告白』

2010年04月13日 | 本・マンガ
湊かなえ/著

 松たか子主演で映画化されるというので書店でかなり宣伝されていて面白そうだなと思って、手にとってみました。こちらもサクサク読めました。
 題材が少年犯罪だけあって、とても重かった・・・。確かにサクサク読み進めるし、それぞれの章が登場人物たちの“告白”で綴られているのは面白かったです。でも私は誰一人として、この物語の主要登場人物に共感できないし、途中かなり嫌悪感を催すというか気持ち悪くなるというか・・・。暗い内容だろうと、バッドエンドだろうと構わないのだけれど、こうも自分の価値観からかけ離れすぎている人たちが多すぎる・・・。まあ、お話だというのは分かっていますけれど、重いテーマなのに薄っぺらというか・・・もう少し加害者もその家族も被害者たちの感情や行動をもっと深く描いてくれれば・・と思いました。

 最後の1ページは確かにとても衝撃的ではあります。

 この映画はどんな風になるのかというのは、ちょっと興味はあります。映画館で観るかは分からないけれど・・・。
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 『ちょんまげぷりん』 | トップ | ツツジ♪ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (SOAR)
2010-04-13 21:36:16
お~、ちょうど私もこの週末から読み始めました。読書時間が1日に15分程度なのでもう少しかかりそうですが、読み出したら止まらない感じですね。

映画化も興味津々です。だって中島監督ですよ~。
下妻、松子、そしてパコと、あの独特の作風の監督さんがこれをどう映画にするのか、ほんと楽しみです。
おお~ (みゆみゆ@管理人)
2010-04-13 23:37:53
★SOARさん
奇遇ですね(笑)
私は昨日1日で読み終えましたよ。
多分すぐに読めると思います~。
ちょっと感想が辛口だったけど、面白いには面白かったんですよ。でないと、サクサク読めないので(^^;

はじめに興味を持ったのが、本屋さんのモニターでエンドレスに流れている映画の宣伝なんです。
その監督さんの作品・・・まだ何にも見てませんが・・・(^^;
どんな風に興味はあるんですけど、内容が怖かったので、どうしようかという葛藤が(苦笑)

コメントを投稿

本・マンガ」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

告白 (市川在住)
・聖職者 ・殉教者 ・慈愛者 ・求道者 ・信奉者 ・伝道者 以上,6編によって構成されているミステリー小説. 08年週刊文春ミステリーベスト10 第1位. 09年本屋大賞 第1位. 6編それぞれが一つのミステリーとして成り立った上で 6編全て読んで初めて帰結するお話. ...
湊かなえ『告白』 (itchy1976の日記)
告白湊 かなえ双葉社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『告白』を紹介します。デビュー作の割には読ませる文章力があるし、第1章の衝撃の告白「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。」以降どうなるのかなと思いながら読むことがで...
『告白』 湊かなえ (【徒然なるままに・・・】)
「私の娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」 終業式のホームルーム、退職するという女性教師の告白から始まる、章ごとに語り手が変わるモノローグで構成されるドラマ。犯人、犯人の家族、クラスメートと様々な視点から事件が綴られ...
「告白」/湊かなえ (京の昼寝~♪)
「告白」/湊かなえ(双葉文庫刊)       今までにないタッチの文体と進行。ただただ一人称の世界が、“娘”というキーワードの下にあまりに淡々と語らせて、どんどん深みに落ち込んでいく。嫌がおうにも次のページを捲っている自分に気付く・・・。文...
【本】告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
         『告白』            湊かなえ            双葉社【comment】2009年本屋大賞第1位の本作は、中島哲也監督、松たか子主演により映画化され、かなり話題を呼んで大ヒットした。  映画『告白』の感想はコチラ私は、この映画に物...
本 「告白」 (はらやんの映画徒然草)
中島哲也監督の映画版もすごいと思いましたが、原作本もさすが本屋大賞をとるだけのこ
告白 (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 第6回(2009年) 本屋大賞の受賞作で、松たか子主演で映画化もされた「告白」( 湊かなえ:双葉社)。読み終ったらイヤな気持になるミステリーを指す「イヤミス」としても評判の ...